• トップ
  • リリース
  • 日本ソーラーサービシズ合同会社(Sonnedixの投資事業運営会社)、大分県における33MW太陽光発電所のプロジェクトファイナンス契約を締結

プレスリリース

  • 記事画像1

Nippon Solar Services 合同会社

日本ソーラーサービシズ合同会社(Sonnedixの投資事業運営会社)、大分県における33MW太陽光発電所のプロジェクトファイナンス契約を締結

(PR TIMES) 2015年12月11日(金)11時39分配信 PR TIMES

2015年12月8日、日本ソーラーサービシズ合同会社(NSS)(Sonnedixの日本における投資事業運営会社)は、ING Bankをシニアレンダーとする総額121億円のプロジェクトファイナンス契約を締結いたしました。
[画像: http://prtimes.jp/i/13799/4/resize/d13799-4-250179-0.jpg ]



2015年12月8日、日本ソーラーサービシズ合同会社(NSS)は、ING Bankをシニアレンダーとする総額121億円のプロジェクトファイナンス契約を締結いたしました。この融資は、九州の大分県における合計発電容量33メガワット(MW)の大型太陽光発電計画に対するものです。

「今回の融資は、当社にとって日本における最大規模の融資契約締結であり、大きな節目となる。今回の締結を支援してくださったアドバイザーの方々すべてに感謝している。現在、当社では日本における大型太陽光発電計画をいくつか進行させており、今後もこのような融資が増えることを願っている」とNSSのマネージング・ディレクターであるOlivier Renonは述べています。

同発電所は、2016年の第一四半期に建設を開始し、2018年から稼働予定です。建設、運営ともにNSSが管理し、設計・調達・建設(EPC)は株式会社LG CNSジャパンが行います。また、同発電所では、LG製の太陽光発電パネルと東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製のインバーターを使用します。

「Sonnedixは、ヨーロッパの太陽光発電事業ポートフォリオにおいてもING Bankに融資協力をいただいており、同様の関係が当社の日本における運営会社であるNSSとING Bankの間で築かれていくのを目の当たりにして、大変喜ばしく思っている」と当プロジェクトの主たる出資者であるSonnedixのプレジデントFranck Constant氏は語っています。

ING BankのUtilities & Infrastructure Asia代表であるErwin Maspolim氏は、次のように述べています。「この大分の太陽光発電所計画がING Bankの国際的な再生可能エネルギー計画への融資ポートフォリオに加わることは、素晴らしいことである。また、外資銀行による日本国内での最も長い融資期間の太陽光発電所計画向けのプロジェクトファイナンスのひとつとして、NSSの支援が出来ることを、特に光栄に思っている。私どもは、日本やその他のアジア諸国における太陽光発電プロジェクトの成長を確信しており、この分野へのさらなる事業拡大を願っている」

以下のアドバイザーが、日本ソーラーサービシズ合同会社およびシニアレンダーにより任命されました。
法務: アンダーソン・毛利・友常法律事務所、外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ、
金川国際法律事務所
技術: Vector Cuatro
金融モデルおよび税対策:PwC税理士法人、KPMG税理士法人
保険: エーオンジャパン株式会社

【本件に関するお問合せ先】
Nippon Solar Services 合同会社
Matei Alexandru
info@nipponsolarservices.com
http://nipponsolarservices.com/


プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る