プレスリリース

  • 記事画像1

フォーブス・トラベルガイド

フォーブス・トラベルガイド、2017年の格付けを発表

(PR TIMES) 2017年02月24日(金)11時32分配信 PR TIMES

日本の19のホテルと8のスパが格付けを獲得 京都と大阪が新たに格付け対象地域に


世界の175のホテルが栄えある5つ星を獲得
38のホテル、レストラン、スパが新たに格付けを獲得

フォーブス・トラベルガイドは、今年で59年目を迎える同ガイドの2017年度の格付けを発表しました。フォーブス・トラベルガイドは現在も独自の選出システムにより、対象地域で最も優れたホテル、レストラン、スパの評価を行ない、直感的で心のこもったサービスに格付けを授与しています。

2017年度は新たに38のホテルが5つ星、75 のホテルが4つ星を獲得し、85のホテルがお勧めホテルに加わっています。その他にも、7つのレストランが5つ星、16のレストランが4つ星を新たに獲得し、21のレストランがお勧めレストランに加わりました。格付けを獲得した施設の一覧は、http://www.forbestravelguide.com/about/awardwinnersからご覧いただくことができます。

フォーブス・トラベルガイドは現在、アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の42ヶ国を対象に格付けを行っていますが、格付けの対象地域は拡大を続けており、2018年度からは中東とアフリカが加わる予定です。今回からは新たに、京都、大阪、バリ、バルセロナ、ボゴタ、ブダペスト、カルタヘナ、キルデア州(アイルランド)、ダブリン、リマ、リスボン、マニラ、メルボルン、モンテカルロ、ミュンヘン、サンティアゴ、ソウル、サントロペ、シドニー、ヴェネツィア、チューリッヒを含む20都市が対象地域に加わっています。

【日本の状況】
今年は東京がフォーブス・トラベルガイドの対象地域に加わって3年目となるとともに、京都と大阪が新たに加わり、19のホテルと8のスパが格付けを獲得しました。新たに5つのホテル(京都:1、大阪:2、東京:2)が4つ星に輝き、京都と大阪の2つのホテルがお勧めホテルに加わっています。また、4つのスパ(京都:1、東京:3)が新たに4つ星を獲得しました。

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都は、京都で4つ星を獲得した初のそして唯一のホテルとなりました。また、ザ・リッツ・カールトン京都のザ・リッツ・カールトン スパも、4つ星を獲得した唯一のスパとなりました。大阪は、新たに対象地域に加わった今年度、2つのホテル(ザ・リッツ・カールトン大阪、セント レジス ホテル 大阪)が4つ星を獲得しています。

アンダーズ東京とグランド ハイアット 東京は、ホテル部門とスパ部門において、初めて4つ星を獲得しています。コンラッド東京は、ホテル部門においては既に昨年4つ星を獲得していましたが、同ホテルの水月スパは初の4つ星となりました。

マンダリン オリエンタル 東京は、3年連続でホテルとスパの両部門において5つ星に輝き、日本における新記録を達成しました。ザ・ペニンシュラ東京も、スパ部門では3年連続、ホテル部門でも2年連続5つ星を獲得しています。パレスホテル東京も、昨年に引き続きホテル部門において5つ星を獲得しています。
[画像: https://prtimes.jp/i/12756/4/resize/d12756-4-901637-0.jpg ]

【世界の状況】
2017年度は1,463のホテル、レストラン、スパが格付けを獲得し、175のホテルが5つ星、477のホテルが4つ星、237のホテルがお勧めホテルとして選出されています。レストラン部門では、62のレストランが5つ星、176のレストランが4つ星、73のレストランがお勧めレストランの栄誉を獲得しました。また、スパ部門では、56のスパが5つ星、207のスパが4つ星を獲得しています。

