• トップ
  • リリース
  • 20〜50代の男女に聞く「夏バテ対策に関する実態調査」―なぜ「うなぎ」「豚肉」が夏バテに良いかご存知ですか?

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

大正製薬株式会社

20〜50代の男女に聞く「夏バテ対策に関する実態調査」―なぜ「うなぎ」「豚肉」が夏バテに良いかご存知ですか?

(PR TIMES) 2016年08月26日(金)13時32分配信 PR TIMES

うなぎ、豚肉ともにビタミンB1がその鍵 うなぎ4匹分のビタミンB1をたった150円で手に入れる方法とは?

■実施時期 2016年8月5日(金)~ 8月8 日(月)  ■調査手法 インターネット調査
■調査対象 全国の20~50代 男女888名 ■サンプル数888名(20代男性111名 女性111名、30代男性111名 女性111名、40代男性111名 女性111名、50代男性111名 女性111名)
大正製薬株式会社(本社:東京都豊島区)は、20〜50代の男女を対象に「夏バテ対策に関する実態調査」を実施いたしました。調査の結果から夏バテ対策に効果的なイメージを持たれている食材は圧倒的に「うなぎ」、次いで「豚肉」ですが、それらを食べる頻度は、うなぎが月に1回以下、豚肉が2〜3日に1回程度であることが分かりました。それぞれ選んで頂いた食材が夏バテに効果的な理由を知らない方が61.3%もいるという結果になりました。


夏バテに効果的なイメージを持たれている食材は「うなぎ」と「豚肉」
ただ、夏にうなぎを食べるのは月に1回以下、豚肉でも2〜3日に1回程度

暑い夏!普段と変わらない生活でも、通勤で汗だくになったり寝苦しい夜が続いたり、食欲もなくなり「夏バテかな?」なんて感じるこの時期。夏バテ対策に効果的なイメージ食材を聞いてみると、第1位「うなぎ」47.7%、次いで「豚肉」が11.3%という結果でした。実際にうなぎ・豚肉にはビタミンB1、ミネラルが多く含まれており夏バテ防止に効果がある食材なのです。よって、うなぎ、豚肉ともイメージどおり夏バテに効果の高い食材として挙げられます。

夏に食べる回数を伺うと、最も多いのは、うなぎが月に1回もしくはそれ以下、豚肉は2〜3日に1回程度という結果でした。夏バテに効果的な食材としてうなぎ、豚肉を毎日食べることができれば良いかもしれませんが、経済的、懐具合を考えると現実的には厳しいという結果になりました。


うなぎ、豚肉が夏バテに効果的な理由は、6割以上の人が「わからない」と回答
実は、ビタミンB1が重要です

夏バテに効果的なうなぎと豚肉。それぞれの食材が、なぜ夏バテに効果的なのかその理由を聞いてみたところ、6割以上の人が理由を良く知らないことがわかりました(61.3%)。

また、夏バテ対策に有効な成分を伺うと、ビタミンB1が最多で、次いでビタミンB2。しかし、もっとも多かった回答は「特にない・分からない」の36.6%でした。夏バテ対策として食材は何が効果的なのかを知っていながらも、成分に関しては食材ほど意識していない結果でした。


夏バテは食欲低下による栄養不足、睡眠不足、暑い場所での運動や仕事で体力を消耗することなどが原因でおこります。偏った食事から栄養バランスが崩れたり、汗をたくさんかくことでビタミン・ミネラルが不足しがちになることが夏バテの原因の一つのため、栄養バランスの良い食事をとることが重要となります。

たとえば、暑さから食欲が低下すると「そうめん」など、あっさりとしたモノだけで食事を済ませたり、冷たい「ジュース」や「アイスクリーム」のような甘いものをたくさん摂ってしまうため、糖質の摂取が増えますが、偏った食事によりビタミンB1が不足していると、糖質からエネルギーへの変換がうまくできません。

睡眠不足への対応としては、照明や部屋の設定温度に気を付けて十分な睡眠をとって、その日の疲れを取ることが重要です。さらに夏はシャワーだけで済ませる方も多いと思いますが、快眠のためには38°C〜40°Cのぬるめのお湯にゆっくりと浸かると副交感神経が活発になり、それがリラックス効果を生むのでぐっすりと眠ることができます。

夏の暑さに身体が対応するため多くのエネルギーが必要なのに、エネルギー不足となっては結果的に身体は疲れてしまいます。夏バテにならない体づくりとして栄養補給をしっかりと行い、睡眠をとって身体を休めることが重要になります。


夏バテに効果的な成分が入った飲料が手軽に買えたら、6割以上の人が「買いたい」と回答

夏バテなどの疲れにも有効な成分が入っている飲料を手軽に購入できたら買いますか?という質問をしたところ、65%の方が「購入したい」と答えました。実際にこの飲料、みなさんがよく知っているドリンク剤が当てはまります。ドリンク剤のユーザー率は47.3%(大正製薬調べ)ですので、それに比べても「購入したい方」は大きく上回っている結果になりました。

ドリンク剤は1本150円前後の商品が多く、ビタミンB1が5mg配合されている商品が主流ですが、この量を食材で摂るとなると、うなぎでは650g(4匹分)、豚肉だと約500g(3〜4人前)に相当します。

国産うなぎだとおおよそ5千円を超える出費、また、一度に4匹分を食すのも現実的には難しいですよね。

ドリンク剤は、コンビニやドラッグストアで手軽に購入でき、冷やして美味しくビタミンB1を摂ることができます。この他ビタミンB6、タウリンなども配合されています。また、食材のように量を気にすることなく毎日の摂取が可能となります。夏バテなどの疲れにもドリンク剤を活用して元気に夏を過ごしましょう!


<以下、調査データ>

[画像1: http://prtimes.jp/i/18500/4/resize/d18500-4-703001-1.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/18500/4/resize/d18500-4-757755-2.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/18500/4/resize/d18500-4-751031-3.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る