プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社Tokyo Onigiri Labo

株式会社神明との資本業務提携に関するお知らせ

(PR TIMES) 2017年04月24日(月)11時42分配信 PR TIMES

 ラフォーレ原宿「onigiri stand Gyu!」などを運営し、おにぎりなどを通じて和食文化を伝えていく株式会社Tokyo Onigiri Laboは(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村祐介、以下「Tokyo Onigiri Labo」)は、株式会社神明(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:藤尾益雄、以下「神明」)と以下のとおり資本業務提携契約を締結することに合意いたしましたので、お知らせいたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/24173/5/resize/d24173-5-144802-0.jpg ]

1.業務提携の背景 
 当社は「おにぎりを通じて和食文化の魅力を国内外に向けて発信する。」という理念のもと、既成概念にとらわれないおにぎり店舗「onigiri stand Gyu!」の展開やメニューの開発、企業・産地・自治体の商品ブランディングやPR業務などを展開。おにぎりを通じた食のプロデュース企業として、幅広い活動を行なっております。
 一方、神明は「私たちはお米を通じて、素晴らしい日本の水田、文化を守り、おいしさと幸せを創造して、人々の明るい食生活に貢献します。」の企業理念のもと、米穀事業に加え、無菌包装米飯・炊飯米等の加工食品、アグリビジネスなどの国内での事業のみに留まらず、米国・中国・香港の海外子会社を通じた製品の販売、さらには国内外での外食事業の展開など、食に関わる多彩なビジネスを展開しております。
 両者共通の「日本の食文化を国内外に伝え、米を中心とする日本の食と農を盛り上げる」ことを推進するため、相互のネットワークやノウハウを活用し、戦略的に提携することにより、事業拡大や企業価値のより一層の向上を図るとともに、日本の食と農の発展に寄与すべく、資本業務提携を行なうことを決定いたしました。

2.資本提携の概要 
 当社は、神明を割当先とした第三者割当増資を実施。神明は新株式を取得し、増資後の出資比率は9.09%となります。

3.業務提携の内容
本業務提携契約の内容は主に以下の通りであり、詳細については両社間で協議のうえ、別途取り決めを行う予定です。
国内の店舗ならびに流通事業における協業及び共同店舗展開
海外の店舗ならびに流通事業における協業及び共同店舗展開
当社グループによる神明グループへのマーケティング活動支援
神明グループによる当社グループへの安定的食材供給


【Tokyo Onigiri Labo会社概要】
■所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-37
■代表者名:中村祐介
■設立年月日:平成28年7月1日
■事業内容:店舗運営、国産食材及び調理家電等の輸出支援、商品開発、ブランディング、コンサルティング、コンテンツ制作、イベント運営
■資本金:2,000,000円
■URL:http://www.onigiri-labo.tokyo

【神明会社概要】
■所在地:〒650-0023 兵庫県神戸市中央区栄町通6-1-21
■代表者名:藤尾益雄
■設立年月日:昭和25年10月18日
■事業内容:米・砂糖・穀物・小麦粉・その他食料品の卸売並びに加工、食料品の売買、倉庫業、不動産の賃貸
■資本金:2,227,952,500円
■URL:https://www.akafuji.co.jp

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社Tokyo Onigiri Labo
広報担当:関
TEL:03-4405-6793
info@onigiri-labo.tokyo

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る