2017年度に栄誉に輝いたホテル、レストラン、スパの規模、立地、スタイルはこれまで以上に多岐にわたっていますが、共通して独自のサービスを提供しています。

今回新たに対象に加わった都市では、バリ島が最も多く、16のホテルが格付けを獲得しています。3つのホテル(フォーシーズンズ リゾート バリ アット ジンバラン ベイ、フォーシーズンズ リゾート バリ アット サヤン、ザ ヴィラズ アット アヤナ)が5つ星の栄誉に輝きました。また、10のホテルが4つ星、3つのホテルがお勧めホテルに選出されています。

また、11のホテルが、ホテル、レストラン、スパの全部門において5つ星を獲得しています。アルティラ マカオとフォー シーズンズ ホテル 香港は、ホテル、スパ、2つのレストランに関し、合計4つの5つ星を獲得しました。クラウン タワーズ マカオは、ホテル、スパ、3つのレストランに関し、合計5つの5つ星を獲得しています。さらに、マンダリン・オリエンタル香港とウィン・マカオは、ホテル、スパ、4つのレストランに関して合計6つの5つ星を獲得し、新記録を樹立しています。

ホテル部門において世界で最も多く5つ星を獲得した都市は、マカオ(10)、パリ(10)、ロンドン(9)、香港(8)でした。マカオとパリはともに昨年から5つ星を1つ増やし、昨年に続き最も多く5つ星ホテルを有する都市となりました。

レストラン部門において世界で最も多く5つ星を獲得した都市は、マカオ(11)と香港(8)でした。今回、香港とマカオにおいてそれぞれ2軒のレストラン(マンダリン・オリエンタル香港のマン ワー、インターコンチネンタル香港のヤントーヒン、ウィン・マカオの泓(ミズミ)、クラウン タワーズ マカオのShinji by Kanesakaが新たに5つ星を獲得し、アジアのダイニングシーンは輝きを放ち続けています。

スパ部門において世界で最も多く5つ星を獲得した都市は、マカオ(7)、香港(5)、上海(4)でした。

フォーブス・トラベルガイドのCEOであるジェラルド・J・インゼリロは、次のようにコメントしています。「今年度に星を獲得したホテル、レストラン、スパはフォーブス・トラベルガイド史上最多となり、格付け対象地域も過去最多となりましたが、これらの施設はホスピタリティに非の打ちどころない卓越したサービスを提供しており、『旅行者のホテル体験と世界の旅行産業に積極的に貢献する』というフォーブス・トラベルガイドの使命を浮き彫りにしています。2017年に星を獲得した、一流のサービスを提供する素晴らしいホテル、レストラン、スパを発表することができ、とても嬉しく思います。インターネット上には混乱してしまうような情報を含め、様々な情報が溢れていますが、フォーブス・トラベルガイドは、旅行者の皆様が情報に基づいて決断を下す際に最も信頼できる情報源です。本日発表した栄えあるホテル、レストラン、スパの関係者の皆様にお祝いを述べたいと思います」。

星の格付けについてはhttp://www.forbestravelguide.com/about/forbes-travel-guideをご覧ください。

フォーブス・トラベルガイド2017で星を獲得した施設の一覧はhttp://www.forbestravelguide.com/about/awardwinnersをご覧ください。

フォーブス・トラベルガイドについて
フォーブス・トラベルガイドは、権威ある5つ星の格付けシステムを世界で初めて導入したトラベルガイドであり、1958年の創設以来、旅行業界でホテル、レストラン、スパの最も総合的な格付けとレビューを提供しています。専門の調査員が800もの厳格で客観的な基準を基に匿名で評価し、旅行者が正確な情報による旅を楽しむことができるよう情報を提供しています。フォーブス・トラベルガイドは、一流のホスピタリティを格付けする世界有数のトラベルガイドです。フォーブス・トラベルガイドの詳細につきましては、www.forbestravelguide.com(英語)をご覧ください。

フォーブス・トラベルガイド ソーシャルメディア:
Instagram: www.instagram.com/ForbesTravelGuide
Twitter: www.twitter.com/ForbesInspector
Facebook: www.facebook.com/ForbesTravelGuide

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る