• トップ
  • リリース
  • 日本初!独自の人工芝リノベーション工法(ターフリユース)

プレスリリース

  • 記事画像1

オールスポーツ株式会社

日本初!独自の人工芝リノベーション工法(ターフリユース)

(PR TIMES) 2015年08月03日(月)12時27分配信 PR TIMES

人工芝巻取充填仕分機械で、コスト削減!!地球環境に役立つ新工法。

人工芝リノベーション事業を展開するオールスポーツ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長 橋川昌弘)は、独自の人工芝リノベーション工法(ターフリユース)により、充填物を分別し、産業廃棄物を出さない工法を確立しました。
現在、ロングパイル人工芝(サッカー場やラグビー場、アメリカンフットボール場など)は約8年〜約10年のサイクルで張り替え時期を迎えています。その際に、砂・ゴムチップ・人工芝を一緒に産業廃棄物として埋立処分されてきました。同様に、砂入り人工芝(テニスコートなど)においても、砂と人工芝を一緒に産業廃棄物として処分されており、年々産廃処理費は上昇している現状です。

そこで、新工法のターフリユースは、ロングパイル人工芝の分別処理(珪砂・ゴムチップ・人工芝)、砂入り人工芝の分別処理(珪砂・人工芝)を、短納期で撤去作業が可能です。また、分別処理した珪砂・ゴムチップ・人工芝は、再利用し、新設人工芝のコスト削減につながります。他にもゴムチップは、アンダーパットとして利用でき、人工芝はサーマル燃料や球場などの通路やマットにも再利用できます。

分別処理で処分費用を軽減でき、環境問題や資源の有効活用にもつながる、地球環境に役立つ新工法です。

■ ターフマンチャー(人工芝巻取充填仕分機械)概要
[画像: http://prtimes.jp/i/14746/4/resize/d14746-4-401102-0.jpg ]



重量:3,300kg
形式:4サイクルディーゼル
全幅(mm):2,250
全長(mm):2,800
全高(mm):2,100
運搬高さ(mm):3,200





■施工実績
・石川県小松市 末広公園テニスコート(4,511m2)
・茨城県土浦市 ABCテニスアカデミー(1,600m2)
・神奈川県 青山学院大学(緑ヶ丘グランド) サッカー・アメフト場(12,648m2)
・兵庫県 三木総合防災公園 サッカー場(9,512m2)


■本件に関するお問い合わせ
オールスポーツ株式会社
〒260-0034 千葉市中央区汐見丘町13-11創建第2ビル301
代表取締役社長:橋川昌弘(はしかわまさひろ)
TEL.043-301-5512
E-mail:info@allsports.co.jp
オールスポーツ公式ホームページ http://www.allsports.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る