プレスリリース

  • 記事画像1

日本オーチス、第1回スマートビルディングEXPOに出展

(PR TIMES) 2016年10月28日(金)14時01分配信 PR TIMES

日本オーチス・エレベータ株式会社(代表取締役社長 ステファン・ド・モントリボール、本社 東京都文京区、以下 日本オーチス)は、2016年12月14日(水)から16日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第1回スマートビルディングEXPO」に出展します。
「第1回スマートビルディングEXPO」は、住宅・建築・都市開発を網羅した総合展示会「住宅・都市イノベーション総合展2016(総称)」において実施される「スマートビル」をテーマとするEXPOの1つです。ゼネコン・設計事務所・サブコン/工事会社・ディベロッパー・ビルオーナー/管理会社などからご参加いただくご来場者と、エレベーター・自動ドア、BEMS/BAS、空調システム、ビル管理システムなどの出展社との商談・受注を目的とした展示会で、今年が初めての開催となります。

本展示会において、日本オーチスは当社独自の駆動方式フラットベルトによるエレベーター「Gen2(R) Premier(ジェン・ツー・プレミア)」の実機(モックアップ)展示をはじめ、最新技術を用いた製品および改修・メンテナンス商品を展示いたします。ご来場予定の皆様は、ぜひ日本オーチスブースにお立ち寄りください。

展示予定商品およびサービス:

・フラットベルト式エレベーター「Gen2(R) Premier」かご実機(表示パネル・ハンドタッチセンサーデモ)

・Gen2(R)(フラットベルト)実物展示

・Gen2(R)(フラットベルト)検査装置「パルスシステム」デモ

・Gen2(R)(フラットベルト)綱車「クラウン効果」デモ

・地震時自動診断復旧システム デモ

・エレベーター次世代運行管理システム「CompassPlus™ (コンパスプラス)」デモ

・水圧式エレベーター「SPEC ECO(スペックエコ)」模型および製品紹介

・保守契約エレベーターに関する個別情報オンラインサービス「eService(イーサービス)」デモ

・保守契約オプションサービス「Elite Service(エリートサービス)」紹介

・リニューアル製品「Gen2(R) MOD(ジェン・ツー・モッド)」「Gen2(R) MOD Green」紹介

・海外導入事例

・日本オーチス、オーチス・グローバルネットワーク、ユナイテッド・テクノロジーズの会社紹介

・現在開発中の最新技術 など

[画像: http://prtimes.jp/i/20254/5/resize/d20254-5-775098-0.jpg ]


第1回スマートビルディングEXPO概要:

会期:2016年12月14日(水)〜16日(金)10時〜18時(最終日のみ17時まで)
会場:東京ビッグサイト 東7・8ホール
入場料:無料(登録制)
主催:リード エグジビション ジャパン(株)

日本オーチス・エレベータ株式会社について
日本オーチス・エレベータ株式会社は、米国に本社を置く、エレベーター、エスカレーターおよび動く歩道を含む「人の移動」に関する商品の製造および保守修理の会社であるオーチス・エレベータ・カンパニーの日本子会社です。近代の安全装置付エレベーターの開発者である創業者であるエリーシャ・オーチスのビジョンを継承し、日本では、新設・据付・保守・改修を一貫して扱い、お客様の要望に応えて120年以上の歴史を重ねてきました。1896年には日本初のオーチスのエレベーターを設置し、1914年には日本初のエスカレーターを設置しました。日本法人は1932年(昭和7年)に設立されました。オーチスブランドのエレベーターは全世界のランドマークを中心に、200カ国以上で190万台がオーチス・エレベータによって保守点検されています。オーチスは宇宙航空産業並びにビル関連産業におけるリーディングプロバイダーのユナイテッド・テクノロジーズ・カンパニー(UTC)のビジネスユニットです。詳しくは、www.otis.com/site/jpもしくはwww.otisworldwide.com(英文サイト)をご参照ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る