• トップ
  • リリース
  • Luminar のアップデートが、新しい AI 機能とパフォーマンスの改善をもたらしま

プレスリリース

Skylum Software USA, Inc.,

Luminar のアップデートが、新しい AI 機能とパフォーマンスの改善をもたらしま

(PR TIMES) 2020年02月12日(水)09時45分配信 PR TIMES

Luminar 4.1:よりリアルになったスカイ・リプレースメント、ポートレート関連機能の改善など

ショートテキスト:新しいアトモスフィア・ヘイズツール、新しい消しゴムテクノロジー、より洗練されたポートレートAI、および多数の性能改善についてのお知らせ。
ニューヨーク - 2020年1月6日 — Skylumは本日、Luminar 4の最初のアップデートを発表し ました。これにより、ワークフローを簡素化し、機械学習ツールでより多様な調整を可能にするための 機能の追加と改善が行われます。この発売から約12か月後に行われる Luminar 4.1 のアップデートに は、AI スカイ・リプレースメント、消しゴムツール、ポートレート・エンハンサーなどが含まれていま す。 「Luminar 4 が先月発売されて以来、ユーザーの方々が編集した作品を見て、私たちはこれ以上ない興 奮を覚えました。今回の Luminar 4 初の機能アップデートにより、ユーザーの可能性が広がり、画像作 成ワークフローに新しい刺激的なエクスペリエンスが生まれることを期待しています」 - Alex Tsepko、Skylum社CEO。

新しいLuminar 4.1アップデートには、いくつかの新機能ないし機能改善が含まれていますが、特に機 械学習ツールについては、今後の数か月間でさらなるアップデートを行う予定です。


AI スカイ・リプレースメントの新しいアトモスフィア・ヘイズ
Skylumは、Luminar 4で写真編集ソフトに世界で初めて自動で写真の空を置換する機能を搭載しました。AI スカイ・リプレースメントのアトモスフィア・ヘイズは、Luminar 4.1の主要アップデートであり、日中によく見られる大気のかすみを、自然な形で画像に追加できるようにします。


[画像1: https://prtimes.jp/i/40209/3/resize/d40209-3-999551-2.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/40209/3/resize/d40209-3-134028-3.png ]

スカイ・テンペラチャー・スライダーとスカイ・エクスポージャー・スライダーを組み合わせることで、1 つのツールでバランスとハーモニーが完璧に取れた画像を実現できるようになりました。それにより、置き換えられた空と画像の前景の光のバランスをリアルに保ち、より「完成品に近い」結果を実 現することができます。
アトモスフィア・ヘイズは、晴天時の厳しい日差しを含んだ写真を処理する場合に最適です。空が明る すぎる場合、または空の明るさが前景と一致しない場合、より理想に近い画像にするために、かすみが 加えることができます。


[画像3: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=40209&t=animationGifImage&f=agd-40209-3-2.gif&img_id=1581446278851 ]

新しい消しゴムツール技術
正確なオブジェクト除去の新しいテクノロジーにより、消しゴムツールがさらに進化しました。これに より複雑な背景やグラデーションがある場合でも、不要なピクセルを消すことがこれまで以上に簡単に なりました。消しゴムツールのエッジが非常にソフトになったため、新しいアルゴリズムは領域置換においてよりスマートな選択を行います。
[画像4: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=40209&t=animationGifImage&f=agd-40209-3-1.gif&img_id=1581445928415 ]

ポートレート・エンハンサーの改良
Luminar 4 から導入されたポートレート・エンハンサーも、この度機能が改良されました。今後は、集合写真や環境ポートレートのような小さな顔を含む画像など、さらに多くの画像で使用できるようになりました。
調整スライダー 僅かな調整を行う必要がある時、これからは新しい調整スライダーを試してみてください。これは、ツ ールを元の画像とブレンドするのに最適なオプションです。レイヤーツールを使用し、調整スライダー を制御します。
すべての画像レイヤーと調整レイヤーにこの新しい制御ツールがあります。なお、従来の不透明度制御 も引き続き使用可能です。調整スライダーは、レンズ補正、顔のスリム化、目の拡大などの変換ツール を除く全ツールで機能します。
[画像5: https://prtimes.jp/i/40209/3/resize/d40209-3-564614-0.png ]


その他の性能と機能改善


Luminar 4.1 は Adobe Photoshop 2020 を完全にサポートするため、Luminar 4.1 をプラグインとし て、またはスマートオブジェクトを使用したスマートフィルタとして使用できます。
また、Luminar ユーザーの方々のご意見により、メモリ管理、ユーザーエクスペリエンス、安定性など の複数の性能が改善され、Luminar はこれまで以上の進化を遂げました。


アップデートの方法
Luminar 4ユーザーの方々は、Luminar 4.1に無料でアップデートすることができます。

Macでは、トップメニューバーをクリックし、[Luminar 4] > [アップデートをチェック]を選択します。
Windowsでは、トップメニューバーをクリックし、[ヘルプ] > [アップデートをチェック]を選択しま す。

Photoshop、Lightroom Classic、Photoshop ElementsでLuminarをプラグインとして実行してい る場合は、プラグインインストーラを再起動することをお勧めします。

Skylum Software について
Skylumは、米国のニューヨーク、ウクライナのキエフ、日本の東京にオフィスを構える世界的な画像 テクノロジー開発企業です。Skylumの製品は、何百万人もの写真家たちが高品質な画像を素早く作る ことを可能にし、すべてのクリエイティブな操作を人の手に委ねつつ、人工知能の力で写真編集を自動 化します。Skylum チームは、レッド・ドット賞、Apple の年間最優秀賞、TIPAとEISAの「Best Imaging Software」賞およびその他の業界トップアワードを受賞しています。

Skylumの詳細情報につ いては、http://skylum.com をご覧ください。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る