• トップ
  • リリース
  • 栃木SCを運営する株式会社栃木サッカークラブが、Emotion Techを導入し、顧客ロイヤルティ向上への取組みを強化

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社Emotion Tech

栃木SCを運営する株式会社栃木サッカークラブが、Emotion Techを導入し、顧客ロイヤルティ向上への取組みを強化

(PR TIMES) 2016年12月12日(月)13時29分配信 PR TIMES

■ファン・サポーター、スクール利用者、スポンサーの声・ロイヤルティを定量的に調査

株式会社Emotion Tech(東京都中央区、代表取締役社長:今西 良光、以下、Emotion Tech、2016年12月にwizpraより社名変更)は、顧客ロイヤルティ向上クラウドシステム”Emotion Tech”を、株式会社栃木サッカークラブ(宇都宮市栄町、代表取締役社長:橋本 大輔、以下栃木SC)が導入したことをお知らせいたします。

Emotion Techは、クラウドアンケートなどを通して顧客の声や感情データをリアルタイムに集計し、定量的に分析・可視化できる、ロイヤルティ向上支援システムです。独自の統計分析技術を活用することで、従来の顧客満足度調査と異なり、顧客のロイヤルティ向上に鍵となる要素を定量的に洗い出すことが可能となります。
2016年12月12日
株式会社Emotion Tech
[画像1: http://prtimes.jp/i/21205/5/resize/d21205-5-660955-0.jpg ]


■ファン・サポーター、スクール利用者、スポンサーの声・ロイヤルティを定量的に調査

栃木SCは、Jリーグに加盟する栃木県宇都宮市をホームタウンとするサッカークラブです。
事業運営方針の一番目に「顧客満足の追求」を掲げ、直接関係する顧客はもちろん、それ以外の住民の方々などとも対話を定期的・継続的に実施することで、栃木SCが担うべき役割や提供すべき価値についての理解を深め、その実現に向けて最大限の努力を目指しています。

今回の取組みでは、ファン・サポーターのみならず、スクール利用者やスポンサー等、栃木SCに関係する方々の声を広く調査し、クラブへのロイヤルティ(愛着・信頼度合い)を測定・可視化することで、サービスレベルの向上、ファンクラブ会員の価値提供に繋げます。

■ロイヤルティ計測指標としてNPSを活用

NPSは顧客に対してサービスの「推奨度」を聞くことでロイヤルティを計測する指標です。NPSが高い顧客はサービスを長く利用し、実際に周囲へ口コミを拡散するなど、これまでの顧客満足度とは異なり、実際に収益に繋がる行動を取ることが過去の数多くの調査から判明しています。収益との相関性の高いNPSを目標として設定し推奨者を増やすことで、顧客にとっての価値提供と企業の持続的成長の両立を実現することができます。

■Emotion Techはスポーツ業界でのロイヤルティ向上支援に実績

Emotion Techは、これまで様々なスポーツチームのロイヤルティ向上を支援させていただき、ファンクラブ運営におけるロイヤルティ向上に向けた知見・ノウハウを蓄積しております。


Emotion Techのスポーツチーム・イベント支援実績(例示):
横浜FC、東京ヴェルディ、日本フットサル連盟(Fリーグ)、U12ジュニアサッカーワールドチャレンジ、東京ヤクルト球団、読売巨人軍、ほか

また、2016年10月に開始した新クラウドシステム”Emotion Tech”を活用することで、顧客の声のリアルタイム集計・定量分析がより効率的に行えるようになりました。

サービスページ
https://www.emotion-tech.co.jp/service

分析ダッシュボードイメージ

[画像2: http://prtimes.jp/i/21205/5/resize/d21205-5-941198-2.jpg ]


Emotion Techは、スポーツ業界におけるロイヤルティ向上支援サービスのマーケットリーダーとして、ファン・サポーターの声・感情をより深く適切に理解・蓄積することで、顧客への価値提供と会社の持続的成長を両立させ、気持ちや思いを大切にする経営が当たり前の世の中の実現を目指していきます。

以上

株式会社Emotion Techについて  www.emotion-tech.co.jp
2013年「すべての人がイキイキと働ける世の中を創る」というミッションを掲げ創業し、顧客や従業員の声・感情データを活用することで、顧客・従業員への価値提供と会社の成長の両立を支援する、ロイヤルティ向上クラウドサービス事業を展開しています。グリーベンチャーズやNTTドコモ・ベンチャーズからの出資を受け、これまでに携帯キャリア様、大手人材紹介会社、銀行など150社以上の企業で導入、累計50万人以上の感情データを蓄積しています。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る