• トップ
  • リリース
  • ワンリータイヤ、ドリフト競技「D1グランプリ」2017年シリーズ連覇に向けて、新タイヤ、新車両をお披露目。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

WANLI ワンリータイヤ

ワンリータイヤ、ドリフト競技「D1グランプリ」2017年シリーズ連覇に向けて、新タイヤ、新車両をお披露目。

(PR TIMES) 2017年01月13日(金)20時27分配信 PR TIMES

2017年も、「厳しく、そして真面目な日本市場」に挑む。

中国に本社拠点を置く4輪タイヤのグローバルメーカーWanli Tire Corporation Limited. (代表者名:頼燕山(ライ ヤンシャン)、中国広州市)は、東京オートサロン2017(幕張メッセ)に出展し、 2017年のD1グランプリ連覇に向けた新車両コルベットと、新タイヤ「SR390」をお披露目。また、総販売代理店トレジャーワン・カンパニーとの協業による販売計画を発表。
頼総経理は、「2016年は、日本の、きびしく、真面目な市場に挑めるタイヤ「SR390」を齋藤太吾選手とともに作ってきました。今年はそのタイヤで、日本の市場、D1グランプリ2017年シリーズ連覇へと挑みます」と語った。


[画像: https://prtimes.jp/i/18749/5/resize/d18749-5-867222-0.jpg ]

Wanli Tire Corporation Limited.(以下ワンリータイヤ)は、中国華南エリアにおけるラジアルタイヤの最大手。米国、欧州諸国等、150以上の国や地域に製品を輸出するグローバルメーカー。
昨年、日本の市場とモータースポーツへ同時に参入を果たし、モータースポーツにおいては、タイヤにとって過酷なドリフト競技、そしてその最高峰のD1グランプリにおいて、斎藤太吾選手とともにD1GP2016シリーズで優勝。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る