• トップ
  • リリース
  • 現代の人材育成に新しい風を吹き込む、人材育成アプリ「ブランドアカデミー」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

現代の人材育成に新しい風を吹き込む、人材育成アプリ「ブランドアカデミー」

(PR TIMES) 2017年05月16日(火)11時28分配信 PR TIMES

東京に拠点を置くHRテック系のスタートアップ企業のBrandAcademy(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:ピエール・ゴリス)が、人材の育成、成長の管理、フィードバックの収集を一つのプラットフォームに一元化する人材育成アプリを2017年5月18日(月)に新しくリリースしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/15595/4/resize/d15595-4-124337-1.jpg ]

東京に拠点を置くHRテック系のスタートアップ企業のBrandAcademy(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:ピエール・ゴリス)が、人材の育成、成長の管理、フィードバックの収集を一つのプラットフォームに一元化する人材育成アプリを新しくリリースしました。

仕事観が全く異なるジェネレーションY(Y世代)の雇用と定着に向き合う

従業員の雇用と定着度は、世界中のあらゆる企業が直面している課題です。また、これまでの世代と全く異なる価値観や基準を持つ「ジェネレーションY」が社会に出ることによって、この問題はさらに激化しています。ブランドアカデミーはこの難題に取り組むために、現代人のライフスタイルと理想によりフィットする斬新なモバイルプラットフォームを提供します。

「デジタル化の進展で、世の中の基準や行動が劇的に変わりました。そのため、従来の人材育成法はいずれ通用しなくなります。つまり、トレーニングも時代に順応する必要があるのです。ブランドアカデミーは、現代の働くパーソンに向けて開発されたため効果を発揮します」とブランドアカデミー創立者のピエール・ゴリスは語ります。「少子高齢化による雇用問題を抱える日本企業は、まだまだテクノロジーを活かしきれていません。そのような現状の中、我々は日本市場におけるHRテック業界に激震をもたらすことを狙っています」

[画像2: https://prtimes.jp/i/15595/4/resize/d15595-4-169084-0.jpg ]


【時短、簡単、望む、興味をそそる】トレーニング

高度な学習管理システム(LMS)のブランドアカデミーは、主に4つのコンセプトに焦点を置いています。気軽に時短でも確実に知識を身につけられるマイクロラーニング法、その時に必要とされる知識をタイミングよく「ジャストインタイム」でトレーニングを人材に届けること、コメントとフィードバック機能で現場からリアルタイムで情報を汲み上げること、学習に対する積極性を引き出し、ゲーム感覚で楽しく学習できるトレーニングのゲーミフィケーション。

いつでも、どこでもマイクロラーニング

ブランドアカデミーのデザインはモバイル端末に最適化されているため、すきま時間を有効に使ってスキルを身につけることができます。また数々の研究で、集約して短い単位に区切られた情報の方がより理解しやすく、知識を確実に身につけられることが示されています。このコンセプトを応用して、ブランドアカデミーは数分以内で学習が終えられるマイクロモジュールを用いています。ユーザーが素早く教材に目を通せて、必要な情報を吸収しやすいトレーニングを実現しました。

[画像3: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=15595&t=animationGifImage&f=agd-15595-4-1.gif&img_id= ]


「ジャストインタイム」トレーニングで、必要な知識を必要な時に

ブランドアカデミーの強みは、トレーニングコンテンツの作成から配信までの素早さです。テキストや画像、動画、音声、PDFを統合させた教材コンテンツをドラッグ&ドロップ操作で、簡単にアプリの中で直接作成できます。そして完成次第、組織全体へコンテンツをすぐに配信可能です。このスピードと手軽さによって、実際に必要とされるタイミングで求められる知識を提供する「ジャストインタイム」トレーニングを実施できます。

[画像4: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=15595&t=animationGifImage&f=agd-15595-4-2.gif&img_id= ]


双方向コミュニケーションを助長

ビジネスの原動力であるコミュニケーション。特に、お客様と自ら接し、市場の動向を一番把握している最前線とのやり取りの中に、アイデアが潜んでいる場合が多いです。ブランドアカデミーを使えば、長年培ってきたノウハウをトレーニングとして共有しつつ、コンテンツへのコメントやフィードバック機能を通じて貴重な洞察を現場から吸い上げて、ビジネスヒントを得ることができます。

また、現場に配属されている大半の人がアルバイトや派遣社員であるサービス業や小売業などの業種でも、ブランドアカデミーを通じてボトムアップ型コミュニケーションを促進することで、一体感を高めると同時に、組織の改善と強化に貢献する機会を全員に与えることができます。さらに、組織全体の意見を尊重することで、従業員の組織へ対するロイヤリティーを高められる上、現場で働く人以外は見過ごしていた大事な情報を汲み取れるため、あらゆる面でビジネスを強化します。

ユーザーのモチベーションとエンゲージメントを駆り立てる「ゲーミフィケーション」

学習とエンゲージメントを継続させる仕掛けとして、ブランドアカデミーはゲーミフィケーションを用いています。例えば、レッスンを終えたり、有益な情報をコメントでシェアするなど、ユーザーの行動や参加によってその人にポイントが加算されます。各ユーザーのポイントは、ランキングに反映されるので、同僚と競いながらゲーム感覚で楽しく学べます。

これからのブランドアカデミー

すでにブランドアカデミーは製造業、観光業、高級ブランドを含むあらゆる業界で活躍する数々の企業によって、販売トレーニングや新人研修、組織力向上プログラムなどを実施するツールとして活用されています。今後、さらなる展開を図るため、ブランドアカデミーはパートナー企業や代理販売者を国内外問わず募集しています。また、ブランドアカデミーを通じて研修コンテンツを配信されたいトレーナーの方もご相談ください。

ブランドアカデミーについて

ブランドアカデミーは、人材の育成、成長の管理、フィードバックの収集をひとつのプラットフォームに一元化した人材育成アプリです。他の学習管理システム(LMS)やeラーニングと違い、ブランドアカデミーは人材育成業務を全面的に簡略化する上、トレーニングの配信を通じて《伝える》のみならず、現場から貴重な情報やフィードバックを《吸い上げる》機能を搭載しています。

本社:東京都目黒区上目黒1-3-9 藤屋ビル3F
代表取締役:ピエール・ゴリス
事業内容:人材育成アプリ(LMS)の企画・開発・販売
ウェブサイト:https://brandacademy.co/ja/

Creamデジタルスタジオについて

Creamは、テクノロジーの力を活かして、複雑な課題を打破するソリューションを生み出すデジタル・スタジオです。ブランドアカデミーは、Creamのオリジナル製品です。(www.cream-touch.com/ja/)



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る