• トップ
  • リリース
  • 「Hope Pageants International」世界大会 日本代表 山岡文佳さんがフォトジェニック賞を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社コンシャス

「Hope Pageants International」世界大会 日本代表 山岡文佳さんがフォトジェニック賞を受賞

(PR TIMES) 2017年01月10日(火)10時42分配信 PR TIMES

南アフリカ・ケープタウンで開催 ボランティア活動や社会貢献も審査項目に


HOPE JAPAN事務局の運営を行う株式会社コンシャス(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤 孝)は、2016年11月22日に南アフリカ共和国で開催されたHope Pageants International世界大会において、日本代表の山岡文佳(やまおか あやか)さんがフォトジェニック賞、フィットネス賞、ベストヘアスタイル賞を受賞したことをお知らせします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22182/5/resize/d22182-5-976552-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/22182/5/resize/d22182-5-147185-1.jpg ]



Hope Pageants International  http://hopejapan.jp/

■Hope Pageants Internationalとは
今年で2回目の開催となるHope Pageants International は、南アフリカのケープタウンで2015年からスタートした国際的コンテストです。主催は、2012年より南アフリカのケープタウンに本部を置き、南アフリカの子供達に公の場でのスピーチや演技をする機会を創り、チャリティー活動を続けているNPO「Acting Hope」(CEO: Ingrid Burger)。
ボランティアの精神と活動を基礎とするミス・ミスターティーン、ミス、ミセスのコンテストとして発足し、“プラットフォーム”と呼ばれる個人の信条に基づく活動として継続的なボランティア活動をしていることが審査の重要なポイントとなります。従来のビューティコンテストとは違い、見た目の美しさだけではなく内面を重視した本コンテストは、参加者年齢も12歳から54歳までと幅広く、男性も参加が可能です。
[画像3: https://prtimes.jp/i/22182/5/resize/d22182-5-455265-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/22182/5/resize/d22182-5-769477-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/22182/5/resize/d22182-5-136728-4.jpg ]



■Hope Pageants International 世界大会2016  日本代表、山岡文佳さんが3部門で受賞

[画像6: https://prtimes.jp/i/22182/5/resize/d22182-5-684446-5.jpg ]

HOPE JAPAN事務局は、Hope Pageants International公式ライセンスのもと2016年4月に発足、世界大会出場者を決定する第1回日本代表選考会を開催しました。
10月1日、パシフィコ横浜で開催された日本大会本選では、ファイナリスト11名が登場。「コミュニケーション能力」「ボランティア精神」「英語力(語学力)」「フィットネス」「ウォーキング」など外見はもちろん、内面も重視した審査項目によりジャッジされ、山岡文佳さんがグランプリに輝きました。
11月には日本代表として1人で南アフリカへ渡り、約30名の各国代表とともに世界大会に出場。事前審査ではインタビューがあり、これまで行ってきたボランティア活動を発表しました。コンテストでは、フィットネスウェア、ドレス、ナショナルコスチュームでの華麗なウォーキングを披露。山岡文佳さんは、惜しくもグランプリは逃しましたが、フォトジェニック賞、フィットネス賞、ベストヘアスタイル賞の3部門でアワードを獲得しました。
また、1週間にわたる南アフリカでの大会期間中は、各国代表とともにケープタウン観光や現地の子供達にふれるボランティア活動に参加。国際交流や社会貢献について多くを学び、帰国しました。

[画像7: https://prtimes.jp/i/22182/5/resize/d22182-5-491254-6.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/22182/5/resize/d22182-5-388263-7.jpg ]

【山岡文佳さん 世界大会後のコメント】
・コンテストに挑戦した理由
チャリティー活動を主として掲げているコンテストだったからです。
出場しタイトルを獲得することによって、自身の活動の輪を拡げたいと強く思いました。

・コンテストで学んだこと、今後の課題・目標
今回の大会で学んだことの1つは、ファイナリスト達が率先してチャリティー活動を行っている、そして自国の問題に真剣に向き合っているということです。日本においてチャリティー活動への教育はまだまだ未熟です。もっと積極的に発信して行きたいと思いました。
そして2つ目は「技術はどこの国へ行っても活かされる」ということです。実際、私は世界大会にて英語は得意としていませんでした。しかし、私のウォーキング、メイクを観たファイナリストから「ウォーキングを教えて欲しい!」「本番メイクをして欲しい!」と押し寄せられた時、とても自分に自信を持てました。
今後の目標は、自身が主となって社会貢献活動を定期的に開催していくコミュニティをつくること。また、外国語の勉強に努力をすること。モデルと並行してミスコンの教育者にもなれるよう、精進して参りたいと思います。

[画像9: https://prtimes.jp/i/22182/5/resize/d22182-5-685151-8.jpg ]

・後輩に伝えたいこと
“目的ある美”をモットーに、率先して情報発信、行動をしてほしいです。また、変化を恐れず世界中の方々と交流して、たくさんの価値観を得ていただきたいです。これは、私が不足していた部分であり世界大会で痛感しました。是非、2018年度 Hope Pageants International日本代表の方にはグランプリに輝いて欲しいです!


■ HOPE JAPAN事務局

[画像10: https://prtimes.jp/i/22182/5/resize/d22182-5-780172-9.jpg ]

HOPE JAPAN事務局は、今後この大会が南アフリカと日本の架け橋となり、たくさんの日本人が素晴らしい南アフリカへ行くきっかけになることを祈っています。

<運営会社>
社名:株式会社コンシャス
代表者:伊藤 孝
所在地:東京都港区赤坂7-3-37 プラースカナダ1階
設立:2009年9月
http://hopejapan.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る