• トップ
  • リリース
  • F Ventures、パートナーシッププログラム「F Alliance」発表〜福岡でのIT人材教育、ハッカソンにより起業家創出、開発後のPR支援も強化〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

F Ventures、パートナーシッププログラム「F Alliance」発表〜福岡でのIT人材教育、ハッカソンにより起業家創出、開発後のPR支援も強化〜

(PR TIMES) 2016年05月09日(月)16時59分配信 PR TIMES

 F Ventures(拠点:福岡県福岡市博多区、代表パートナー:両角将太、以下:弊社)(http://f-ventures.vc/)は、パートナーシッププログラム『F Alliance』を発表し、提携企業様とのコラボレーションにより、更なる創業支援体制の強化を実行します。今回は第一弾として、IT人材教育やハッカソンを活用した創業支援及び戦略的広報・マーケティング支援に関するパートナー企業をそれぞれお迎えます。今回に限らず、F Venturesとの協業のご相談があれば、本日より常に受け付けます。
[画像: http://prtimes.jp/i/18441/4/resize/d18441-4-663111-1.jpg ]

■背景

2016年4月4日にF Venturesの活動開始を発表、「福岡の起業環境を整備する」というミッションを背負った今、我々が感じる地方の大きな課題のひとつに、「東京との情報格差」が挙げられます。昨今、SNS等を通じた情報収集が容易となってはいるものの、EXIT (IPOや企業売却)経験者やレベルの高い起業家からの知見や雰囲気は、彼らに直に触れ体験しないと得られないものです。そこで、F Venturesは九州の起業環境を底上げすべく、まずは「IT人材教育」及び「開発環境整備」の2つの側面から多様なパートナー企業をお迎えし体制強化に努めることと決定致しました。

■発表の特徴

【1】IT教育支援(スクールパートナー)
プログラミングスクールと提携し、VC連動型のプログラミング教育を福岡で実施することにより、起業を見据えたIT人材の育成を推進します。第1弾として、ジーズアカデミー(デジタルハリウッド株式会社)及び株式会社div(TECH::CAMP運営)、株式会社インフラトップ(WebCamp運営)とパートナーシップを構築します。ジーズアカデミーはG's CODE-CAFE Fukuoka を開催し、株式会社div はF Ventures代表両角が福岡における講座のメンターとして就任し、主にビジネスモデル構築や事業計画に関するアドバイスを担います。株式会社インフラトップ(WebCamp運営)は、スクール卒業後の腕試しの場として、ハッカソンにおけるテクニカルサポートを担います。また、それぞれのスクールから輩出される起業家候補につき、F Venturesが投資相談も引き受けます。(それぞれのスクール詳細は下部に記載しています。)

【2】「未来の種」創出支援(ハッカソンパートナー)
F Venturesのハッカソンパートナーとして日本アイ・ヒ゛ー・エム株式会社(東京都中央区)をお迎えします。これまで弊社代表両角はIBMをはじめ、トヨタITC、読売巨人軍、ゼンリン、エクシング等、多様な企業様とのハッカソン実施について中心的役割を担ってまいりました。本実績をもとに、九州地域でもハッカソン実施を推進し、ITサービスになり得る「未来の種」を創出してまいります。自らの手でモノを作る経験を着実に積むことにより、起業という選択肢を選ぶエンジニアが次々に出てくることを期待します。韓国政府機関KOTRAやハンファ(韓国の財閥系企業。インキュベーションプログラムであるDreamPlus運営)とも連携し、福岡に近いアジアも交えた多様な視点でのプロダクト創出ができる環境を整えます。

【3】創業支援
F Venturesが創業間もないシード段階からの出資支援を積極的に行います。(投資実行開始時期は2016年7月以降を予定)。本プログラムを通じた出資の前提として、プログラミング教育を履修した起業家や、独学でのアプリやWEBサービス開発経験を有する起業家を投資対象とします。加えて、今後は東京を含む他地域の事業会社・ベンチャーキャピタル・投資家とも連携し、次のステージでの出資獲得に繋げ、事業の更なるステップアップ実現を支援致します。

【4】戦略的広報・マーケティング支援【投資先限定】(PRパートナー)
株式会社PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、以下:PR TIMES、東証マザーズ:3922)、QREATOR AGENT代表の佐藤詳悟氏、株式会社CAMPFIREがF Venturesのマーケティングパートナーとして就任します。地方創業スタートアップ企業の特徴として、優れたサービスを構築しても、適切な広報手法がわからず機会損失を生んでいるケースが多く見受けられます。そこで、PR TIMESはF Ventures投資先に限り、月1回のプレスリリース配信を無償化します。また、福岡においてスタートアップPR基礎講座を定期開催いたします。株式会社CAMPFIREに関しては、代表取締役社長の家入一真氏の地元でもある福岡から生まれるクラウドファンディングプロジェクトの立ち上げ支援・拡散支援を行います。また、新聞掲載実績30回以上、テックメディア50回以上を持つ弊社代表両角による広報講座も福岡で開催し、九州スタートアップのプレスリリース作成支援、マスメディア・テックメディアを問わず多様なメディア紹介、広報戦略の策定をサポートします。さらに、ナインティナインやロンドンブーツ1号2号などのマネージャーを歴任してきた佐藤詳悟氏による起業家個人のブランディング戦略、PR戦略も支援します。

