• トップ
  • リリース
  • 歯の一部を失ってしまった方へ。全く新しい発想から生まれた第3の義歯「3DR」に、ボタンタイプ新登場。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

テンデント・インターナショナル株式会社

歯の一部を失ってしまった方へ。全く新しい発想から生まれた第3の義歯「3DR」に、ボタンタイプ新登場。

(PR TIMES) 2019年03月04日(月)11時40分配信 PR TIMES

「3DR(The 3rd Dental Restoration)」は、欠損歯の周りの健康な歯や顎骨を削ることなく義歯をしっかりと固定し、自分の歯と変わらない噛みごたえをもたらします。これまでの「部分入れ歯」では違和感がある、でも歯や骨を削るのは不安だ、といった患者様に応えて開発した、全く新しい治療法です。この3DRに、ボタンで取り外しできる新タイプが2019年2月に登場しました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/41791/3/resize/d41791-3-290692-9.jpg ]



3DRは、義歯をメカニカル方式でしっかりと固定。複数の健康な歯にピタリと密着させられる高度な歯科技工技術によって、自分の歯と変わらない噛みごたえを取り戻すことを可能にした、全く新しい歯科治療方法です。「部分入れ歯」など、これまで外科的治療を要しなかったものを“第1の義歯”、「ブリッジ」や「インプラント」など、歯や顎骨を削る外科的治療によって義歯を固定するものを“第2の義歯”。3DRは、それらに続く第3の義歯として開発。欠損歯で悩む患者様に新たな選択肢として提供できます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/41791/3/resize/d41791-3-712825-6.jpg ]

■歯にピタリと密着、違和感なく装着
高度な歯科技工技術によって、薄くて丈夫な金属素材を歯の裏側にピタリと密着させるので、付けている違和感がほとんどありません。


[画像3: https://prtimes.jp/i/41791/3/resize/d41791-3-586968-8.jpg ]


■しっかりした噛みごたえを実現
今までの“部分入れ歯”が口内の柔らかな粘膜部分と一部の歯で義歯を支えていたのに対し、3DRは硬い歯で支えるためにグラつくことなくしっかりと固定でき、自分の歯に近い噛みごたえが実現できます。また、複数の歯で支えるので健康な歯を痛めるリスクも非常に小さくなります。


[画像4: https://prtimes.jp/i/41791/3/resize/d41791-3-735707-7.jpg ]


■通院は、初診時と装着時の2回のみ
治療の手順は、専門歯科医により歯列の型取りを行います。その型から歯科技
工士が3DRを作成。そして、完成した3DRを専門歯科医が患者様に装着し、治療
は完了します。その間、およそ30日です。

■口元を美しく保つ
外見からは金属などはほとんど見えず、自然で美しい口元を保ちます。

■普段のお手入れも簡単
普段のお手入れは、自分の歯と同じように歯磨きで磨くだけ。特別な洗浄剤等は不要です。

■数十年間、使い続けられる耐久性
ほとんど劣化しない素材を採用しているので、長期間にわたってお使いいただけます。また、3DRはメンテナンスによって微調整できますので、快適な付け心地をいつまでも維持できます。
※3DRは自由診療です。


テンデント・インターナショナル株式会社

本社〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13番6号 サガミビル2階
事業内容 歯科材料設計・企画及び研修・セミナー運営

お問合せ TEL 045-550-3442(9:00〜17:00 土日祝を除く)
e-mail cs@tendent-intl.com
公式ホームページ https://tendent-intl.com/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る