• トップ
  • リリース
  • 神戸開港150年を記念した「五国の味めぐり 摂津フェア」開催神戸の歴史が育む日本酒と西洋料理のマリアージュ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ラスイート

神戸開港150年を記念した「五国の味めぐり 摂津フェア」開催神戸の歴史が育む日本酒と西洋料理のマリアージュ

(PR TIMES) 2017年03月14日(火)16時02分配信 PR TIMES


[画像1: https://prtimes.jp/i/24670/3/resize/d24670-3-597480-7.jpg ]

                  公式HP:https://www.l-s.jp/

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド(代表取締役:関 寛之 所在地:神戸市中央区)は、2017年5月1日(月)〜6月30日(金)までの2ヶ月間、ホテル内フランス料理、鉄板焼2ヶ所のレストランで、摂津地方の食材を使用した特別メニューを提供する「摂津フェア」を開催いたします。第8回目となる今回は、灘五郷の一つ、御影郷に於いて約260年(創業1751年)の歴史を持ち、ノーベル賞授賞式後の晩餐会で振る舞われた日本酒「福寿(ふくじゅ)純米吟醸」の醸造元、神戸市東灘区の神戸酒心館(しゅしんかん)とのコラボレーション企画として、摂津のマリアージュを提供いたします。


 伸びやかな香りと繊細な味わいに加え、口当たりは滑らかで、果実のジュレのように瑞々しい個性の「福寿(ふくじゅ)純米吟醸」を料理に使用し、レストラン「ル・クール神戸」では、 まろやかで自然な甘さの六甲味噌に漬け込んだフォアグラのテリーヌに六甲味噌で作った特製のパン粉をまぶし、ジュレを合わせました。鉄板焼「心」では、地元野菜と鰻を重ね焼きにし、日本酒の味をそのままに塩のみで整えたジュレと共にお召し上がりいただきます。


この他、酒粕や、白身魚のお造りに最適な調味料として製造された「煎り酒」など、酒蔵から生みだされた製品を余すところなく使用した料理を、日本酒のペアリングと共に、ランチ、ディナーでお召し上がりいただけます。
2008年11月の開業以来、1年を5つのシーズンに分け、兵庫の五国を一つずつめぐる人気の地産地消グルメフェア「兵庫のテロワール“五国の味めぐり”」。総料理長が自ら食材探しを行うラ・スイートならではの試み。料理を通して、神戸の歴史・文化を感じていただける2ヶ月間です。

五国の味めぐり 摂津フェアメニュー

レストラン「ル・クール神戸」 Restaurant LE CŒUR KOBE

[画像2: https://prtimes.jp/i/24670/3/resize/d24670-3-706129-3.jpg ]

■摂津フェアディナーメニューより
“福寿 純米吟醸”のジュレ 六甲味噌でマリネしたフォアグラ
伸びやかな香りと繊細な味わいに加え、口当たりは滑らかで、果実のジュレのように瑞々しい個性の“福寿 純米吟醸”を使用しました。まろやかで自然な甘さの六甲味噌に漬け込んだフォアグラのテリーヌとの相性が抜群です。


[画像3: https://prtimes.jp/i/24670/3/resize/d24670-3-833706-4.jpg ]

■摂津フェアディナーメニューより
三田和牛ロース肉のグリエ “福寿 煎り酒”香るコンソメと共に
三田和牛は環境や飼育方法、飼料にも細心の注意をはらい、育てられています。そのこだわりのロース肉を香ばしい網焼きにしました。フランス料理の真髄でもあるコンソメに、酒蔵酒心館ならではの調味料“煎り酒”を加え、香り豊かに仕上げました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/24670/3/resize/d24670-3-523031-2.jpg ]

■摂津フェアランチメニューより
“煎り酒”の香る瀬戸内直送太刀魚のグリエと豆 ラビゴットソース
香り高い”煎り酒”と魚の出汁を組み合わせ、濃厚なソースを作りました。瀬戸内直送太刀魚にその香りと奥深いソースを纏わせてこんがりと焼きあげています。


鉄板焼「心」 Teppanyaki KOKORO

[画像5: https://prtimes.jp/i/24670/3/resize/d24670-3-954588-6.jpg ]

■摂津フェアディナーメニューより
ひょうご味どりとフォアグラの「福寿」酒粕床漬 万願寺しし唐のソースで
ひょうご味どりとフォアグラを地元の酒蔵「福寿」の酒粕と六甲味噌で作った特製粕床に漬けこむことで旨味を一層引き出しています。地鶏は備長炭、フォアグラは鉄板焼きと二つの調理法で焼くことで食感の違いをお愉しみいただけます。

[画像6: https://prtimes.jp/i/24670/3/resize/d24670-3-396981-5.jpg ]

■摂津フェアランチメニューより
地元野菜と鰻の重ね焼き 「福寿 純米吟醸」のジュレを添えて
丁寧にマリネした兵庫県産の季節野菜と、「心」特製のタレに漬けて焼くことで香ばしさと旨味を十分に引き出した鰻を重ねました。塩のみで味を整えた純米吟醸のジュレとともにお召し上がりいただくことで、素材本来の旨味をお愉しみいただきます。

スイーツ&ベーカリー ル・パン神戸北野 Sweets&Bakery LE PAN KOBE KITANO

[画像7: https://prtimes.jp/i/24670/3/resize/d24670-3-726350-1.jpg ]

■摂津フェアデザート アシェット・デセールより
“福寿 純米吟醸”と酒粕のティラミス 生姜のアイスクリーム添え
純米吟醸の酒粕と北海道産マスカルポーネを絶妙なバランスで合わせたティラミスクリーム。アルコールを飛ばした純米吟醸のシロップをたっぷり染み込ませたココア生地には、酸味の効いたフリュイルージュのコンフィチュールを忍ばせアクセントに。上にのせた生姜のアイスクリームと一緒にお召し上がりください。

■レストラン「ル・クール神戸」 TEL 078-371-0055
<営業時間>ランチ11:30〜15:00(L.O.14:00)/ディナー17:30〜22:30(L.O.21:00)
◇摂津フェアディナー:13,000円 
◇摂津フェアディナー:13,000円

■鉄板焼「心」 TEL 078-371-6644
<営業時間>ランチ11:30〜15:00(L.O.14:00)/ディナー17:30〜22:30(L.O.21:00)
◇摂津フェアランチ :メイン1品3,800円、メイン2品5,000円 
◇摂津フェアランチ :4,900円

※消費税・サーヴィス料別


【ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド】
神戸市が推進する都心ウォーターフロント事業の中核をなす国際ホテルとして、神戸市のコンペティションにより選ばれ、2008年11月に開業。2010年5月には、日本のホテルとして初めてスモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(SLH)に加盟。「ミシュランガイド」では、神戸のホテルとして最高評価を6年連続受賞しています。当館は、神戸の象徴的な場所であるハーバーランドに位置し、神戸空港から車で15分、JR神戸駅から徒歩約10分の絶好のロケーションにあります。レストランでは「キュイジーヌ・テロワール(地産地消)」をコンセプトに、地元兵庫の生産者から直送された厳選素材を使用した料理を提供しています。

所在地 :神戸市中央区波止場町7-2
T E L :078-371-1111
F A X :078-371-1110
公式HP:https://www.l-s.jp/

[画像8: https://prtimes.jp/i/24670/3/resize/d24670-3-719567-0.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る