• トップ
  • リリース
  • 神奈川県・桐蔭学園に、柔道3連続金メダルの野村 忠宏さんが訪問講演会と男女柔道部員31名に直接指導!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

大塚製薬株式会社

神奈川県・桐蔭学園に、柔道3連続金メダルの野村 忠宏さんが訪問講演会と男女柔道部員31名に直接指導!

(PR TIMES) 2016年09月01日(木)14時17分配信 PR TIMES

【「エールと、ともに。」PROJECT】「ポカリスエット エールと、ともに。 ブカツ応援キャラバン」イベントレポート

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区)は、部活を頑張る高校生を応援する「エールと、ともに。」PROJECTの一環として、「ポカリスエット エールと、ともに。 ブカツ応援キャラバン」を2016年8月31日(水)に、桐蔭学園高等学校(神奈川県横浜市青葉区)にて実施しました。当日は、柔道で3連続金メダルを獲得した野村忠宏さんが同校を訪問し、生徒たち(約1,000名)に向けた講演と、男女柔道部員31名に対する直接指導をし、熱いエールを送りました。
大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区)は、部活を頑張る高校生を応援する「エールと、ともに。」PROJECTの一環として、「ポカリスエット エールと、ともに。 ブカツ応援キャラバン」を2016年8月31日(水)に、桐蔭学園高等学校(神奈川県横浜市青葉区)にて実施しました。当日は、柔道で3連続金メダルを獲得した野村忠宏さんが同校を訪問し、生徒たち(約1,000名)に向けた講演と、男女柔道部員31名に対する直接指導をし、熱いエールを送りました。

(当日の様子)
イベント当日は、柔道界のレジェンドである野村 忠宏さんが、同校の生徒たち(約1,000名)に向けた講演を行いました。
「何ごとも、プロセスに価値がある。今の経験は、今しかできない。今の自分と向き合って暮らしてほしい。そして、人生をかけて、目指したい夢に出会うのが大事。そのために、熱い気持ちで様々なことにチャレンジして欲しい。」など、ご自身の豊富な経験をもとに、お話しされていました。
またその後、男女柔道部員31名に対し、直接指導を行いました。
自身の得意技である一本背負いを中心に指導。指導の中で、「悔しさを忘れず、バネにして必ずその次に活かすこと。絶対に勝負に勝つんだ。という“執念”が、柔道にかかわらず、これからの人生にとって大事。」とご自身のエール“執念”を基に話をされました。また日本の柔道界がレベルアップしていることを受け、「結果がすぐに出なくとも、意味のある努力、先に活きる努力をして欲しい。」と、未来のアスリート達にエールを送りました。
イベントを終えた野村さんは「自分の経験や技術、そして出会いが何かのキッカケになってくれると嬉しい。」と述べられ、ご自身も部員たちとの熱い時間を共有できたことに、刺激を受けられた様子でした。また、参加した部員からは「日々の練習に対する意識の持ち方が大事だと思った。自分もオリンピックに出られるよう意識したい。」と、2020年に向けた力強い意気込みが聞かれました。

[画像1: http://prtimes.jp/i/19098/5/resize/d19098-5-473038-2.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/19098/5/resize/d19098-5-490540-1.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/19098/5/resize/d19098-5-319091-3.jpg ]



大塚製薬の高校生スポーツ領域の取り組み「エールと、ともに。」PROJECT概要
「ポカリスエット ブカツ応援キャラバン2016」
「ブカツ応援キャラバン」とは、部活で汗を流す、すべての高校生を応援する「エールと、ともに。」PROJECTの一環として、サッカー、バレーボール、バスケットボール、テニス、柔道、バドミントンの各界レジェンドがサポーターとなり、部活を頑張る高校生、指導者に直接指導するだけでなく、レジェンドの高校時代の苦しみや挫折から何を学んだか、経験をもとにした「エール」を送る活動です。2016年12月までに全国約5,750人、115校の訪問を予定しています。
●期間:2016年5月〜2016年12月末 ※今後の継続も検討中
●対象競技:サッカー、バレーボール、バスケットボール、テニス、柔道、バドミントン

■レジェンド一覧
浅越 しのぶさん(テニス) 大山 加奈さん(バレーボール) 小林 弥生さん(サッカー)
瀬間 友里加さん(テニス) 竹下 佳江さん(バレーボール) 野村 忠宏さん(柔道)
原 菜摘子さん(サッカー) 原田 裕花さん(バスケットボール) 日立サンロッカーズ東京(バスケットボール) 廣瀬 栄理子さん(バドミントン) 前園 真聖さん(サッカー) 三浦 淳寛さん(サッカー)
宮澤 ミシェルさん(サッカー) 山本 隆弘さん(バレーボール) 山本 昌邦さん(サッカー)

「エールと、ともに。」特設サイト(URL:http://pocarisweat.jp/action/yell/index.html)では、各界のレジェンドたちからの熱いエールを見ることができます。


【製品概要】
■ポカリスエット(http://www.otsuka.co.jp/poc/
身体の約60%は水分でできています。発汗などで失われる水分と電解質(イオン)の速やかな補給は、コンディションの維持や運動時のパフォーマンスをサポートする上で重要です。
1980年に「汗の飲料」をコンセプトに開発された「ポカリスエット」は、1991年から(公財)日本体育協会と連携し熱中症対策の啓発活動を行っています。また運動時だけでなく、就寝中や入浴時などの日常生活や、暑熱環境下での作業など、汗をかくさまざまなシーンで科学的根拠を有したポカリスエットを通じて水分・電解質補給の大切さを伝えています。2016年4月には、運動前の水分補給が必要だと理解しながらもそれができていない消費者に、ポカリスエットの機能性とゼリーの特性による“たべる水分補給”を提案し、パフォーマンスをサポートする「ポカリスエットゼリー」(http://pocarisweat.jp/products/jelly/)を発売しました。水分補給の新しいカタチ“たべる水分補給”として、ゼリー市場に新領域の確立を目指します。
ポカリスエット、ポカリスエットイオンウォーターは、(公財)日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の公式認定商品です。


【製品に関するお問い合わせ】
大塚製薬 お客様相談室 TEL:0120-550-708
受付時間:9:00〜17:00(土・日・祝日・休業日を除く)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る