• トップ
  • リリース
  • フューチャーベンチャーキャピタル、事業承継センターと提携

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社

フューチャーベンチャーキャピタル、事業承継センターと提携

(PR TIMES) 2015年08月06日(木)17時02分配信 PR TIMES

〜中堅・中小企業者の事業承継支援を強化〜

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役:今庄啓二、以下「FVC」)と事業承継センター株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:内藤 博、以下「事業承継センター」)は、近年、中堅・中小企業の重要な経営課題の一つとなっている事業承継ニーズに対して、投資ファンドを活用した支援手法を開発・強化するため、提携いたしました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/11403/4/resize/d11403-4-795595-0.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/11403/4/resize/d11403-4-687276-1.jpg ]



【本提携の背景と目的】
経営者の高齢化や深刻な後継者不足等により、中堅・中小企業にとって、事業承継は重要な経営課題の一つとなっています。高度成長期に創業した会社が続々と経営者交代の時期を迎える一方で、事業承継に対する準備が進んでいない企業は、約6割に達するとも言われています。地域経済の担い手たる、これら中堅・中小企業の承継がうまくいかなければ、会社の成長が止まり、業績の停滞を招くばかりか、地域経済全体の活力が低下する可能性も否めません。

FVCは、創業以来積極的に地方への展開を進め、地方自治体や金融機関等、地域のプレイヤーと連携してファンドを組成し、事業拡大に伴う成長資金ニーズに応えた投資を進めてまいりました。近年では、事業承継を契機に新たな成長モデルを築こうとする地域の中堅・中小企業から、事業承継に伴い先代経営者や取引先等が保有する株式の一時引き受け先として、ファンドに対する新たなニーズが生まれてきています。

しかし、事業承継は、単に先代経営者から後継者へ株式等を引き継ぐ、「ハード面の承継」のみならず、親族間調整、後継者の育成、目に見えないブランド・ノウハウ等を引き継ぐ「ソフト面の承継」を、個別企業の状況に応じて丁寧に対応していく必要があります。そこで、今般、数多くの中堅・中小企業に対する支援実績を有し、事業承継に特化した専門コンサルティング集団である事業承継センターと提携することといたしました。

FVCと事業承継センターは、本提携により、双方が培ってきたファンド運営や中堅・中小企業への投資ノウハウと、事業承継コンサルティングノウハウを融合し、事業承継に課題を抱える企業を「ハード」、「ソフト」両面から支援し、地域経済活性化の一翼を担ってまいります。

■会社概要
商号   : フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
代表者  : 代表取締役社長 今庄 啓二
所在地  : 京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地 烏丸中央ビル
設立   : 1998年9月
事業内容 : 投資事業組合の企画・運営、未上場企業投資業務、コンサルティング業務
URL   : http://www.fvc.co.jp

商号   : 事業承継センター株式会社
代表者  : 代表取締役 内藤 博
所在地  : 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館5階  
設立 : 2011年12月
事業内容 : 事業承継コンサルティング業務、後継者塾の企画・運営
URL  : http://www.jigyousyoukei.co.jp/

【本プレスリリースに関するお客様からのお問い合わせ先】
フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
担当:矢野、鈴木
Tel:03-6205-4388
E-Mail:y-yano@fvc.co.jp



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る