• トップ
  • リリース
  • コンチネンタル、マツダ車向けにコンバイナーHUDの生産開始

プレスリリース

  • 記事画像1

コンチネンタル・オートモーティブ株式会社

コンチネンタル、マツダ車向けにコンバイナーHUDの生産開始

(PR TIMES) 2017年05月15日(月)13時30分配信 PR TIMES



日本の自動車メーカー向けにコンバイナーHUDを提供するのは初めて
コンチネンタルが提供するコンバイナーHUDは、デミオとCX-3、CX-5のオプション
コンパクトなHUDデザインで実装スペースを小型化
人間工学に基づいた技術によりドライバーの安全性が向上


国際的テクノロジーカンパニー、コンチネンタルは、日本の自動車メーカー向けにはじめてヘッドアップディスプレイ(HUD)を生産開始し、マツダのコンパクトカー、デミオとCX-3、CX-5向けのオプションとして、コンバイナー式ヘッドアップディスプレイ(HUD)を提供しています。

[画像: https://prtimes.jp/i/23443/5/resize/d23443-5-721465-0.jpg ]

コンチネンタルの計器&ドライバーHMI事業部長、フランク・ラーベ(Frank Rabe)は次のように述べています。「コンバイナーHUDは、新製品の価値をより多くの運転手が享受できるよう、細心の注意を払って開発された製品の一例です。所要スペースが従来のHUDに必要となる面積の半分で収まるため、アプリケーション次第で、デミオやCX-3等、コンパクトカーやスポーティーな車に最適です。コンチネンタルの人間工学に基づいた技術がこのたびマツダ社の製品に採用されたことを誇りに思います」

フロントガラスに情報を表示する従来のHUDに対して、コンバイナーHUDは「コンバイナー」と呼ばれる小型で半透明なプラスチックディスクを使います。これにより、フロントガラスと光路の調整が不要となり、コックピットにおける自由スペースが増え、小型かつ平坦なデザインが可能になります。アプリケーション次第で、コンバイナー式HUDは鏡一枚で作動します。コンバイナーHUDは従来システムと同レベルの機能性を有しており、ボンネットの先にフルカラーのディスプレーを表示させることができます。その結果、運転手の視線は運転方向から逸れることなく、他の車の動きなど、重要な情報が常に運転手の視界に表示されます。また、運転中に機器を操作することで発生する「ブラインドドライビング」と呼ばれる状態も劇的に緩和されます。

コンチネンタルのコンバイナーHUDは、小型車への適合性が高く、さまざまな車両に搭載可能で、さらに多くのユーザーがコンチネンタルのヒューマン・マシン・インタフェース技術を利用できるようになると期待されます。フロントガラスHUDは中型車の上位車種のオプションとして提供されることが多いのに対し、コンバイナーHUDは少量生産車種にも提供されています。


コンチネンタルはモビリティの未来に向けたインテリジェントな技術を開発しています。信頼されるオートモーティブサプライヤー、タイヤメーカー、工業パートナーとして、持続可能、安全、快適、お客様のニーズに適した最大価値のソリューションを提供します。シャシー&セーフティー、インテリア、パワートレイン、タイヤとコンチテックの5部門の2016年度の暫定売上高は405億ユーロで、世界56カ国に22万人の従業員を擁しています。

インテリア部門では、車内外の情報マネジメントを中心にビジネス展開し、さまざまな車両に幅広い製品を提供しています。製品群には計器、マルチ機能ディスプレー、ヘッドアップディスプレー、制御デバイス、アクセスとタイヤ情報システム、ラジオ、インフォテインメントオペレーティングシステム、空調制御ユニット、ソフトウェア、コックピット、テレマティクスソリューション・サービス、高度道路交通システムを含みます。2015年売上高は約82億ユーロで、世界に40,000人以上の従業員を擁しています。

関連リンク
コンチネンタル・オートモーティブ: www.continental-automotive.jp
プレスポータル: www.continental-corporation.com/www/servlet/segment/pressportal_jp/
ビデオポータル: videoportal.continental-corporation.com
メディアデータベース: www.continental-mediacenter.com
コンチネンタル・ジャパン公式フェイスブック:https://www.facebook.com/continental.japan.18711008/

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る