プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社コムネット

【離職率ゼロ!】表彰式に取り入れたい≪成果発表会≫

(PR TIMES) 2016年11月22日(火)14時00分配信 PR TIMES

イベント制作を手掛ける株式会社コムネットは、社員総会・表彰式等で導入できるプレゼンテーションコンテンツの制作を発表しました。

居酒屋甲子園を始めとした業界活性化イベントを手掛ける株式会社コムネット。この度、自社内でも取り入れられるプレゼンテーションコンテンツの制作を発表しました。社員の離職率低下、アルバイトから社員への定着率の向上、多くの効果が望めるコンテンツです。毎年行っている社員総会に取り入れることも可能です。
[画像1: http://prtimes.jp/i/22263/4/resize/d22263-4-535206-0.jpg ]

■コムネットについて
関東を中心に全国で多くの企業イベントを行う株式会社コムネット。
今年で11年目を迎える「居酒屋甲子園」や来年春には幕張メッセで開催を予定している「建設職人甲子園」等、業界を活性化するプレゼンテーションイベントの制作をどこよりも先駆けて牽引してきました。

今回はそんなプレゼンテーションイベントを、自社内で行える≪成果発表会≫のご紹介です。
詳しくはこちら<http://www.comnet-co.com/service/staff_forum/>

[画像2: http://prtimes.jp/i/22263/4/resize/d22263-4-974156-1.jpg ]


■成果発表会とは?

飲食店、美容院、アミューズメント施設等、チェーン展開されているお店に向けたコンテンツです。全店の中で優秀な取り組みをしている店舗に「なぜ良い成績を残しているのか」「仕事に向かう姿勢」「同じ店舗で働く仲間への想い」を他の店舗の方に向けて発表・共有し、お店同士で結束力や仕事への意識を高めるイベントです。
詳しくはこちら<http://www.comnet-co.com/service/staff_forum/>

[画像3: http://prtimes.jp/i/22263/4/resize/d22263-4-371309-2.jpg ]



■成果発表会の効果

1.継続的なモチベーションUP

自分たちの取り組みを発表する場を得ることで、日々の業務の取り組みに変化が表れます。また、発表店舗が自分たちの仕事の価値について語る事で、改めて仕事に向かう姿勢についての気づきが得られ、本質的なモチベーションアップに繋がります。

2.ノウハウの共有

優秀な成果を収めた取り組みを全社で共有できるので、プレゼンテーションを聞いている他の社員様には学びを得られます。また、ただ行った事ではなく、その過程に起きたドラマと共に共有する事で明日からの行動に繋がります。

3.チーム力の向上

店舗の方々でプレゼンテーションを作っていくためには、改めてお互いを知る必要があります。プレゼンテーション作りの過程の中で本音のコミュニケーションが促進され、チーム力の向上に繋がります。

4.自ら考え行動する組織へ

プレゼンテーションをするチームは事前に行われるMS(ミステリーショッパー)の調査結果等を基に選出されます。調査結果に対し、どうやったらもっと点数を上げることができるのか、他店はどんなことを行っているのか、店舗が自ら考え、能動的に行動するようになります。

5.離職率の低下

給料の額だけでは図る事ができない、自分たちの仕事の価値に触れる事で帰属意識が高まり、離職率が低下します。
※弊社がお手伝いさせていただいている外食企業様の中で、成果発表会を1年の最後の行事として取り入れることで、アルバイトから社員になる人数が増え、新卒採用のためのコストを0にすることに成功しました!

■プレゼンテーションはどうやって作るのか

現場で働いている人の生の声を届けるため、原則店舗の方自らに書いていただいています。
しかし、初めてのプレゼンテーション、わからないこともたくさんあるかと思います。
そこで弊社がご支援させていただく場合には、最初にオリエンテーションを開催。初めての方でも安心してプレゼン作りに向かえられるように致します。
また、その後は3回のフィードバックを行い、完成へと導いていきます。

詳しくはこちら<http://www.comnet-co.com/service/staff_forum/>



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る