プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

一般社団法人シンクネイチャー・アーツ&デザイン

「記憶の余韻 〜記憶を紡ぎし曼茶羅の世界〜」のご案内

(PR TIMES) 2020年10月20日(火)14時15分配信 PR TIMES

曼茶羅アーティスト・長尾広美氏 X 天文台が協力する「星の音楽」のコラボレーション!

モダンかつスタイリッシュな幾何学曼茶羅アートで人気の長尾広美氏と、本物の星の光のデータから生まれた「世界でたったひとつの星の音楽」が共演
「健康かつ幸福な状態」を意味するwell-being(ウェルビーイング)と、アートやデザインとの関係を考えるシンクネイチャー(C)・アーツ&デザイン(東京都中央区/理事長:生駒尚美)では、この度、数々のグループ展で人気の曼茶羅アーティスト・長尾広美氏の個展「記憶の余韻 〜記憶を紡ぎし曼茶羅の世界〜」(於:神宮前ギャラリー/東京都渋谷区)開催に際し、コラボレーションを実施する運びとなりました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/40891/3/resize/d40891-3-348080-0.png ]


現役の歯学博士の顔も持つ長尾氏の作品は、歯科医として培った集中力と緻密な手技によって生み出される精緻かつモダンなアート作品です。一方、そのスタリッシュな表現は、医療者ならではの生命観や宇宙観をも感じさせ、現代の暮らしに違和感なく寄り添う「曼荼羅アート」として多くのファンから愛されています。

長尾氏初の個展となる本展では、本物の星の光のデータから生まれたシンクネイチャー(C)サウンドアート「シリウス」(詳細下欄ご参照)が流れる空間のなかで、長尾氏の作品を構成する2つのラインナップ「粒曼荼羅(R)」と「地曼荼羅」を、あわせて約30点展覧予定。一分の狂いもなく描かれた精密極まりない幾何学アートの世界を通じて、人智を超えた大きな自然のリズムと、人間の心のなかにある小宇宙のイメージを感じていただければ幸いです。


展覧会開催概要


長尾広美個展
「記憶の余韻 〜記憶を紡ぎし曼荼羅の世界〜」

■会 期: 2020年10月31日(土)〜11月3日(火・祝)
      午前11時〜19時(最終日は17時まで)/全日作家在廊/会期中休館日なし

■会 場: 神宮前ギャラリー(住所:渋谷区神宮前4-6-11 1F)
      *アクセス:東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅A2出口より徒歩5分      
[画像2: https://prtimes.jp/i/40891/3/resize/d40891-3-569752-3.png ]

                  https://jingumae-gallery.com/access


             【お客様お問合せ】神宮前ギャラリー(TEL/050-3550-0290)

■主 催: アート・ラボ粒(つぶ)【連絡先:ながお歯科クリニック内Tel 03-5963-3780】

■協 力: 一般社団法人シンクネイチャー・アーツ&デザイン

--------

▼曼荼羅アート作品について

長尾氏の曼荼羅作品には大きく2つのラインナップがあります。そのひとつ「粒曼荼羅(R)」は、極細のジェルインクで描いた精緻な幾何学的形象をベースに、数百個〜千個のスワロフスキービーズ、すなわち「光の粒」を貼りこみ、まるで上質なジュエリーのように優美な表情を与えられた作品群。

もうひとつのシリーズ「地曼荼羅」は、形象やシンボル、ラインそのものの力強さやエネルギーに着眼した作品群です。天と地という2つのコンセプトは、「両極の融合」や「相反する要素の共存」「表裏一体」などの概念を表現していますが、哲学的ともいうべき重厚さが、モダンでスタイリッシュな表情と共存しているのも特徴のひとつです。

▼アーティストプロフィール
長尾広美(Hiromi Nagao) | 曼荼羅作家/歯学博士

1964年、東京生まれ。1992年、鶴見大学大学院歯学研究科博士課程卒業の後、都内クリニック勤務を経て、2005年に「ながお歯科クリニック」(東京都北区)を開業。以来、子育て中の家族や子どもたちに寄り添う姿勢と、ワークショップを通じた子どもたちへの歯科教育を通じて、地域の暮らしを支援する歯科医として注目を集める。

一方、医療活動のかたわら、さまざまなアートメソッドを探索。2013年、歯科医として培った集中力と手技を生かし、ジェルインクで描く独自の曼荼羅画スタイルを生みだす。現在、精緻な曼荼羅形象に数百個から千個のスワロフスキービーズを組み合わせた「粒曼荼羅(R)」にくわえ、下絵の持つ力強さにフォーカスし、ラインやシンボルを主体にした「地曼荼羅」の2つの作品シリーズを展開。医療者ならではの生命観や宇宙観を感じさせるモダンなアート作品として、ファンも多い。

2020年、ドラード芸術祭京都展にて審査員特別賞を受賞。

--------
※会場では、長尾広美氏による曼荼羅アート作品(11,000〜55,000円<税込み>)をご購入いただけます。また、シンクネイチャー(C)サウンドアート「シリウス」(5,000〜9,900円<税込み>))並びに、関連グッズ(270〜380円<税込み>)の応援購入も受け付けています。


▼シンクネイチャー(C)・サウンドアート「シリウス」について

[画像3: https://prtimes.jp/i/40891/3/resize/d40891-3-600145-1.png ]

      (写真提供:来夢来人)       (C)SynchNature Arts&Design/Sara


シンクネイチャー(C)サウンドアート「シリウス」は、フランス国立科学研究センターの協力のもと、フランス南東部にあるオート=プロヴァンス天文台(Observatoire de Haute-Provence: OHP)の大型スペクトログラフELODIEがとらえた恒星シリウスの光のデータを可聴化。本物の「星の光」の情報をふくむ心地よい環境サウンドに再構築し、美しい絵本のようなアニメーション映像を添えた心安らぐ環境アート作品です。詳細は、一般社団法人 シンクネイチャー アーツ&デザインのウェブサイト(https://synchnature.com)をご覧下さい。
[画像4: https://prtimes.jp/i/40891/3/resize/d40891-3-794577-4.png ]


現在、全天88の星座にちなみ、88の医療関係機関や福祉施設、子どもや動物たちのためのコミュニティへの無償贈呈プログラムを推進しています。

◆作品制作にあたっては、以下の組織にご協力いただきました。心より御礼申しあげます。
Centre National de la Recherche Scientique (CNRS)Observatoire de Haute-Provence (OHP) / OSU Institut Phytheas / Aix Marseille Universite (AMU)


【プロジェクトに関するお問合せ】
一般社団法人シンクネイチャー(C) アーツ&デザイン
東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビルbizcube7F
E-mail: office@synchnature.com

[画像5: https://prtimes.jp/i/40891/3/resize/d40891-3-380562-2.png ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る