• トップ
  • リリース
  • 未来に繋げたい「ふるさとの食の記憶」3年前水害にあった熊本・坂本町の小さな村の祭りとお供え物、郷土食のイベントを世田谷のカフェが企画・開催(9月24日)

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ギャラリーカフェジョルジュ

未来に繋げたい「ふるさとの食の記憶」3年前水害にあった熊本・坂本町の小さな村の祭りとお供え物、郷土食のイベントを世田谷のカフェが企画・開催(9月24日)

(PR TIMES) 2023年08月24日(木)12時15分配信 PR TIMES

ギャラリーカフェ ジョルジュ(所在地:東京都世田谷区 代表:森真弓)は、3年前水害の被害にあった熊本県八代市坂本町の村の祭りを写真と文章で紹介した「食べて祀って〜小さな村の祭りとお供え物」(坂本桃子著 弦書房)の出版記念イベントを9月24日(日)に開きます。イベントでは著者・坂本桃子さんと熊本出身のイラストレーター・黒河内美帆さんによるトークセッションに加え、熊本の郷土食「だご汁」などの試食、坂本町支援プロジェクトカレンダー原画展示などを行います。
【熊本・坂本町との出会い】
世田谷区のギャラリーカフェ ジョルジュでは、2012年のオープン当初より発酵食を中心とした通常メニューに加え、郷土食イベントを度々開催してきました。北から青森、山形、新潟、石川、京都、島根、岡山、愛媛など。前職で旅行情報誌に携わっていた店主の旅の報告とともに、地方の食を紹介してきました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/115565/3/resize/d115565-3-36e9cc2bc63b7f9d629e-0.jpg ]

ギャラリーとしてアート作家との交流も深く、熊本市出身の黒河内美帆さん(イラストレーター)を通じて、3年前水害にあった坂本町の支援プロジェクトを知ります。それは、坂本町の四季折々のお祭りや伝統行事を黒河内さんのイラストで紹介した2022年カレンダーの企画でした。
[画像2: https://prtimes.jp/i/115565/3/resize/d115565-3-e4aae2bb7ee02c897212-0.jpg ]


その企画者坂本桃子さんが2023年6月に、かねてより取材し記録していた「食べて祀って」を出版することで、店主は、東京でも多くの人に知ってもらいたいと、イベントを企画しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/115565/3/resize/d115565-3-caacadd00b45dc51ed0a-0.jpg ]


【祭りが絆をつくる】
コロナ禍で中止や規模縮小されていた夏祭りが、今年は4年ぶりに完全復活しました。東北三大祭りなど観光としても有名なものから、小さな町の氏神様の例大祭や盆踊りに至るまで、多くの人が夏の風物詩を楽しみました。祭りにはそれぞれ昔から続いていた決まり事や「お供え物」があり、それを語り続けることが、地方を盛り上げることにつながるとの想いを多くの人が強くしています。またその地方ならではの郷土食は、帰省シーズンにメディアでも取り上げられています。

この本では、坂本町出身の坂本桃子さんが、地元のケーブルテレビ局スタッフとして、祭りを取材するうちに、自然と一体となり目に見えないものへの感謝と祈りにあふれた祭りに憧れるようになったとのことが、里、川、山の祭りに分けて、生き生きと描かれています。

そして2021年にはコロナ禍での自粛ムードに追い打ちをかけた豪雨災害で、厳しい状況の坂本町にこそ、祈りの祭りが必要ではないかと、自らオリジナルの祭りを作った経緯にも触れ、人との絆を作る祭りを、細々とでも続けることで、未来に繋げていこうと語っています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/115565/3/resize/d115565-3-ba256a8a5aa465d42f23-0.jpg ]


坂本桃子さん
熊本県八代市坂本町出身。熊本県水俣市在住。西南学院大学卒業後、大分県安心院町の農村民泊に関わる仕事を経て、イタリアの農村でアグリツーリズムを転々とする。ふるさと坂本町にUターンし、地元ケーブルテレビ局に就職。その際出会った集落の小さな祭りに魅了され調査を始める。
「素敵なご縁に恵まれ、お邪魔させていただくことになりました!どんな出会いがあるか楽しみです」

[画像5: https://prtimes.jp/i/115565/3/resize/d115565-3-8cb1c8e353ed5b37a821-0.jpg ]


黒河内美帆さん
熊本県熊本市出身。東京都在住。「honouta」の屋号でアーティスト活動をしている。何気ない日常の中のありふれた風景を、独自の目線でほっこり優しく描く。熊本をこよなく愛し、坂本町支援プロジェクトにはいち早く参加。
「同じ県でも知らないことの多い、坂本町の行事をイラストにするという良い機会をいただけました。イベントでは熊本弁が飛び交いそうです」

[画像6: https://prtimes.jp/i/115565/3/resize/d115565-3-b3b2fb1e8418386e1786-0.jpg ]


ギャラリーカフェ ジョルジュ店主 森真弓
2012年「ギャラリーカフェ ジョルジュ」をオープン。ヨーロッパのカフェ文化に憧れ、五感で心地よいカフェをめざす。音楽、文化、アート、学びなどの各種イベントを1000回近く実施してきた。
「コロナが明け、人と人とが交流したいという思いがさらに強まりました。イベントもある意味、お祭りですね。静かに感動できる瞬間を皆様と共有したいです」


《「食べて祀って」出版記念・郷土食イベント概要》
日時: 2023年9月24日(日)13時〜15時
場所: ギャラリーカフェ ジョルジュ
     東京都世田谷区祖師谷3-36-29佐藤ビル2階(とんかつサボテン2F)
     小田急線祖師谷大蔵駅下車徒歩3分     
内容: 熊本県坂本町の小さな村の祭りのダイジェストをスライドで紹介
    著者・坂本桃子さんと、熊本出身のイラストレーター・黒河内美帆さんの対談(司会・東優夏)
    熊本の郷土食「だご汁」などの試食 写真やカレンダー原画展示 「食べて祀って」本の販売
参加費:3000円(税込)

【店舗概要】
店名  :ギャラリーカフェ ジョルジュ
住所  :東京都世田谷区祖師谷3-36-29佐藤ビル2階
電話  :03-6411-4333 https://gc-george.com
[画像7: https://prtimes.jp/i/115565/3/resize/d115565-3-b9cac39080c46983b3de-0.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

このページの先頭へ戻る