• トップ
  • リリース
  • 米国ホワイトハウスに続き、アイディアスケールが日本政府に導入される

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

日本アイディアスケール

米国ホワイトハウスに続き、アイディアスケールが日本政府に導入される

(PR TIMES) 2017年03月31日(金)10時46分配信 PR TIMES

日本のイノベーションが真に始まるのは、これからだ

"Innovation as a Service"を掲げる日本アイディアスケールが、日本政府でのアイディアスケール導入に成功しました。2020年の記念すべき年に向けて、日本のイノベーションの拠点を作るのは、アイディアスケールです。
日本アイディアスケール(東京都港区、代表:イスル・スバシンヘ)が、日本政府によるイノベーション推進をさらに加速させるため、オバマ元大統領と安倍総理の会談を経て、日本政府がアイディアスケールを導入することになりました。

日本政府は、アイディアスケールを利用して、役所に務める人だけでなく、日本国民全体から日本を変えるアイディアを募集することにしました。

アイディアスケールが選ばれた理由は、以下のようなものです。

【あ】
アイディアスケールは米国ホワイトハウスを発祥とし、2009年に操業を開始しました(実話)。また、金融機関などの安全性を重視する各種企業での導入実績を鑑みて、セキュリティも万全と理解されました

[画像2: https://prtimes.jp/i/23904/3/resize/d23904-3-607684-0.jpg ]



【い】
いつまでも動こうとしない人を動かすためには、アイディアスケールのゲーミフィケーション機能などを通じて、ゲーム感覚で新規事業創出に参加できます。この機能が、前例主義になりがちな役所仕事を溶きほぐすのに有効と判断されました。


[画像3: https://prtimes.jp/i/23904/3/resize/d23904-3-428481-9.jpg ]



【で】
出る杭は打たれるといいますが、アイディアスケールでは、アイディアをすべて公開し、みんなでアイディアをブラッシュアップして素晴らしいアイディアを作り上げることができるので、新米から総理大臣まで、みんなで素晴らしいアイディアを作ることができる点を評価していただきました。


[画像4: https://prtimes.jp/i/23904/3/resize/d23904-3-155418-2.jpg ]



【い】
いてもたってもいられない人は、霞ヶ関にもたくさんいます。アイディアスケールはスマートフォンからもアイディアを投稿することができるので、スマホ時代にぴったりのイノベーションプラットフォームと理解していただきました。

[画像5: https://prtimes.jp/i/23904/3/resize/d23904-3-870860-3.jpg ]



【あ】
明日の風はどこに吹くかわかりませんが、今日の進む道を自分で決めることはできます。もし面白いアイディアがあったら自分からチームに参加できるので、一般市民の参加に有効と判断されました。

[画像6: https://prtimes.jp/i/23904/3/resize/d23904-3-405295-8.jpg ]



【す】
スーパーマンでないとイノベーションを起こせないなんてことはありません。アイディアスケール上では、最初の思いつきを、チームを作ってから得意な分野でプラン作りに参加することができます。このことで、役所だけでは対処しれないアイディアに、外部の知見を通じたプラニングができるなりました。

[画像7: https://prtimes.jp/i/23904/3/resize/d23904-3-302434-5.jpg ]



【け】
ケーススタディを学ぶことで、イノベーションの効率化を進めることができます。アイディアスケールでは、それまで投稿されてきたアイディアがすべて蓄積されます。過去のアイディアを何度も投稿することがなくなり、あるアイディアがなぜイノベーションを起こせなかったかを研究することができます。これにより、役所の無駄を省くことができるものと理解されました。

[画像8: https://prtimes.jp/i/23904/3/resize/d23904-3-840014-4.jpg ]



【ー】


【る】
ルビーやダイヤの原石はどこに眠っているかわかりません。宝石を掘り出すためには、たくさんの人の協力が必要です。アイディアスケールは、外部の人を協力体制を築き、オープンイノベーションを推進するための機能がたくさん備わっています。このことで、今まで隠れていたアイディアを見つけ出すことができると理解されました。

[画像9: https://prtimes.jp/i/23904/3/resize/d23904-3-159674-6.jpg ]



このように様々な機能を備えるアイディアスケールを日本政府に導入していただいたことはとても誇りに思います。

アイディアスケールの詳細は以下のパンフレットをご覧ください。
[画像1: https://www.slideshare.net/ideascalejapan/a4-71710874 ]

【今後の展開】
2017年4月13日に渋谷ヒカリエにて、弊社パートナーとともに、弊社の事業内容及び展開を説明するためのプレス向けカンファレンスを開催いたします。詳細は以下をご覧ください。
http://ideascale-press-conference.peatix.com/

4月1日は、エイプリルフールです。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る