プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社読売新聞東京本社

「ダリ展」東京展 入場者数30万人突破

(PR TIMES) 2016年11月25日(金)19時14分配信 PR TIMES

「ダリ展」東京展の応援団の石丸幹二さんからお祝いのコメントが届きました!「ダリ展」URL:http://salvador-dali.jp

 国立新美術館(東京・六本木)にて開催中の「ダリ展」東京展の入場者数が11月25日(金)、30万人を突破しましたことをお知らせいたします。当日は、記念セレモニーを執り行い、記念すべき30万人目の来場者に、同美術館の青木保館長より図録と記念品が贈呈されました。
30万人目の来場者 :
[画像1: http://prtimes.jp/i/20940/4/resize/d20940-4-789503-2.jpg ]

秦ひとみ(しん・ひとみ)さん(46歳・主婦)
代表作しか知らないので、今日は色々な作品を見られるのが
楽しみです。本などで見るのとちがって、直接作品を見られる
のは貴重な機会です。

=写真左=秦ひとみさん
=写真右=青木保館長


 本展は、ガラ=サルバドール・ダリ財団(スペイン、フィゲラス)、サルバドール・ダリ美術館(アメリカ、セントピーターズバーグ)、国立ソフィア王妃芸術センター(マドリード)という世界の3つの主要なダリ・コレクションに加え、日本国内の重要作品を加えた約250点の多様な作品で構成されています。日本での本格的な回顧展は約10年ぶりであり、また過去最大規模の展示となります。
 開幕以降連日多くのお客様で賑わっており、毎週金曜日に実施している午後8時まで開館する夜間開館を、毎週金曜日に加え、土曜日も実施しています(入場は閉館の30分前まで)。
 「ダリ展」は、国立新美術館(東京・六本木)にて12月12日(月)まで、残り2週間余りの開催です。この機会に是非、会場に足を運んではいかがでしょうか。

 「ダリ展」東京展の応援団の石丸幹二さんから30万人突破のお祝いコメントが届きましたのでご紹介いたします。

[画像2: http://prtimes.jp/i/20940/4/resize/d20940-4-949619-1.jpg ]

■石丸幹二さん お祝いコメント
ダリ展30万人達成、おめでとうございます。
規格外の世界観、あなたはもう体験なさいましたか。
まだの方は、ぜひとも会場へ。ノックアウト間違いなし!


「ダリ展」応援団 特設ページURL : http://salvador-dali.jp/supporters/


【「ダリ展」東京展 開催概要】

[画像3: http://prtimes.jp/i/20940/4/resize/d20940-4-747906-0.jpg ]

■会期:開催中〜12月12日(月)
■休館日:毎週火曜日
■開館時間:10:00〜18:00 毎週金・土曜日は20:00まで
     (入場は閉館の30分前まで)
■会場:国立新美術館 企画展示室1E
    〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
■主催:国立新美術館、ガラ=サルバドール・ダリ財団、サルバドール・ダリ美術館
    国立ソフィア王妃芸術センター、読売新聞社、日本テレビ放送網、BS日テレ
■共催:ぴあ、WOWOW
■後援:スペイン大使館、TOKYO FM
■特別協賛:キヤノン
■協賛:花王、損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、大和ハウス工業、
    トヨタ自動車、みずほ銀行、三井物産
■協力:日本貨物航空 日本航空
■展覧会に関するお問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
■観覧料(税込)

[画像4: http://prtimes.jp/i/20940/4/resize/d20940-4-675889-3.jpg ]


※団体は20名以上
※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名は無料


■チケット販売場所:国立新美術館(開館日のみ)、チケットぴあ、ダリ展オンラインチケット、
          ローソンチケット、セブンチケット、イープラス、JTBエンタメチケットほか
          主要プレイガイド
          (手数料がかかる場合がございます。)
■展覧会ホームページ:http://salvador-dali.jp



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る