• トップ
  • リリース
  • 竹中平蔵氏ら登壇 2000名規模の大型マネーイベント『お金の教養フェスティバル2017』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

竹中平蔵氏ら登壇 2000名規模の大型マネーイベント『お金の教養フェスティバル2017』

(PR TIMES) 2017年01月17日(火)14時53分配信 PR TIMES

今年のテーマは「学歴から“額”歴へ」額歴社会で生き残るためのお金の貯め方、増やし方、稼ぎ方が1日で学べます(参加無料)

お金の教養が身につく総合マネースクールのファイナンシャルアカデミー(本社:東京都新宿区、代表:泉正人)が主催する「お金の教養フェスティバル」。今年も竹中平蔵氏らを4名の豪華登壇者をお迎えして、2017年2月5日(日)に開催いたします。

ファイナンシャルアカデミーお金の教養フェスティバル2017
http://www.f-academy.jp/ap/7025/page/festival.html

今年のテーマは「学歴から“額”歴へ」

ファイナンシャルアカデミーが、2016年9月に実施したアンケート調査によると、有名大学を出たという学歴よりも、お金と正しく付き合うことのできる“額”歴のほうが今後重要になると考えている人はなんと88.6%。そして、高学歴の男性よりも高"額"歴の男性と結婚したい女性の割合は、60代で68.0%であるのに対し、20代では88.0%にも及ぶことがわかりました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/15329/5/resize/d15329-5-512364-0.jpg ]


年功序列や終身雇用の崩壊、公的年金への不安。そういった社会背景の中、限られた収入でも自分できちんと支出を管理し、貯蓄や投資に対しても高い意識を持ち、自分のやりたいことや理想の生活を実現していく――。こうしたことの重要性に、多くの人が気づき始めているのです。

そこで今回は、学歴社会に代わる新しい価値観である「新額歴社会」を生き抜くために必要な3つの力である「経験力」「貯蓄力」「投資力」を切り口にプログラムを構成しました。各界の著名人ならではの視点から、新しい時代をサバイブするための知恵とノウハウをたっぷりと学べる6時間となっています。


[画像2: https://prtimes.jp/i/15329/5/resize/d15329-5-784983-6.jpg ]

■開催概要
開催日時:2017年2月5日(日)13:00〜19:00(開場12:30〜)
会場:昭和女子大学 人見記念講堂
   〒154-8533 東京都世田谷区太子堂1-7-57(「三軒茶屋」駅 徒歩7分)
参加費:無料
先着:2000名
主催:ファイナンシャルアカデミー

■プログラム
第1部 13:00〜13:50
    お金の管理が、人生を解放する      講師 辻 庸介氏
第2部 14:10〜15:40
思うは招く               講師 植松 努氏
第3部 15:50〜16:20
お金を学ぶことで、一生分の不安を取り除く 講師 束田 光陽氏
第4部 16:30〜17:30
2020 竹中平蔵と行く未来への旅 講師 竹中 平蔵 氏

[画像3: https://prtimes.jp/i/15329/5/resize/d15329-5-850071-7.jpg ]

実践報告会 18:00〜19:00 

■「お金の教養フェスティバル」とは
ファイナンシャルアカデミー受講生への感謝祭として始まったイベント「お金の教養フェスティバル」。一日かけて、経済やビジネス、資産形成についての学びを通し、お金の教養を身につけて頂くことを目的に2005年より毎年開催。過去12回で延べ2万人を動員した、大型のマネーイベントです。

■ファイナンシャルアカデミーとは
ファイナンシャルアカデミーは東京・大阪・ニューヨークで開講しているお金の学校です。義務教育では教わることのなかったお金との正しい付き合い方について一人でも多くの人に学んでもらうため、2002年の創立以来、15年間で延べ40万人の受講生が学んでいます。家計管理、お金の貯め方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、お金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に開講しています。(http://www.f-academy.jp/ap/7025/)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る