• トップ
  • リリース
  • コレクションを飾るたのしみを。モジュール構造のディスプレイケース「ディスプレ」誕生。2017年5月16 日より FORCOLLE オンラインショップにて販売開始!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

コレクションを飾るたのしみを。モジュール構造のディスプレイケース「ディスプレ」誕生。2017年5月16 日より FORCOLLE オンラインショップにて販売開始!

(PR TIMES) 2017年05月16日(火)14時20分配信 PR TIMES

株式会社NAITO(本社:愛知県みよし市)は、新規事業創出プロジェクトとして、“すべてのコレクターのために。”をブランドコンセプトに掲げる「FORCOLLE」(フォーコレ)を立ち上げ、第一弾商品として、フィギュアやプラモデルなどのホビーユーザーに向けた、モジュール構造のディスプレイケース「ディスプレ」を開発いたしました。
昨年11月にクラウドファンディングサイト「Makuake」にて「ディスプレ」プロジェクトを公開し、開始約48時間で目標支援金額100万円を達成することができました。
この度、2017年5月16日よりFORCOLLEオンラインショップにて、「ディスプレ」の一般販売を開始いたします。
ラインナップとしては、ベースモジュールを台座としてお手軽に楽しめる「スターターキット」(8,700円〜)と、8種類の規定サイズと2種類のアクリル形状(4枚構成/立方体)から選べる「標準セット」(4,700円〜)など、ユーザーニーズにあわせて豊富なラインナップをご用意しました。

FORCOLLE オンラインショップ:  http://www.forcolle.shop
[画像1: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-231703-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-549529-21.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-384986-1.jpg ]


■「ディスプレ」とは

「ディスプレ」は、100mm×100mm のベースモジュールを最小単位としたモジュール構造により、コレクションのサイズにあわせてホビー感覚で組み立てることができる、新しい発想のディスプレイケースです。
ベースモジュールは、電極ジャックから電源がとれる「プラグインモジュール」と、LED の面発光で光る「サーフェスモジュール」の 2 種類をラインナップいたしました。これらのベースモジュールは床面/天井面に関係なく自由な組合せで連結することができ、コントロールボックスからの制御により照明演出も手軽に楽しめます。
ベースモジュールは、ノンスケールの小型フィギュアや 1/12 フィギュアにちょうどいいサイズなので、コントロールボックスを組み合わせることでベースモジュール単体でも十分たのしめます。

サイズが自由に拡張できる!
小型フィギュアやシリーズモノのコレクションなど、アイテムが増えてきてもサイズの違うディスプレイケースを新たに増やすことなく、ベースモジュールを追加することで、サイズを自由に拡張することができます。フィギュアや大型プラモデルなどの照明演出や、壮大なジオラマ演出も可能です。

LED照明などの演出機能が追加できる!
プラグインモジュールにスポットライト型 LED 照明などの演出モジュールを配置したり、サーフェスモジュールの面発光 LED により十分な明るさで照らしたり、コントロールボックスからそれぞれのベースモジュールに対し 9 パターンの照明演出が可能です。

組合せ自由!ラインナップも続々追加!
モジュール構造によるディスプレイケース「ディスプレ」は、サイズだけでなく、天井面/床面をお好みのベースモジュールで構成できます。
今後ラインナップに追加予定の、プラグインモジュールから小型 LED に直接電源がとれる「ワンタッチ LED コネクタ」や、モーター駆動による「ゆらぎモジュール」や「 ターンテーブルモジュール」などの演出モジュールを組み合わせることで、ディスプレイの楽しみ方もさらに広がります。

[画像4: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-565660-2.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-435143-3.jpg ]



■ベースモジュール


[画像6: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-326907-16.jpg ]

プラグインモジュール
四隅の電極ジャックから電源がとれるモジュールです。専用のスポットライトを電極ジャックに差し込むだけ でスポットライトを点灯できます。また、今後発売予 定の模型用 LED などが集約できる「ワンタッチ LED コネクタ」を使用すれば、模型に埋め込んだ LED に直接電源を供給できます。


[画像7: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-715479-17.jpg ]

サーフェスモジュール
内部に 9 個のチップ LED が配置された、面全体が発光するモジュールです。単体でも十分な明るさで照らすことができ、コントロールボックスの設定により照明演出の幅も広がります。


[画像8: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-449241-18.jpg ]

ブランクモジュール
プラグインモジュールから電子基板を無くしたモジュールです。サイズ拡張用としてプラグインモジュールの代替用にご使用ください。
※電子基板が含まれないため、通電用としてはご使用いただけません。


■コントロールボックス


[画像9: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-854937-19.jpg ]

コントロールボックスSE
「ディスプレ」の” 頭脳” ともいえる、照明演出を制御するコントロールボックスです。ベースモジュールへの電源供給だけでなく、ジョイントパーツで接続されたベースモジュールを 9 パターンの照明演出ができます。ステージ照明のような演出もお手軽に表現できます。
また、集音マイクを内蔵し、声や音、周囲に流れる音楽に反応する「音センサー」による照明演出も可能です。
各ベースモジュールの裏面にある「ID ナンバー」を設定し、コントロールボックスの「ID ナンバー」で照明演出パターンを指定します。1 つのコントロールボックスで、ベースモジュールを最大 10 系統・18 個までコントロール可能です。

