• トップ
  • リリース
  • アルビレックス新潟シンガポール、シンガポール政府管轄のSport SingaporeとMOUを締結

プレスリリース

  • 記事画像1

ALBIREX SINGAPORE PTE LTD

アルビレックス新潟シンガポール、シンガポール政府管轄のSport SingaporeとMOUを締結

(PR TIMES) 2017年04月17日(月)12時14分配信 PR TIMES


プレスリリース[スポーツ]
報道関係者各位

アルビレックス新潟シンガポール、シンガポール政府管轄のSport SingaporeとMOUを締結

[画像: https://prtimes.jp/i/22446/4/resize/d22446-4-733254-0.jpg ]


 Albirex Singapore PTE LTD (本社所在地:シンガポール、CEO是永大輔)はSport Singapore(本社所在地:シンガポール、CEO Lim Teck Yin)と、サッカー普及事業ActiveSG Football Academyにおける覚書を締結しましたのでお知らせいたします。

これによってAlbirex Singapore PTE LTDはSport Singaporeと「Albirex-ActiveSG Football Program」を設立します。6〜12歳の子どもたちを対象として、週に2回、共同でサッカー教室を開催。また、参加する選手や指導者には、海外研修の場として新潟県でトレーニングや文化交流活動の機会が提供されます。

【ActiveSG Football Academyとは】
シンガポール政府、Ministry of Culture, Community and Youthの管轄下であるSports Singaporeが主導するサッカー普及プログラム。育成年代におけるシンガポールサッカーの普及と振興を目的として設立され、シンガポール国内9ヵ所に設置されたトレーニングセンターで6歳から17歳までの子どもたちがプレーしています。

【是永大輔コメント】
「我々がシンガポールサッカーの発展に尽力していることを評価していただいたことで、Sport Singaporeと覚書を締結できたことをとても嬉しく思います。クラブ創設から14年、シンガポールサッカーに貢献してきましたが、名実ともにローカルクラブになるという目標に向けた大きな一歩となります。
我々は、スポーツを通じて日本とシンガポールの架け橋となることを目的として存在しています。今年で4年目を迎えるYuhua Albirex Football Academy(YAFA)、そして今回のAlbirex-ActiveSG Football Programは、我々の社会貢献活動の大きな二つの柱となります。これを機に、シンガポールの皆さまの力になれるようさらに尽力していきます。」

【ActiveSG, Chief, Lai Chin Kwang氏コメント】
「長年にわたりシンガポールのグラスルーツサッカーの発展に寄与しているアルビレックスとパートナーシップを締結することができ、とても嬉しく思います。彼らの知識やアイデアを共有できることを楽しみにしています。
このパートナーシップでは、サッカー教室の開催だけではなく、参加者や指導者にアルビレックス新潟でのトレーニングや文化交流の機会をも与えられます。アルビレックスは私たちと同じ信念を持っています。サッカーやスポーツをすることによって、異なったグループやコミュニティーが一緒になれるということです。参加するシンガポールの子供たちには、単にサッカーをするだけではなく日本から来ている仲間たちと積極的にコミュニケーションをとり、日本の文化を学んでもらいたいと思っています。 」

【備考】
 Albirex Niigata Football Club (S)が誕生して14シーズン。2016年にはシンガポールプロサッカーリーグ(Sリーグ)で全てのタイトルを獲得し存在感を強めていますが、立ち上げ当初からスポーツを通して地域を盛り上げる社会貢献活動を拡大しています。
 また、2013年よりジュロンイーストスタジアム開催のホームゲーム入場者数1名につき1シンガポール・ドルをホームタウンである Yuhua Community Sports Clubへ寄付しています。
 さらに2014年にはYuhua行政区と共に「YAFA(Yuhua Albirex Football Academy)」を設立。子どもたちのサッカー技術の向上とサッカーを通じた人間形成を目的に活動を行っています。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る