• トップ
  • リリース
  • 健康美への第一歩をウオーキングではじめるおすすめシューズのGEL-MOOGEE(ゲルムージー)新色のご紹介

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

アシックスジャパン株式会社

健康美への第一歩をウオーキングではじめるおすすめシューズのGEL-MOOGEE(ゲルムージー)新色のご紹介

(PR TIMES) 2017年01月27日(金)16時12分配信 PR TIMES

アシックスジャパンは、効率的に歩くことができるよう体重移動しやすい靴底構造を搭載したウオーキングシューズ「GEL-MOOGEE(ゲルムージー)」を昨年2月に発売し、仕事や家事で忙しい日々を過ごす方々から「ウオーキングで心地いい爽快感が得られた!」の声をいただくなど好評を得ており、さらに新色が発売されます。
現在、「効率的な歩行」 に適したモデル、「ロングウオーク」に適したモデル(どちらも男性用・女性用1品番)を展開しており、初年度の販売目標をすでに超えるなど売れ行きを順調に伸ばしています。
そこで今回は、春に向けて健康美を志す方におすすめの当シューズをご紹介します。
【商品のご紹介】
○忙しい現代人には、「効率的な歩行」 に適したモデル

[画像1: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-210815-24.jpg ]


ウオーキングをしたくても、仕事や家事で忙しい現代人が時間を捻出するのは大変なこと。当モデルは、忙しい日々を過ごす方が有意義にウオーキングの時間を過ごせるよう、「はや歩きウオーク」で「効率的に運動する」ことに着目したシューズです。        


[画像2: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-641148-15.jpg ]



1.下り坂を歩くように加速するソール


[画像3: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-859783-27.jpg ]

かかとが接地してから体重移動する際にミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)がたわむ構造に。蹴り出し時に下り坂を歩くように前へ進みやすくなります。アウターソール(外底)にはスムーズな足運びをナビゲーションする屈曲溝と意匠を配しました。


2.身体の上下動を前進する力に
[画像4: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-466148-28.jpg ]

人が歩く際は、身体の上下動を繰り返し前進します。アシックススポーツ工学研究所では、その上下動をスムーズに足運びに連動するよう研究。効率よく前進する力に変えます。


○休日にじっくり長く取り組みたい方には、「ロングウオーク」 に適したモデル


[画像5: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-911974-26.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-360922-25.jpg ]

休日など、20分以上ウオーキングの時間を確保できる場合、長い距離・長い時間を歩く「ロングウオーク」だからこそ、ウオーキング専用シューズがおすすめです。当モデルは、1時間近い「ロングウオーク」も想定し、足にやさしいクッション性と高い安定性をもたせたシューズ。マイペースでじっくりエクササイズできます。

[画像7: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-391593-18.jpg ]



1.芝生の上を歩くように心地よいソール

[画像8: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-162773-29.jpg ]

かかとが接地する際に、ミッドソール(甲被と靴底の間の中間クッション材)がクッション性を発揮。片足の状態で体重移動する際は、靴底の溝で左右のブレを抑えます。


2.一歩一歩の安定性をアップ

[画像9: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-638081-30.jpg ]

人が歩く際、身体の軸は左右に大きく揺れています。つま先で蹴り出し、かかとで接地する際に面で広く路面をとらえる「グルーヴチェンジ構造※」を採用。足元の左右の


ブレをおさえ、安定性を高めます。 ※特許第5923224号


○商品仕様
「効率的な歩行」 に適したモデル


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/23659/table/3_1.jpg ]



「ロングウオーク」 に適したモデル


[表2: https://prtimes.jp/data/corp/23659/table/3_2.jpg ]



○商品紹介ページ
http://www.asics.com/jp/ja-jp/walking/gel-moogee


【ご参考 アンケート調査 】
アシックスジャパンで社会人を対象にウオーキングに関するアンケート調査を実施したところ、ウオーキングの必要性を感じ、実際に多くの方が社会人になってウオーキングをはじめた、などといった結果が得られました。
調査時期 : 2015年12月
調査対象 : 全国各地に居住する30〜50代の男女
調査方法 : インターネット調査

1.事実、ウオーキングを始める社会人が多い!
質問 「社会人になってから始めたスポーツは何ですか?」
[画像10: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-758884-31.jpg ]


1位はダントツで「ウオーキング」。時間を作るのが難しい社会人にとっては、時間と場所を比較的選ばず自分のペースでできる手軽な運動として「ウオーキング」の人気が高いようです。

※「社会人になってから取り組んだスポーツをお答えください」という設問に対する回答の上位3位
※「社会人になってから取り組んだスポーツはなし」という回答を除外した順位
※複数回答(n数200)


2.最も長く“続けやすい”のもウオーキング
質問「3日坊主になりやすいスポーツは何ですか?」
[画像11: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-575029-32.jpg ]


結果は1位「ランニング」、2位「水泳」、3位「ウオーキング」に。つまり、時間と場所を選ばず、より日常に密接な「ウオーキング」が、最も“続けやすいスポーツ”だという結果になりました。

※「社会人になってから取り組んだスポーツをお答えください。その中で、3日坊主の(長続きしなかった)スポーツをお答えください。」という設問に対する回答の上位3位
※複数回答(n数200)


3.意識しているのは20分以上歩くこと
質問「ウオーキング時に意識していることは何ですか?」
[画像12: https://prtimes.jp/i/23659/3/resize/d23659-3-152259-33.jpg ]


「20分以上歩く」が圧倒的多数で1位に。有酸素運動を始めてから代謝が促進し始める時間についての認知が高まっているといえます。

※「ウオーキング時に意識していることは何で
すか?」という
設問に対して最も多かった回答
※複数回答(n数100 ウオーキング習慣があると回答した
人のみ)


■春から、健康美への第一歩を!
デスクワークをする人にとって腰痛は職業病のようなもの。筋力不足や柔軟性不足が重なって姿勢が崩れがちになり、それが腰痛の原因の一つとされています。姿勢を正すことは、腰痛対策になるばかりか、立ち姿や歩き姿の美しさにもつながるポイント。姿勢よく、ハツラツとした春を迎えましょう。

■姿勢改善・腰痛対策にウオーキングを
「ウオーキングがおすすめ。ただゆっくり歩くのではなく少し息が上がるような“早歩き”が効果的です」と語るのは、京都大学大学院医学研究科の青山朋樹准教授。「デスクワークなど長時間座ることの多い方は、骨盤が後傾して猫背になることで慢性的な腰痛につながります。そこで“早歩き”をすると、踏み出す一歩が大きくなって膝や股関節が大きく動くので骨盤は前傾。姿勢改善につながります。また、“早歩き”の方が、より体全体の血流を良くして筋肉をやわらげるため、腰痛予防としておすすめできますね」。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る