• トップ
  • リリース
  • 「Brilliant60s=輝ける60代」 2,000人に聞いた「シニアのリアル調査」結果より 今どきシニア、お盆玉の平均は5,690円。子や孫の帰省費用の負担増。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社あおぞら銀行

「Brilliant60s=輝ける60代」 2,000人に聞いた「シニアのリアル調査」結果より 今どきシニア、お盆玉の平均は5,690円。子や孫の帰省費用の負担増。

(PR TIMES) 2016年08月02日(火)16時39分配信 PR TIMES

〜子や孫が帰省する際の交通費に平均33,000円、前年比2,500円増〜


 株式会社あおぞら銀行(代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO):馬場信輔、本店:東京都千代田区)は、日本の60代を中心とするチャレンジ精神旺盛でアクティブな世代を「Brilliant60s=輝ける60代」と名付け、ポジティブな人生をおくるサポートをすべく、シニア層のお客さまへの資産運用コンサルティングに注力しております。
 あおぞら銀行では、このBrilliant60s世代に注目し、コアとなる全国の55〜74歳の男女約2,000名を対象にした「シニアのリアル調査」を2014年から毎年実施しております。今年で3年目を迎えた最新の調査では下記のような結果が出ました。


<調査結果概要(詳細は別紙のとおり)>
1.お年玉だけじゃない。新語「お盆玉」、2割のシニアに浸透。
 〜お盆の時期に子や孫にお小遣いをあげたことのあるシニアは11%〜
★「お盆玉」(※お盆の時期に、子や孫にあげるお小遣いのこと)という言葉を知っているシニアは16.6%(男性15.4%/女性17.7%)と2割近くもあり、新語にも関わらず普及し始めている。一方、実際にお盆玉をあげる予定のシニアは11.1%で、その予定金額は5,690円(男性5,550円/女性5,800円)。

2.子や孫が帰省する際の交通費、2人に1人が負担。平均負担額は昨年より2,500円アップ!
 〜女性シニアは35,000円以上負担し、今年も男性シニアより多い結果に〜
★調査対象のシニア世代のうち、「帰省してくる子や孫がいる」と答えた割合は65.5%(前年同率)。そのうち、約半数が「交通費を負担している」と回答。平均負担額は32,900円(前年比2,500円増)。男女別の平均負担額は、男性シニア29,700円(前年比2,400円増)、女性シニア35,300円(前年比2,200円増)と共に上昇しているものの、その差は約6,000円に。

3.帰省中も子や孫へは負担を惜しまない!その額平均約50,000円と、昨年からじわり上昇。
 〜女性シニアの平均は56,400円と大盤振る舞いで、今年は更に男性シニアを大きくリード〜
★子や孫が帰省した際に使う金額(交通費以外)は、平均49,700円(前年比2,100円増)と前年をやや上回る結果となった。男女別の平均負担額は、男性シニアは42,000円、女性シニアは56,400円と、その差は約14,400円で女性シニアがリード。この男女差は前年(差額11,500円)よりも2,900円広がっている。

4.「山の日」元年、今どきシニアの15%が「山登りを考えたり、予定を入れる」きっかけに。
 〜年代別では70代シニアが「山登りをする」割合が多い〜
★今年8月11日から施行される新しい祝日「山の日」をきっかけに山に登る予定を組んだか聞いてみたところ、「山登りをすることを考えたが、具体的に山に登る予定はない」が11.2%で、実際に「山に登る予定がある」と答えたのは4.1%と回答。約15%が「山登りを考えたり、予定を入れる」きっかけとなった。
★シニアに山登り事情について聞くと、8.3%が「山登りをする」と回答。
年代別では、50代後半8.3%→60代8.0%→70代前半9.2%と、70代が山登りをする割合が多いのが注目される。

==========
【調査目的】
シニアの方々の暮らしぶり・老後の意識・資産運用・旅行や外食・趣味・お子さまやお孫さまについてなど、様々な視点からお金に関連する実態やその意識を調べる。
【調査対象者】
全国55〜74歳の男女 合計2,074人
【調査内容】
インターネット調査 2016年6月10日(金)〜2016年6月13日(月)実施
【金融資産背景】
当調査対象者の平均金融資産額:50代後半1,548万円、60代2,028万円、70代前半2,098万円
一般(二人以上の世帯)の平均金融資産額(*):50代1,325万円、60代1,664万円、70歳以上1,618万円
  (*)出典:2015年金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」調べ
==========



あおぞら銀行 「シニアのリアル調査」 2016


<調査概要>
1. お年玉だけじゃない。新語「お盆玉」、2割のシニアに浸透。
 〜お盆の時期に子や孫にお小遣いをあげたことのあるシニアは11%〜
質問:「お盆玉」という言葉を知っているか?
 「お盆玉」(※お盆の時期に、お子様・お孫様にあげるお小遣いのこと)という言葉を知っているか聞くと、知っていると答えたのは16.6%(男性15.4%/女性17.7%)だった。その内訳は「『お盆玉』を知っていて、あげたことがある」3.9%、「『お盆玉』という言葉は知っているが、あげたことはない」12.7%となった。
 一方で「『お盆玉』という言葉は知らないがお盆の時期に子どもや孫にお小遣いをあげたことがある」と答えているシニアが7.2%おり、「『お盆玉』を知っていて、あげたことがある」3.9%と合わせると、今どきシニアの11%が「お盆玉」をあげる行為をしていることになる(【図1】参照)。