<コントロールボックスSE照明演出パターン>

0. 消灯
1. 点灯 照明が継続点灯します。
2. 点滅 照明が一定間隔で点灯と消灯を繰り返します。
3. ゆらぎ 照明の明るさが連続的に変化し、ゆらぎの効果を演出します。
4. 調光(調整) 照明の明るさが段階的に変化します。
5. 調光(固定) 4 の照明の明るさを固定できます。好みの明るさの時に5 に設定します。
6.ID順点灯(ループ) ベースモジュールに設定したID(番号)順に点滅を繰り返します。
7.ID順点灯(リバース) 6 のパターンに、逆ID(番号)順の点滅が加わり、光の往復を演出します。
8. 音センサー1 周囲の音や音楽に反応し、ステージ照明のような光の効果を演出します。
9. 音センサー2 8 と同様です。マイク感度に違いがあります。


■サイズが選べる「標準セット」と「スターターキット」

「ディスプレ」は、フィギュアなどの一般的なサイズにぴったりなディスプレイケースとして、
8 パターンのサイズから選べる「標準セット」をラインナップいたしました。もちろん「標準セット」からの拡張もできます。
また、小型フィギュアなどの台座として、ベースモジュール 1 個とコントロールボックスがセットになった「スターターキット」もラインナップに加え、ベースモジュール単体を追加することで自由に拡張できます。

「標準セット」一覧

[画像10: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-219848-8.jpg ]

※ 標準セットにはコントロールボックスおよびACアダプタは含まれません


■アクリルサイズも拡張「アクリルセミオーダー」近日公開!
今後、お好みのサイズのアクリル板を購入できるセミオーダーシステムも導入予定です。


■今後発売予定のラインナップ

「ディスプレ」は、コレクションライフをさらに楽しんでいただくために、現在開発中の演出モジュールやオプションパーツなど、続々とラインナップに加えていきます。


[画像11: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-281859-20.jpg ]

ゆらぎモジュール
モジュール内部のレンズカットアクリル板をモーターで揺らし、チップ LED の光に「ゆらぎ」の効果を加えることで、「水面」のゆらぎを表現します。天井面にも配置できるため、プロジェクターのような使い方も可能です。


[画像12: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-348932-10.jpg ]

ターンテーブルモジュール
お気に入りのコレクションを発光するターンテーブルに乗せていろいろな角度から楽しむことができます。もちろん回転方向や回転スピードも調整可能です。天地反転もできるので、天井面に配置しアタッチメントを付ければ、ミラーボールやコレクションを吊り下げることもできます。

[画像13: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-631028-11.jpg ]


デコキット
フレームパーツやフィルムシートに特殊な印刷を施し、ディスプレイケース自体を装飾できる「デコキット」もラインナップ予定です。「装飾できるディスプレイケース」で、コレクションの世界観にあわせてディスプレイしたり、専用の撮影スタジオとしても楽しめます。


「ワンダーフェスティバル 2017 夏」に出展します!

[画像14: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-489036-12.jpg ]



2016 年夏から 3 回目の出展となる今回も、開発中の演出モジュールを使用した企画展示はもちろん、「ディスプレ」の直接販売も行います。


■FORCOLLEについて

[画像15: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-103554-14.jpg ]


私たち「FORCOLLE」( フォーコレ)は、「すべてのコレクターのために。(for all collectors.)」をブランドコンセプトに掲げ、2016 年7 月24 日に開催された「ワンダーフェスティバル2016 夏」にてブランドデビューしました。
商品化第一弾として、「ディスプレイをたのしむ」ためのディスプレイケース「ディスプレ」の企画・開発を行い、製造は「MADE IN JAPAN」にこだわり自社工場および関連会社で製造しています。
今後も「演出モジュール」などの継続開発とともに、コレクターのみなさまをはじめ、オリジナルガレージキットなどの立体造形を制作されているクリエイターのみなさまにもワクワクしていただけるアイテムを開発・販売してまいりますので、ご愛顧のほどよろしくお願い致します。
製品の発売情報などはFORCOLLE ホームページ、twitter で随時配信していますので是非フォローをお願いします。

・FORCOLLE ブランドサイト http://forcolle.jp
・FORCOLLE オンラインショップ http://www.forcolle.shop
・twitter https://twitter.com/forcolle_jp
・ instagram https://www.instagram.com/forcolle_jp/

※「FORCOLLE」および「ディスプレ」は株式会社 NAITO の登録商標です。

[画像16: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-206302-15.jpg ]



オリジナルキャラクター
「あいりちゃん」


リリースに関するお問合せ
株式会社 NAITO FORCOLLE 運営事務局
forcolle@forcolle.jp

FORCOLLE オンラインショップに関するお問合せ
株式会社 NAITO FORCOLLE オンラインショップ
shopmaster@forcolle.shop


[画像17: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-253421-22.jpg ]

[画像18: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-738190-23.jpg ]



[画像19: https://prtimes.jp/i/25101/4/resize/d25101-4-562496-24.jpg ]



■「ディスプレ」プロモーションビデオ

[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=HHYtyrj8F8M ]




■「ディスプレ コントロールボックスSE 照明演出パターン」

[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=jzSzJLo5nM4 ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る