• トップ
  • リリース
  • 味の素(株)サプリメントで初、栄養機能食品※1「マルチビタミン&ミネラル※2」新発売

プレスリリース

味の素(株)サプリメントで初、栄養機能食品※1「マルチビタミン&ミネラル※2」新発売

(PR TIMES) 2020年05月18日(月)15時25分配信 PR TIMES

〜12種類のビタミンと9種類のミネラル配合、毎日手軽にバランス良く〜2020年5月20日(水)より販売開始


 味の素株式会社(社長:西井孝明 本社:東京都中央区)は、栄養機能食品「マルチビタミン&ミネラル」を2020年5月20日(水)より新発売します。この製品には、食事からしか摂取できない栄養素(12種類のビタミンと9種類のミネラル)を配合しており、生活習慣や食生活の乱れにより不足しがちな栄養素をサプリメントで手軽に補うことができます。当社がサプリメントで栄養機能食品を発売するのは初めてです。

※1)特定の栄養成分の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するもの。
対象食品は消費者に販売される容器包装に入れられた一般用加工食品及び一般用生鮮食品です。
※2)栄養機能食品の基準を満たしているのはビタミン10種類とミネラル3種類のみです。

[画像: https://prtimes.jp/i/58317/4/resize/d58317-4-129591-0.jpg ]

 ビタミンとミネラルは、三大栄養素(たんぱく質・炭水化物・脂質)の働きを支える、健康の基本となる大切な栄養素です。しかし、「食事からバランスよく摂取するのが難しい」「せっかく摂ってもすぐに体内から失われてしまう」といった課題もあり、食生活や生活リズムの乱れによって、普段の食事では不足しがちなビタミン・ミネラルを手軽に補給したいというニーズは依然として高く※3、マルチビタミン類のサプリメントの国内市場規模は2019年で約800億円、市場は年率101%と継続的に伸長※4しており、今後も安定的な成長が見込まれます。

※3)出典:2018年健食ヘルスケアフーズレポート
※4)出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧2020 総括・関連市場編」ゼリーやドリンクも含む

 「マルチビタミン&ミネラル」は、日々の健康維持に欠かせない12種のビタミンと9種のミネラルを一度に摂取できるサプリメント(栄養機能食品)で、1日3粒を目安に摂取することで、食事では満たしきれない不足しがちなビタミンやミネラルを効果的に補うことができます。(ビタミン:栄養素等表示基準値※5の約1/2、ミネラル:栄養素等表示基準値の約1/3)

※5)厚生労働省の定める「日本人の1日に必要な量の平均的な値」(2015年版、18歳以上基準熱量2,200Kcalに占める割合)です。また、栄養機能食品の基準を満たしているのはビタミン10種類とミネラル3種類のみです。

当社は、健康維持のサポートに資する製品をお届けし、食と健康の課題解決に貢献することを目指します。
2020年度の売上目標は約1億円(消費者購入ベース)です。

1. 製品概要
(1)製品名:「マルチビタミン&ミネラル」
(2)製品特長:
   1.1日摂取目安量3粒あたり、12種類のビタミンと9種のミネラルを配合し、
    食事では不足しがちなビタミン・ミネラルを補うことができる。
  (本製品は、ビタミン10種類およびミネラル3種類のみが栄養機能食品の基準を満たしています)
   2.1日あたり摂取目安量3粒なので、手軽に続けられる。
(3)容  量:30.9g/1袋(90粒)当たり
(4)価  格:1,088円(税込)
(5)ターゲット:手軽に栄養バランスを整えたい方、野菜不足が気になる方、
         加齢により食事量が減ってきた方、ご家族で健康習慣を続けたい方、
         飲みやすさ・続けやすさにこだわりたい方
(6)摂取方法:1日3粒を目安に摂取
(7)賞味期限:年月で表示
2.発売日:2020年5月20日(水)
3.発売地域:全国(国内)
4.販売方法:通信販売(電話、インターネットなど)

お客様向け問い合わせ先:味の素ダイレクト(株)お客様係 フリーダイヤル 0120-324-324
     味の素ダイレクト(株) オンラインショップ https://ajinomoto-direct.shop/

[表: https://prtimes.jp/data/corp/58317/table/4_1.jpg ]




プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る