• トップ
  • リリース
  • 法人向け営業をもっと効率的に!営業向け働き方改革ツール Sensesが名刺管理サービスSansanと連携

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社マツリカ

法人向け営業をもっと効率的に!営業向け働き方改革ツール Sensesが名刺管理サービスSansanと連携

(PR TIMES) 2017年05月23日(火)16時22分配信 PR TIMES

営業向け働き方改革ツールSenses(https://product-senses.mazrica.com)を提供する株式会社マツリカ(本社:東京都品川区、代表取締役:黒佐 英司・飯作 供史)は、Sansan株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)が提供する法人向け名刺管理サービス「Sansan」とAPIによるツール間のデータ連携を開始したことを発表します。
今回の連携により、Sansanに取り込んだ名刺の情報を自動的にSensesに取り込み、活用できるようになります。
[画像1: https://prtimes.jp/i/15189/4/resize/d15189-4-246334-0.jpg ]


■ サービス連携の概要
本連携により、Sansanで取り込んだ名刺の情報がSensesのコンタクト情報(顧客情報)に自動同期、反映され、顧客情報をSensesで活用できるようになります。
SensesにはGmailやOffice365 Outlookとのメール連携機能があり、登録した宛先にメールを送ると、自動的に送信内容をSensesに記録します。
名刺情報を自動的にSensesに取り込むことで、メールをはじめとした営業活動の履歴を入力する負荷が軽減、容易になり、現場の営業活動はさらに効率的になります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/15189/4/resize/d15189-4-859749-1.jpg ]


■ サービス連携の背景
営業向け働き方改革ツールSensesは2016年4月にサービスをリリースし、グループウェア連携による入力負荷の軽減やAIを利用したナレッジ活用、直感的なUI/UXなどの点をクライアントに評価いただき、営業管理者だけではなく、営業現場の方に活用されるツールとして導入していただいています。
一方で顧客情報の活用に関して、名刺管理ツールとの連携を要望として多くいただいていたことから、Sansanとの連携機能を開発いたしました。
既存のSFA*(営業支援ツール)では顧客情報を入力する手間があり、営業活動履歴が正しく顧客に紐づいて管理されておりませんでした。今回の連携によって、営業現場は顧客情報の入力負荷が軽減され、管理面ではスムーズに営業活動を把握することが可能になります。
*SFAとはSales Force Automationの略称で、営業活動の管理やプロセス改善を目的に利用される営業支援システムです。

■ 今後の展開について
現在、SensesのユーザーからMAや請求管理ツールとの連携要望を多くいただいています。
Sensesは今後も営業の働き方を改革するために、他のシステム連携との機能開発を進めてまいります。

■ 営業向け働き方改革ツールSensesについて
Sensesは、営業現場の顧客に対する活動履歴を残すことにより、営業活動の確認や分析、ナレッジの共有を行うことができるクラウド型SFAです。月額5,000円/ユーザー〜ご利用いただけます。
Sensesに関するプレスリリース
URL:https://product-senses.mazrica.com/press-release

■ 株式会社マツリカについて
営業向け働き方改革ツールSensesを提供しています。Sensesの導入支援に加え、営業プロセスの見直しや効率的な管理方法のご提案など、企業の営業活動をサポートいたします。
URL:http://www.mazrica.com



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る