• トップ
  • リリース
  • 【住環境福祉整理 遺品整理の「LifeTie」と在宅訪問薬局の「まんまる薬局」が業務提携に合意。】

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

【住環境福祉整理 遺品整理の「LifeTie」と在宅訪問薬局の「まんまる薬局」が業務提携に合意。】

(PR TIMES) 2018年07月31日(火)13時01分配信 PR TIMES

より高度なエンディングサービスの提供へ

住環境福祉整理 遺品整理を行う株式会社LifeTie(神奈川県川崎市)は、在宅訪問薬局「まんまる薬局」を運営する株式会社hitotofrom(東京都板橋区)と業務提携し、住環境福祉整理を通じた残薬削減に向けた業務提携に合意したことをお知らせいたします。


[画像1: https://prtimes.jp/i/34575/3/resize/d34575-3-711007-0.jpg ]



【提携の背景】
急速に拡大する高齢化社会の影響により、我が国における後期高齢者医療費は年々増加し続けています。中でも、処方された薬剤を大量に飲み残す「残薬」による医療費は年間500億円にも達しており、医療財政の観点からも解決が必要な課題のひとつと言えます。
認知症や疾患を抱えた高齢者にとって、生活環境を整え薬剤を管理するのは周囲のサポートが必要不可欠であり、早急な支援体制の構築が望まれています。


【提携の内容】
このたびの業務提携を通じ、住環境福祉整理のノウハウを持つLifeTieが高齢者の住環境を整備し、その中で発見・回収された残薬をまんまる薬局が適切に整理、処方調整します。
両社が提携することで、在宅で療養する高齢者の生活環境改善と残薬の削減、適切な服薬支援をより効率的に実現することが可能になります。
誰もが人生を最期まで自分らしく過ごせるサポートができる協業体制を目指します。


【住環境福祉整理とは】
本プレスリリースでいう「住環境福祉整理」とは、自力で住環境を整えることのできない高齢者に対して行う、整理・清掃のこと。
認知症や疾患による生活意欲の低下は「セルフ・ネグレクト」とも呼ばれ、本人のみならず周辺住人、近親者へも多大な影響を与えます。


[画像2: https://prtimes.jp/i/34575/3/resize/d34575-3-797745-1.jpg ]

【LifeTieについて】
代表者 : 代表取締役 岩本 大輝
所在地 : 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル4階
URL : http://lifetie.jp
事業内容:遺品整理、生前整理、住環境福祉整理、残置物処分


[画像3: https://prtimes.jp/i/34575/3/resize/d34575-3-693177-2.jpg ]

【まんまる薬局について】
まんまる薬局では「人にこころを届ける」をモットーに、東京都板橋区を中心として在宅医療に真摯に取組んでおります。
私たちは患者様のお薬を管理し、ただお薬を届けるだけでなく、こころを届けて、人生の最期を自分らしく過ごしていただくサポートを致します。

会社名 : 株式会社hitotofrom
代表者 : 代表取締役 松岡 光洋
所在地 : 東京都板橋区上板橋2-40-8 フレンディー上板橋1F
URL : https://www.hitofro.com/
事業内容 : 訪問薬剤サービス・調剤薬局


【お問い合わせ先】
株式会社LifeTie
担当者 : 岩本大輝
問い合わせ先 : info@lifetie.co.jp
0120-961-177



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る