• トップ
  • リリース
  • 日本で唯一のIPジオロケーションのテクノロジーカンパニーとしてインターネット業界を牽引するサイバーエリアリサーチ株式会社、「株式会社Geolocation Technology」へ社名変更

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社Geolocation Technology

日本で唯一のIPジオロケーションのテクノロジーカンパニーとしてインターネット業界を牽引するサイバーエリアリサーチ株式会社、「株式会社Geolocation Technology」へ社名変更

(PR TIMES) 2017年05月23日(火)10時58分配信 PR TIMES

IPジオロケーション事業で、世界のインターネットにおけるプラットフォームの構築を目指す

 日本で唯一のIPジオロケーションのテクノロジーカンパニーとしてインターネット業界を牽引する、サイバーエリアリサーチ株式会社(本社:静岡県三島市 代表取締役社長:山本敬介 以下 サイバーエリアリサーチ社)は、株式会社Geolocation Technology(以下 ジオロケーションテクノロジー社)へ商号を変更し、併せてCIの変更もしたことをお知らせいたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/23824/5/resize/d23824-5-813113-0.jpg ]


 同社は、インターネットを使っているユーザの位置情報や企業情報等を、IPアドレスから特定するIPジオロケーションのテクノロジーカンパニーです。世界に43億存在するIPアドレスの分析〜ビックデータ化を可能にした、オンリーワンテクノロジーを強みとして、IPアドレスの分析情報を活用したエリアターゲティング等のアドテクノロジーや、企業の個人情報流出や機密情報流出の原因となるサイバー攻撃の、侵入経路調査や発信元調査を可能にします。現在、日本での事業展開を中心にしていますが、231ヶ国の海外組織のIPアドレスのデータ分析・ビックデータ化を進めており、海外をみても数が少ないIPジオロケーションのテクノロジーカンパニーとしてグローバルの進出を図っています。


CIに込めた想い

[画像2: https://prtimes.jp/i/23824/5/resize/d23824-5-813113-0.jpg ]

商号「Geolocation Technology」
同社のコアテクノロジーである「IPジオロケーション」を一層発展させていくという意志と、単なる調査開発にとどまらず、お客様の課題解決につながるテクノロジーの提供に注力していくという、弊社の今後の方向性に対する姿勢を表しています。

タグライン「もっと遠くに、もっと近くに。」
ワールドワイドに広がっていくインターネット上の情報を、「IPジオロケーション」データの活用によって身近な存在にしていきます。

ロゴ「Illuminate Marker Pin(匿名性と闇を照らすマーカーピン)」
IPジオロケーションのメタファーを「光」にしたシンボルであり、ネットにおける匿名性と、悪意・犯罪という闇を照らし、通信の原点であるモールス信号をモチーフにしたマーカーピンにて地球の位置を特定することを表しています。


■株式会社Geolocation Technologyについて
株式会社Geolocation Technology(旧:サイバーエリアリサーチ株式会社)は、2000年2月に設立され、アドテクノロジー・デジタルマーケティングの分野を主なフィールドとしています。私たちの技術は、日々生き物のように変化する世界のIPアドレスを、一つひとつ調査し判定する「IPジオロケーション」を土台としています。さらに、そのデータベースをマーケティングやブランディングの分野・不正アクセスの検出や著作権保護の分野において、顧客の機会損失を最小化し、利益を最大化するソリューションとして、快適かつ安心なインターネットの実現に貢献しています。


<会社概要>
会社名:株式会社Geolocation Technology(旧社名:サイバーエリアリサーチ株式会社)
代表者: 代表取締役社長 山本敬介
所在地: 〒411-0036 静岡県三島市一番町 18-22 アーサーファーストビル 4F
設立: 2000 年 2 月 21 日
資本金: 1億75万円(平成28年6月30日現在)
事業内容: IP Geolocation 事業、Ad Tech 事業、IP アドレス移転事業
URL: http://www.arearesearch.co.jp/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る