• トップ
  • リリース
  • 体感型アトラクションシアター4DX新たなエフェクト「熱風」を全世界に先駆け日本で本格導入!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

体感型アトラクションシアター4DX新たなエフェクト「熱風」を全世界に先駆け日本で本格導入!

(PR TIMES) 2017年03月24日(金)17時42分配信 PR TIMES

3/25(土)公開「キングコング:髑髏島の巨神」で初導入。怪獣たちの激アツな戦いを<熱風>で体感せよ!
[画像1: https://prtimes.jp/i/23468/5/resize/d23468-5-978017-0.jpg ]

映画業界の常識を打ち破る体感型アトラクションシアター4DXを開発したCJ 4DPLEX社は、4DXの19番目のエフェクトとなる「熱風」を3月25日(土)より導入することを発表しました。

椅子が動き、風、水、香りなどのエフェクトが映画のシーンに合わせて連動する4DXは映画鑑賞に変革をもたらし、開発元のCJ 4DPLEX社は革新的なリーディングカンパニーの1つです。
映画館の4Dシアターにおいて、「熱風」のエフェクトは他社メーカーに先駆けて、4DXが全世界に先駆けて日本で初めて導入します。このたび新たに加わる熱風も含め、19種類の多彩なエフェクトが映画の臨場感を高め、まるで映画の中にいるような体験を提供します。

熱風の導入館は下記の9劇場となります。

■ユナイテッド・シネマ新座、としまえん、キャナルシティ13、熊本
■シネマサンシャイン大和郡山
■USシネマちはら台、つくば、パルナ稲敷
■フォーラム那須塩原

熱風について:
CJ 4DPLEX社は2年間におよぶ調査、テストを経て、このたび熱風を開発・導入しました。映画のシーンに合わせて、座席の背もたれ上部にある装置から約35度の風が吹き出します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/23468/5/resize/d23468-5-124927-1.jpg ]

「キングコング:髑髏島の巨神」について:
3月25日公開の『キングコング:髑髏島の巨神』から最新エフェクトの「熱風」を加えて上映します。4DXの熱風導入は世界中の映画製作スタジオの興味を惹き、数々の作品から熱風を加えて上映したいとラブコールを受けましたが、日本においては、ハリウッド『GODZILLA ゴジラ』チームが贈る、暴走アドベンチャー・アトラクション超大作「キングコング:髑髏島の巨神」から導入することを決定しました。劇中では、火災や爆発シーン、燃えるような夕陽のシーンで熱風エフェクトが体験できます。

4DXエフェクトの演出を手掛けるスタッフが語る「キングコング:髑髏島の巨神」4DX版の見所:

1.キングコングの超ド級のスケールを体感せよ
本作のキングコングは30メートルを超える最大級の大きさです。文字通りキング級であり、その巨大な身体から繰り出される爆発的な力は4DXの動きと効果によって、観客をハラハラドキドキさせます。前後左右上下に動く座席のモーションと足元で動くティックラー効果でコングの規格外の迫力、そして強さを体感するでしょう。

2.次々と襲いかかる巨獣たちに驚愕
髑髏島では、キングコング以外にも様々な生き物が出現します。バンブー・スパイダーやスケル・バッファロー、そしてスカル・クローラーといった巨大なモンスターたちが次々と襲いかかるシーンでは、座席が突然激しく揺れたり、頭上でエアーショットが放たれたりします。さまざまな4DX効果で襲いかかる巨獣たちに観客は驚愕し、息もつかせぬ恐怖を感じさせるでしょう。

3.登場人物たちと一緒に神秘の島を探検
太平洋の孤島“スカル・アイランド(髑髏等)”に足を踏み入れた調査隊。神秘の島と言われる未開の土地の雄大な自然が4DXの風や霧、そして香りによって表現されます。三つの大陸で6ヶ月間に渡り撮影されたこの映画は、神秘的な自然の映像美にあふれています。臨場感をより高める4DXエフェクトによりまるで自分が調査隊に加わり神秘の島を探検している気分にさせるでしょう。

3月25日(土)公開『キングコング:髑髏島の巨神』公式ホームページ
www.kingkong-dokuro.jp
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

CJ 4DPLEX公式ホームページ
www.cj4dplex.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る