【パートナー一覧】(9社、順不同)
(1)スクールパートナー ・ジーズアカデミー(デジタルハリウッド株式会社)
・株式会社div (TECH::CAMP運営)
・株式会社インフラトップ(WebCamp運営)
(2)ハッカソンパートナー
・日本アイ・ヒ゛ー・エム株式会社
(3)PRパートナー
・株式会社 PR TIMES
・佐藤詳悟氏(QREATOR AGENT代表)
・株式会社CAMPFIRE (CAMPFIRE×LOCAL)
(4)一般パートナー
・株式会社リコー
・Hanwha Group(DreamPlus運営)

【F Ventures概要】
■組合名 F Ventures LLP
■代表者 両角将太
■設 立 2016年2月12日
■所在地 福岡県福岡市博多区上川端町9-159
■URL http://f-ventures.vc/
■事業内容 シード・アーリースタートアップへの出資等

【G's CODE-CAFE Fukuoka概要】
これまで東京で開催してきたG's Academy Tokyoのスピンオフ事業として、初心者がCafeのようにゆったりとCODEを学べる「G's CODE-CAFE」をF Venturesと連携し、福岡でスタートします。ライブ配信でプロ講師のわかりやすいレクチャー+現地でチューターのサポートの2軸でじっくり基礎を学び、Webプロダクトの制作課題を通じてプログラミングの基礎力を創り上げます。Finish課題まで4週間の短期集中コースです。6/26(日)、7/3(日)、7/10(日)の3日間(各6時間)+Finish課題。受付開始は5月20日から。
G's Academy Tokyoは2015年4月創立。社会人・大学生の就職希望者、起業希望者対象に、プログラミングのプロを養成。Webサービスやゲームの専門スクール(学校)です。(http://code-cafe-fukuoka.peatix.com/)

【TECH::CAMP概要】
TECH::CAMPは、未経験からサービスをつくることが出来るエンジニアになるプログラミングキャンプです。未経験者が1ヶ月(100時間)でサービスのプロトタイプを作れるレベルになるまでのスキル習得ができます。webアプリケーションコース、iPhoneアプリコース合わせて、これまでに3000名以上の卒業生を輩出しております。実践的な学習形式、約5000回以上アップデートされた独自カリキュラム教材、わからないところをすぐエンジニアメンターに質問できる環境が、最高のプログラミング学習環境だと高い評価を得ています。受講中はエンジニアメンターの待機している東京・大阪教室に通いたい放題で、チャット・skypeを使ったオンラインでのフォローアップも充実。全員の卒業を目指し、カリキュラムの進捗を随時確認し、遅れが出ている受講者には電話や面談を行いアドバイスをするなどの手厚いモチベーションフォローもあります。福岡校は5月21日から開始予定。(https://tech-camp.in/)

【WebCamp概要】
WebCampは1ヶ月でWebデザイン/プログラミングを学ぶキャンプ形式の短期集中プログラムです。一ヶ月という短期間の中で一人一人が作りたいものを、形にしていきます。挫折がしやすいと言われている領域ですが北九州市立大学との共同研究のもと、WebCampの学習プログラムにおいては一般的なスクールよりも学習継続率200%を達成している実績があります。学習の継続があって、スキルの習得が可能になります。ここまで高い継続率を実現できているのは、オンライン学習と対面講義を組み合わせる反転学習の採用していること、本物の制作案件の共有を受けてお金を稼ぎながら実績作りをする事ができる、多くの人材系の会社をパートナーとして有していおりキャリアサポートが充実している事が挙げられます。福岡校は6月5日開始。(http://web-camp.io/

【PR TIMES概要】
会社名:株式会社PR TIMES
所在地:東京都港区南青山2-27-25オリックス南青山ビル3F
設立:2005年12月
代表取締役:山口 拓己
事業内容:プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(http://prtimes.jp/)の運営
オンライン上で話題化を図るデジタルPRの戦略立案・実施
WEBクリッピングサービス(http://webclipping.jp/)の提供
ソーシャルメディアユーザーのためのモニターサービス「conecc」
https://conecc.jp/)の運営
ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」(https://blogtimes.jp/)の運営
カスタマーリレーションサービス「Tayori」(http://tayori.com/)の運営
URL:http://prtimes.co.jp/

【佐藤詳悟氏略歴】
株式会社QREATOR AGENT(クリエイター エージェント)代表取締役
1983年生まれ。2005年に吉本興業に入社しナインティナインやロンドンブーツ1号2号、COWCOWなどのマネージャーを歴任。番組、広告、イベント、WEBなど幅広くエンターテインメントのプロデュースに関わる。2015年2月にQREATORの総合営業代理店、株式会社QREATOR AGENTを創業。(http://www.qreatoragent.jp/)

【CAMPFIRE概要】CAMPFIREは、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームです。現在までに1600件以上のプロジェクトが 80,000人以上の人々から 総額約7.3億円を集めています。2016年2月に、手数料を20%から、国内最安値の5%に変更しました。手数料をなぜ下げるのか。それは1円でも多くクリエイターの手に渡すため。5000万円のプロジェクトひとつより、50万のプロジェクトを100個、5万のプロジェクトを1000個たちあげたい。声なき人の、小さな挑戦を増やしたい。継続して活動を応援し続けていける居場所をつくりたい。キャンプファイヤーは変わります。小さな火を灯しつづけるために。(URL:https://camp-fire.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る