• トップ
  • リリース
  • プログラミングの"考え方"を学んで未来を創る力を身につける探プロ。littlebitsとレゴ(R)ブロックを使った幼児・小学生対象のプログラミングワークショップを開催

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

プログラミングの"考え方"を学んで未来を創る力を身につける探プロ。littlebitsとレゴ(R)ブロックを使った幼児・小学生対象のプログラミングワークショップを開催

(PR TIMES) 2017年04月11日(火)16時18分配信 PR TIMES

学校でも日常生活でも役立つプログラミングの基本的な考え方を学ぶ、新しい形のプログラミング学習

【PR TIMESからのメール配信の際に一部表示に不具合が発生したため、 再送させていただきます】

探究型プログラミング学習(探プロ)のコンテンツを開発・提供するtanpro-lab(タンプロラボ 代表:小笠原記子)は、ゴールデンフィーク中の2日間、幼児から小学生を対象としたプログラミングワークショップを開催します。
子どもたちにとって身近な家や街といったテーマを題材に、カラフルな電子ブロックのlittlebitsやレゴ(R)ブロックを使って五感をフル活用しながらプログラミングの"考え方"を学ぶワークショップです。

幼児〜小学校低学年向けの「楽しい家をつくろう!」では、littleBitsを使ったゲーム「バグを探せ!」で遊びながら、プログラミングの基本的な考え方(アルゴリズム、デバッグ)を学習します。
磁石でつながるlittleBitsを使えば、音が鳴ったりライトが点灯したりするプログラムを簡単に作ることができるので、小さなお子さんでも十分に楽しめます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/25305/4/resize/d25305-4-400173-0.jpg ]


ゲームを楽しんだあとは想像力をいっぱいに膨らませて、littlebitsを使って楽しい家をつくります。
※お子さんの作品は、そのままお持ち帰り頂けます。(littleBitsは除く)
[画像2: https://prtimes.jp/i/25305/4/resize/d25305-4-181993-1.jpg ]


小学校中学年〜高学年向けの「未来の街を旅しよう!」では、littleBitsとレゴ(R)ブロックを使って、プログラムとは何か?アルゴリズムとは何か?といったプログラミングの本質を学習します。
旅のシナリオ作りを通じてアルゴリズムを学び、コンピュータを使わなくても日常生活の様々なシーンの中でプログラミングの考え方が応用できることを実感してもらいます。
[画像3: https://prtimes.jp/i/25305/4/resize/d25305-4-157102-2.jpg ]


■日時
2017年5月3日(水)10:00-11:30(A)、13:30-15:30(B)
2017年5月4日(木)10:00-11:30(A)、13:30-15:30(B)
A:幼児〜小学校低学年向けコンテンツ「楽しい家をつくろう!」
B:小学校中学年〜高学年向けコンテンツ「未来の街を旅しよう!」

■会場
みなとパーク芝浦 リーブラ 学習室E
http://www.minatolibra.jp/institution/

■参加人数
何れも各回8名(要予約※親子ペアチケット)

■申し込み方法
こちらから事前にお申込みください。
[表: https://prtimes.jp/data/corp/25305/table/4_1.jpg ]



■過去のワークショップ事例
「未来の街を旅しよう!」の体験ワークショップの様子はこちら。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=O-aflqRuYUs ]



■主催
tanpro-lab http://tanpro-lab.jp/
NPO法人GEWEL http://www.gewel.org/

■お問い合わせ先
tanpro-lab 事務局 info@tanpro-lab.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る