プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ネストエッグ

finbee(フィンビー)、Android(TM)アプリの対応開始

(PR TIMES) 2017年05月22日(月)10時12分配信 PR TIMES

 株式会社インフキュリオン・グループ(本社:東京都千代田区、代表取締役:鎌田 大輔・丸山 弘毅)の子会社の株式会社ネストエッグ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田村 栄仁、以下「ネストエッグ」)が提供する自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」は、本日からAndroid(TM)アプリの対応を開始いたします。
 finbeeは、お客様一人ひとりのライフスタイルと連動した、日本初の自動貯金サービスです。貯金の目的や金額、期間を自由に設定でき、さらに貯金のルールとして「つみたて貯金」「おつり貯金」「歩数貯金」「空き枠貯金」「チェックイン貯金」(※1)の5つの中から組み合わせることが可能です。

 2016年12月にiOSアプリの提供を開始して以来、ミレニアル世代を中心とした幅広いお客様にご利用いただいています。今回、Android™アプリに対応し、より多くの方々にfinbeeを楽しんでいただくことが可能になりました。
 
 ミレニアル世代の「貯蓄・節約」に対する関心は非常に高い一方で、実際には貯金ができないという課題があります。2016年11月末に実施した「お金の使い方に関する調査」(※2)によると、2017年の抱負は「貯蓄・節約」と回答しているミレニアル世代は4割に上っていますが、2016年は貯金が出来なかったと回答している方も3割以上いました。

 finbeeは今後も貯金を無理なく楽しんでできるような環境を提供し、貯金や節約の課題を解決するとともに全てのお客様にとって、金融をより身近なものにしていくサポートをしてまいります。

詳細は以下の通りです。

(※1)順次、貯金ルールは追加予定

・「つみたて貯金」・・・自動でメインの口座から貯金口座へ貯金する(毎日/ 毎週から設定可能)
・「おつり貯金」・・・カード利用履歴と連動し、おつり(端数)を貯金
(1,000円札/500円玉/100円玉から設定可能)
・「歩数貯金」・・・1日に決まった歩数を歩いたら、もしくは歩かなかったら貯金
・「空き枠貯金」・・・毎月の上限利用額を決め、余った金額を貯金
・「チェックイン貯金」・・・登録した場所に近づくと貯金

(※2)ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社調べ

=================================
Android™アプリ対応の概要
=================================

■ 対応OS:Android™4.4以降
■ 対応している貯金ルール:「つみたて貯金」「おつり貯金」「歩数貯金」「空き枠貯金」
※ 「チェックイン貯金」は順次リリース予定。
■ URL: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nestegg.finbee
■ イメージ図

[画像1: https://prtimes.jp/i/23816/5/resize/d23816-5-576272-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/23816/5/resize/d23816-5-686104-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/23816/5/resize/d23816-5-970360-3.jpg ]



【自動貯金サービス「finbee」について】
finbeeは貯金の目的や目標金額、貯金のルールが簡単に設定でき、お客様のライフスタイルに合わせた貯金をサポートするサービスです。2016年12月にサービスを開始し、接続銀行である住信SBIネット銀行をご利用のお客様を中心に幅広い方々にご利用いただいています。今後は、接続銀行の拡大およびお客様にとってより便利にご利用いただけるような機能を追加していく予定です。

【ネストエッグについて】
決済・金融領域に強みを持つインフキュリオン・グループの子会社として、2016年4月に設立。FinTechの促進で、お客様の金融行動や金融機関の在り方が大きく変化しているなか、「人々の生活に寄り添う新しい金融サービスを提供することで、人生に躍動、自由、豊かさを提供する」という企業理念のもと、まずは日本人に馴染み深い「貯金」を「楽しく、簡単にできる」ようにリデザインすることから始めます。今後も、ユーザーオリエンテッドな視点に立ち、日々の生活に密着した新しい金融サービスを展開してまいります。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る