プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

カクテル“ツウ”は「カッコイイ」82.7%

(PR TIMES) 2017年05月11日(木)11時26分配信 PR TIMES

[ カクテル最旬リサーチ / 5月13日はカクテルの日 ]


 MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(以下MHD、本社:東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビル13階、代表取締役社長:ジェイムズ・ペイトン)は、カクテルの日(5月13日)を前に「カクテル最旬リサーチ」を実施しました。調査対象は20代〜40代のビジネスパーソン男女600名です。その結果を、以下の通り発表いたします。

Topics
人気カクテルTOP3は「カシスオレンジ」「ハイボール」「スクリュードライバー」
ハイボール、2人に1人が「カクテルじゃない」と思っていたことが判明!
カクテル”ツウ”は「カッコイイと思う」は驚きの82.7%!
カクテル最大の魅力は「種類・楽しみ方の多さ」
75.4%が「自分でカクテルを作ってみたい」

[画像1: https://prtimes.jp/i/24545/4/resize/d24545-4-344822-5.jpg ]


■人気カクテルTOP3は「カシスオレンジ」「ハイボール」「スクリュードライバー」
 本調査対象者となる20代〜40代のビジネスパーソン600名に対し、好きなカクテルについて聞いたところ、1位が「カシスオレンジ」(54.8%)、2位が「ハイボール」(54.3%)、3位が「スクリュードライバー」(42.8%)という結果になりました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/24545/4/resize/d24545-4-600128-6.jpg ]

■ハイボール、2人に1人が「カクテルじゃない」と思っていたことが判明!

[画像3: https://prtimes.jp/i/24545/4/resize/d24545-4-833312-4.jpg ]

 
 続いて、「ハイボールがカクテルの一種であることを知っていたか」について尋ねたところ、半数以上にあたる53.8%が「知らなかった」と答え、カクテルに馴染みのある人※でも、2人に1人が誤認していることが明らかになりました。
 「カクテル」と「ハイボール」は、それぞれ異なるジャンルという一般認識が広がっているケースは意外と多いのかもしれません。

※本調査対象者は全員、カクテルの飲酒頻度が「週に1回以上」の方。

■カクテル”ツウ”は「カッコイイと思う」は驚きの 82.7%!

[画像4: https://prtimes.jp/i/24545/4/resize/d24545-4-344822-5.jpg ]

 本調査対象者全員に対し、「カクテルをよく知っている・詳しい人は、カッコイイと思いますか?」と聞いたところ、「かなりそう思う」39.2%、「まあまあそう思う」43.5%を合わせた、82.7%の人が「カッコイイ」と答えました。カクテルは、その「種類」や「組み合わせ」が豊富であるがゆえに、見聞きしたことのない商品と出会うこともしばしばあり、実際、その経験有無についても全体の80.3%が「ある」と答えました。歴史が深く、専門性の高い領域だからこそ、バーテンダーや詳しい友人を「カッコイイ」と感じる側面があるのかもしれません。

Q. あなたがカクテルについて詳しい人を「カッコイイ」と思った瞬間・エピソードは?
・自宅で簡単なカクテルを作ってご馳走してくれた時(29歳・女性)
・ベースのお酒に詳しく、こんなカクテルが飲みたい、というといくつか提案してくれるとき(30歳・男性)
・飲みたいもののイメージを漠然と伝えただけで、んじゃ、あなたに合うのはこれだよ、と言われたときはドキッとした(34歳・女性)
・シャカシャカとシェイクしているとき(35歳・女性)/シェイクして差し出されたとき(46歳・男性)
・カクテルを作って提供してくれる際にカクテルの名前と何の種類のお酒をベースにしたとかカクテルの由来をフランクな感じで説明してくれた時(45歳・女性)
・黙って黙々と仕事をしているところ(42歳・男性)
・さりげなく私好みのカクテルを注文してくれたとき(37歳・女性)

■カクテル最大の魅力は「種類・楽しみ方の多さ」「自分でカクテルを作ってみたい」は 75.4%

[画像5: https://prtimes.jp/i/24545/4/resize/d24545-4-941418-3.jpg ]


 

 本調査対象者全員に聞いた「カクテルの魅力」に関する質問では、「種類が豊富」62.0%、「いろんな楽しみ方がある」54.3%、「美味しそう」42.8%がトップ3に選ばれました。


[画像6: https://prtimes.jp/i/24545/4/resize/d24545-4-592021-7.jpg ]

 カクテルづくりへの意向について聞いた質問では、4人中3人にあたる75.4%が「自分で作ってみたい」と答えるなど、その意向は高くあることがわかりました。
 作る人の技量が問われるマティーニのようなカクテルは、実際に作るとなるとハードルが高いですが、ウイスキーを炭酸で割るだけのハイボールのようなカクテルはバーベキューや”宅飲み”など、様々なシーンに浸透しています。
 新しい飲み方を取り入れるなら、“手に届く範囲”で、苦労せず、心地よく味わいたい。そんな消費者像が垣間見える結果となりました。
 タリスカーでは、ハイボールに黒胡椒を使った、誰でも簡単に作ることができる、新感覚の「タリスカースパイシーハイボール」を提案しています。

【調査概要】
調査名:カクテル最旬リサーチ [ カクテルに関する実態調査 ]
調査期間:2017年4月26日(水)〜 4月30日(日)
調査方法:オンライン調査
対象者・属性詳細:
[性別]男性(n=300)50.0%、女性(n=300)50.0%
[年代]20代(n=200)33.3%、30代(n=200)33.3%、40代(n=200)33.3%
[対象]カクテルの飲酒頻度が「週に1回以上」


[画像7: https://prtimes.jp/i/24545/4/resize/d24545-4-772025-2.jpg ]



ブラックペッパーを使った、一段と”スパイシー”なカクテル体験を。
“タリスカースパイシーハイボール”


[画像8: https://prtimes.jp/i/24545/4/resize/d24545-4-542804-1.jpg ]


スコットランド・スカイ島の自然が生み出したタリスカーは、海のような潮の風味と黒胡椒を思わせるスパイシーさが感じられる独特な味わいを持つ個性的なシングルモルトスコッチウイスキーです。

タリスカーのハイボールに黒胡椒をひと振り。
タリスカーのスパイシーハイボールは黒胡椒のスパイシーさが食欲をかきたて、食前はもちろん食中酒としても最適です。

対象ウイスキーの購入で、こだわりの黒胡椒の燻製と特製ペッパーミルが当たるキャンペーンも開催中です。
(6月30日まで)
[ キャンペーンサイトURL: https://talisker-online.jp/cp/2017/blackpepper/ ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/24545/4/resize/d24545-4-874181-0.jpg ]


タリスカースパイシーハイボールは、国内最大級のお酒の祭典「東京インターナショナルバーショー」でもお楽しみ頂けます
タリスカーは、2017年5月13日(土)・14日(日)の2日間に行われる、注目を集めるお酒の祭典「東京インターナショナルバーショー」に出展。
「タリスカースパイシーハイボール」の試飲体験や、バーテンダー・保志雄一氏(銀座・バー保志)による、タリスカーを使ったカクテルパフォーマンスを実施いたします。


[「BarShow」公式サイトURL: http://tokyobarshow.com/ ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る