プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

NTTアドバンステクノロジ株式会社

事務作業の自動化ツール「WinActor」に英語版登場!

(PR TIMES) 2017年05月17日(水)16時25分配信 PR TIMES

〜 RPAツールとして外資系や海外企業への導入を視野に 〜

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、2014年から販売していた「WinActor(ウィンアクター)」の英語版を5月22日(月)から販売開始いたします。これにより、外資系企業や海外企業の皆さまにもご利用いただけます。

「WinActor」は、働き方改革、業務の効率化を検討する企業への貢献するツールとして最近注目されているRPA*1ツールのひとつであり、金融業から物流・小売業と幅広い分野の企業に導入されています。
このたび、パートナー企業各社やお客様から、英語版を開発してほしいという強いご要望をいただき、「WinActor」の英語版を販売いたします。
■WinActorについて
「WinActor」は、Windows(R)アプリケーションの操作を簡単に自動化し、業務の効率化を図ります。
これにより、これまで人手でないと作業できないと思われてきた複数システムにまたがるデータの投入を自動化し、人手作業における効率を大幅に改善します。
同様に、業務システムが個別に開発され、システム間で連携できずに人手による処理量が大きい場合や、作業は単純でもノウハウが必要なため初心者の作業効率があがらない場合にも効果を発揮します。
「WinActor」は、業種や会社の規模に関わらず、幅広い業務で活用いただけます。今回の英語版販売開始により、日本で好評だった「WinActor」のさまざまな機能を海外オフィスでも活用いただけるようになります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/23654/4/resize/d23654-4-593881-0.jpg ]

*1) ロボティック・プロセス・オートメーション
※「WinActor」は、NTT研究所の技術を元に、NTT-ATで製品化した商品です。

■導入事例
「WinActor」の導入事例を紹介します。
◇受発注計画書データのシステム投入(データ入力の作業量を95%削減)
 計画書(Excel)の内容を複数の社内システム(電子決裁と経理システム)へ自動入力。
◇ ECサイト、SNSサイトの商品情報更新(数千件/月の作業を完全自動化)
 商品伝票(Excel)を読み込み、ECサイト、SNSサイトの商品情報を入力の上、アップロードするまでを自動化。
◇ 注文書のシステム投入と発注伝票作成(データ入力と伝票作成の作業を75%削減)
 大量の注文書を受注管理システムに自動投入。さらに、システムからデータを取り出し、不要な情報をマスキングして発注伝票作成を自動で実施。
◇小売りチェーン店における商品要望書のシステムへの登録作業と結果レポート作成(要望書の登録作業、及び、管理システム開発が不要。)
 従来、企画部門が取りまとめを行っていた多数店舗からの商品に関する要望書を、要望書が店舗から特定フォルダに提出されたタイミングで管理システムに自動登録。結果を企画部門にレポートする作業まで自動化。
◇開発試験データ入力と試験成績書(データ入力の作業を95%削減)
 試験データを開発システム画面に入力し、画面遷移を評価、評価結果を試験成績書に記載。

■今後の展開
今後、英語版を販売することで、2017年度に3億円の売り上げを見込みます。

※記載された商品名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

<English>
NTT Advanced Technology Corporation
English version of WinActor, a product of RPA tool, now available
for desk work automation of foreign companies in Japan and overseas companies

NTT Advanced Technology Corporation (NTT-AT; Head Office: Kawasaki-shi, Kanagawa, Japan;
President and CEO: George Kimura) on May 22, 2017 will begin marketing the English version of
WinActor, a product that the company has been selling in Japan since 2014. This English-version
makes WinActor accessible to foreign companies in Japan and overseas companies.

WinActor is one of the RPA*1 tools which have recently begun attracting attention from
companies that are exploring ways of reforming working styles or improving work efficiency,
and which have been introduced by a wide range of industries such as finance, distribution,
and retailing.

In response to strong demand from our partner companies and customers, we have developed
and will start offering an English-language version of WinActor.

*1) RPA: robotic process automation

■ What is WinActor?
WinActor is a tool that enables users to easily automate operations on Windows(R) applications.
It can automate data input across multiple systems, a task that hitherto could not be performed
without human intervention, resulting in a dramatic improvement in work efficiency.
WinActor is also effective for cases where different business systems cannot work together
because they have been developed independently and, thus, there is heavy dependence on
processing by workers; and for tasks that cannot be carried out efficiently by novice workers
because even apparently simple tasks call for special skills.
WinActor can be used for a wide variety of tasks, irrespective of the industry or the size of
the user company. Now that the English version is available, workers in offices overseas can
access the various WinActor functions, which have been well accepted in Japan.
[画像2: https://prtimes.jp/i/23654/4/resize/d23654-4-964433-1.jpg ]

*WinActor is a product developed by NTT-AT based on NTT Laboratories technologies.

■ Introduction examples
Examples of introducing WinActor are listed below:
• Inputting of sales order plan document data into a system (Data input labor reduced by 95%)
WinActor automatically inputs plan document data (Excel) into multiple in-house systems
(electronic approval and a bookkeeping system).
• Updating of product information on an e-commerce site and an SNS site (Updating of several
thousand data items per month fully automated)
WinActor automatically reads product forms (Excel), inputs product information into the relevan
e-commerce files and SNS files, and uploads these files.
• Inputting of order slip data into a system and creation of order forms (Data inputting and
order form creation labor reduced by 75%)
WinActor automatically inputs data from a large number of order slips into the order sales
management system. In addition, it automatically retrieves data from the system, masks
unnecessary information, and creates order forms.
• Inputting of product request form data into a system and creation of result reports at retail
chain stores (No labor needed for inputting product request form data and development of the
management system)
Conventionally, the planning department collected product request forms from a number
of stores.
WinActor automatically inputs request form data into the management system at the time when
each store inputs request forms into a specific folder. It also automates reporting of results to
the planning department.
• Inputting of development test data and creation of test certificates (Data inputting labor
reduced by 95%)
WinActor inputs test data to relevant development system windows, evaluates transitions
of those windows, and inputs evaluation results to a test certificate.

■ Future prospects
As a result of launching the English version, we expect sales of 300 million yen for fiscal 2017.

Note: Trade names and product names that appear in this document are registered trademarks
or trademarks of the respective companies.



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る