• トップ
  • リリース
  • COMPUTEX 2017でのIoTとAIに関する見識を発表するCPXカンファレンスの著名なスピーカーの登録受付開始

プレスリリース

COMPUTEX 2017でのIoTとAIに関する見識を発表するCPXカンファレンスの著名なスピーカーの登録受付開始

(PR TIMES) 2017年05月24日(水)11時46分配信 PR TIMES

世界でも有数のB2BプロフェッショナルICTトレードショーの1つであるCOMPUTEX TAIPEI 2017は、5月30日から6月3日まで開催され(InnoVEXは6月1日に終了)、AI& Robotics、IoT Applications、Innovations & Startups、Business Solutions、およびGaming & VRなどをテーマとして掲げます。世界各国から1,600社以上の企業が5,010のブースで最新の製品とテクノロジーが紹介されます。昨年は海外178カ国から40,969人が訪れ、今年は更なる動員が予想されます。
COMPUTEX 2017で最も期待されているイベントの1つであるCPXカンファレンスが、5月30日から6月1日まで台北国際会議センター(TICC)のバンケットホールで開催されます。「モビリティからインテリジェンスへ」をテーマに掲げて、このカンファレンスでは、「将来のテクノロジートレンド」と「人工知能」に関する2つの基調講演と、「IoT+」と「イノベーションとスタートアップ」の2つのフォーラムが開催されます。大手ハイテク企業の幹部や革新的サービスプロバイダーの先駆者がスピーカーとして登壇し、世界のテクノロジーの発展動向について紹介します。

COMPUTEX 2017の開幕と同日の5月30日には基調講演「将来のテクノロジートレンド」を行います。スピーカーは、世界をリードする半導体IP企業でありARM、また10年以上ぶりに展示会に復帰するDellなどの国際的なハイテクの巨大企業の幹部が講演します。また、5月31日には、「IoT+」が開催され、Advantech、ARM、Ericsson、LILEE System、MediaTek、NXPおよびSUPERMICROなど、業界の台湾や海外の先駆者が、IoTの今日の課題と将来の応用について話します。「人工知能」と題した待望の基調講演は同日午後に予定されており、Appier、IBM、Intel、NVIDIAおよびAI分野のその他のリーダーが最新のトレンドとビジネスへの応用について発表します。最後のフォーラムである「イノベーションとスタートアップ」は6月1日に開催され、HWTrek、Indiegogo、iiiNNO、Lightneer、LUCIDおよび Wistronなどのハイテク業界の「ユニコーン」が、イノベーションがICT業界でどのように重要な役割を果たしているかを発表します。

「業界のリーダーのパワーを結集することで、COMPUTEXは、グローバルテクノロジーエコシステムを構築し、世界のICT業界を次のステージに導くことを目指しています。世界のハイテク業界の動向に密接に歩調を合わせ、今年のCPXカンファレンスは、将来のトレンドに目を向けることから始まり、次に、AIと IoTの最新の進歩を分析し、イノベーションとスタートアップに関するレビューで締めくくります。業界の人々に異なる見方をもたらすことを願っています。このような将来を見据えた考え方は、新しいテクノロジーのブルーオーシャン市場での地位を確保するのに役立つでしょう」とTAITRAのプレジデント兼 CEOであるWalter Yeh(葉明水)は述べています。

また、CPXカンファレンス以外に以下のフォーラムも開催されます。

■e21FORUM
「featuring the Future」のテーマで、新しい技術を調査するだけでなく、科学技術によって構築される将来の世界について説明します。

■InnoVEX Forum
InnoVEX Forumは、5月30日から6月1日までTWTC展示ホール3のセンターステージで、IoT、AI、スタートアップエコシステム、デジタルエコノミー、テクノロジーポリシーの5つのトピックを中心に開催されます。

■NVIDIA AI
NVIDIAは初のAIフォーラムを開催します。 このフォーラムでは、NVIDIA創設者兼最高経営責任者のJensen Huang氏による基調講演が行われます。AIコンピューティング企業として、NVIDIAは多くの専門家を集め、AIシーンにおける最新の出来事と、それが複数の業界にどのように導入されているかを共有します。

日本でも関心の高いICT業界とその進歩について、COMPUTEX 2017のCPXカンファレンスを通し、有益性の高い最新情報にご注目下さい。

COMPUTEXは、グローバルテクノロジーエコシステムの構築という約束を果たそうとしているため、引き続き発展します。新興テクロノロジーの急速な発展、より迅速な企業変革、ビジネスモデルの定常的な混乱に対応して、今年のCPXカンファレンスは、世界各国から優良パートナーを招待し、世界のハイテク業界を次のステージに導きます。全てのカンファレンスは英語で開催され、情報はウェブサイト上でリアルタイムに更新されます。現在、無料登録をオンラインで受け付けています。詳細は下記サイトをご覧ください。www.ComputexTaipei.com.tw.

事前来場登録は日本語公式サイトの「事前お申込み」バナーから、または英語
サイト(http://computex.leadexpo.com/)から行うことが可能です。

COMPUTEX TAIPEIについての詳細:
Webサイトはwww.computextaipei.com.twをご覧ください。
Twitterは@computex_taipei、ハッシュタグ#COMPUTEXでフォローできます。
Facebookはhttps://www.facebook.com/COMPUTEX.TAITRA/をご覧ください。

TAITRAについて:
貿易の促進を目的に1970年に設立された台湾貿易センター(TAITRA)は、台湾最大の非営利貿易振興団体です。TAITRAは、政府、業界団体、およびいくつかの営利組織の共同出資で運営されており、台湾の企業やメーカーが国際競争力を強化し、海外市場で直面する課題に取り組む手助けをしています。
TAITRAは、台北本部、4か所の地方支部(新竹、台中、台南、高雄)、および世界各地の60の海外支部に勤務する1,200人以上の訓練された専門家からなる、よく調整された貿易振興および情報ネットワークを誇っています。TAITRAは、姉妹組織である台湾貿易センター(TTC)および台北世界貿易センター(TWTC)とともに、効果的な振興策を通して豊富な貿易の機会を創り出してきました。
貿易使節団の組織とカスタマイズされた調達サービスの提供に加えて、TAITRAは台北と高雄で年間35以上の国際見本市を主催しています。2016年には11,128社がこれらの展示会に出展し、海外からの来場者は83,807人にのぼっています。

COMPUTEX TAIPEI(通称COMPUTEX)について:
1981年に設立されたCOMPUTEX TAIPEIは、サプライ・チェーン全体とエコシステムを網羅した世界有数のICTおよびIoT見本市です。台湾貿易センター(TAITRA)と台北市電脳商業同業公会(TCA)が共催するCOMPUTEXは、台湾のICTクラスター全体を基盤として、大手ブランドからスタートアップまで、またICTサプライ・チェーンからIoTエコシステムに至るまで、ICT業界のあらゆる領域をカバーしています。台湾は、強力な研究開発および生産能力とIPR保護を備えており、グローバルな技術エコシステムでパートナーを求める海外企業や投資家にとって、台湾は戦略上欠かせない存在です。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る