・「お盆玉」を知っている:16.6%「知っていて、あげたことがある+知っているが、あげたことはない」
・「お盆玉」を知らない:83.4%「知らないが、あげたことがある+知らないし、あげたこともない」

[画像1: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-937329-0.jpg ]

〜「お盆玉」の平均は5,690円。関東の方が関西に比べて800円高い〜
 今年の「お盆玉」の予定金額(子や孫がいるシニアを対象/「0円」という回答を除いた平均金額)は、5,690円(男性5,550円/女性5,800円)だった。
 また、関東と関西で比べると、関東は「1〜1.5万円未満」の割合が関西よりも10ポイント以上高く、平均額も6,200円と関西の5,400円を千円近く上回っている(次頁【図2】参照)。

・関東平均(東京、神奈川、埼玉、千葉):6,200円
・関西平均(大阪、京都、兵庫、奈良):5,400円

[画像2: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-118087-1.jpg ]
2.子や孫が帰省する際の交通費、2人に1人が負担。平均負担額は昨年より2,500円アップ!
 〜「負担派」シニアはこの3年で減少傾向〜
質問: 子や孫が帰省してくる時に交通費を負担しているか?
「帰省してくる子や孫がいる」と答えた割合は65.5%(前年同率)。そのうち、子や孫が帰省する時に交通費を負担している「負担派」シニアは46.3%で約半数が負担しているという結果になった(【図3】参照)。

・負担派:46.3%(前年比1.2%減)「いつも負担している+たまに負担している」
・非負担派:53.7%(前年比1.2%増)「負担していない」
[画像3: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-283747-2.jpg ]

〜女性シニアは35,000円以上負担し、今年も男性シニアより多い結果に〜
質問: 子や孫の帰省時に交通費はいくら負担しているか?
 上記「負担派」シニアが、子や孫が帰省する時に、負担している交通費の平均は32,900円(前年比2,500円増)。「1〜2万円未満」(29%)、「2〜3万円未満」(20%)、「3〜5万円未満」(16%)と、合計約64%が1万以上〜5万円未満を負担しているという結果になった。男女別では、男性シニアの平均支出額29,700円に対して女性シニアは35,300円と、女性シニアの方が平均で約6,000円多くお金を使っている(【図4】参照)。
・全体平均予算:32,900円(前年比2,500円増)
・男性平均予算:29,700円(前年比2,400円増)
・女性平均予算:35,300円(前年比2,200円増)
[画像4: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-562511-3.jpg ]

 上記「負担派」シニアが負担している交通費の金額分布を、過去3年で比べると、特に今年は「1万円未満」の割合が減少する一方で、「1〜2万円未満」への集中度が高まり、「5万円以上」が増加するなど金額の差が広がっている(【図5】参照)。

[画像5: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-237712-4.jpg ]
 負担している交通費の平均額を、調査した3年で比べると、過去2年は大差なかったが、今年は昨年から2千円強の上昇が見られる(【図6】参照)。
[画像6: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-167084-5.jpg ]

3.帰省中も子や孫へは負担を惜しまない!その額平均約50,000円と、昨年からじわり上昇。
 〜女性シニアの平均は56,400円と大盤振る舞いで、今年は更に男性シニアを大きくリード〜
質問: 子や孫の帰省時の交通費以外の負担額は?
「今年、子どもや孫が帰省するシニア」について、子や孫の帰省時に使う予算(交通費以外)は、「3〜5万円未満」(25%)との回答が最も多く、次に「2〜3万未満」(19%)が多い結果になった(【図7】参照)。
・全体平均予算:49,700円(前年比2,100円増)
・男性平均予算:42,000円(前年比400円増)
・女性平均予算:56,400円(前年比3,300円増)
女性シニアは「5万円以上」の高価格帯の割合が多く、男性シニアより平均で14,400円多くお金を負担している。
[画像7: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-443074-6.jpg ]

予算金額の分布を、過去3年で比べてみると特に大きな変化は見られない(【図8】参照)。
[画像8: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-318851-7.jpg ]

 予算の平均額を、過去3年で比べると、男性に大きな増減は見られないが、女性は一貫して増加しており、特に今年は昨年から約3,000円増と大きな変化が見られた(【図9】参照)。

[画像9: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-353302-8.jpg ]

4.「山の日」元年、今どきシニアの15%が「山登りを考えたり、予定を入れる」きっかけに。
 〜年代別では70代シニアが「山登りをする」割合が多い〜
質問:「山の日」をきっかけに「山登り」を考えたか?
 今年から施行される「山の日」(8月11日)をきっかけに「山登り」を考えたり、実際に山に登る予定を組んだりしたか聞いてみると、「山に登る予定がある」が4.1%、「山登りをすることを考えたが、具体的に山に登る予定はない」が11.2%だった。
山に登る予定の内容は「一人で登る」1.0%、「友人・知人と一緒に登る」1.4%、「配偶者と一緒に登る」1.3%、「子どもや孫と登る」0.3%と分かれた(複数回答)。山の日も休日として、子や孫と過ごす時間を楽しみしているのかも知れない(【図10】参照)。
[画像10: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-192843-12.jpg ]

 また、今どきシニアに山登り事情について聞くと、8.3%が「山登りをする」と回答した(よく『山登り』をする1.4%/時々『山登り』をする6.9%)(【図11】参照)。
[画像11: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-391644-10.jpg ]

 年代別に見ると50代後半8.3%→60代8.0%→70代前半9.2%と、70代が山登りをする割合が多いのが注目される(【図12】参照)。
[画像12: http://prtimes.jp/i/11190/5/resize/d11190-5-742540-11.jpg ]

以上



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る