• トップ
  • リリース
  • フィジー共和国・南太平洋証券取引所への上場に関するお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

South Pacific Free Bird 株式会社

フィジー共和国・南太平洋証券取引所への上場に関するお知らせ

(PR TIMES) 2017年02月03日(金)09時10分配信 PR TIMES


報道関係者各位
プレスリリース
2017年2月2日
South Pacific Free Bird 株式会社
代表取締役社長 谷口 浩

フィジー共和国・南太平洋証券取引所への上場に関するお知らせ

当社、子会社であるFree Bird Institute Limited(所在地:フィジー共和国、代表取締役社長:谷口 浩)は、本日2017年2月2日に南太平洋証券取引所(South Pacific Stock Exchange)へ新規上場をいたしましたので、お知らせいたします。

2004年にフィジー現地に語学学校を設立し、2010年には法人格を会社法人に改め運営を続けて参りましたが、2017 年1月17日、南太平洋証券取引所(South Pacific Stock Exchange)への新規上場の承認をいただき、本日、2017年2月2日に新規上場をいたしました。ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援、ご高配に心より感謝申し上げます。

今後は、日本の教育機関へのフィジーの英語教員の派遣を次のビジネスモデルとして準備しています。現在、日本国内で働く語学教育従事者は数万人いるのですが、そのほとんどが有資格者ではありません。そこで教員資格はあるものの、仕事のないフィジーの教員に日本での仕事のチャンスを与えることができればと考えております。

さらなる事業の拡大と一層の企業価値の向上を目指してまいりますので、引き続き変わらぬご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/23651/3/resize/d23651-3-191871-0.jpg ]

■Free Bird Institute Limited の企業理念
安価で語学留学したい学生に、質の高い語学留学プログラムを提供したいという理念のもと、2000年から少子化による空き教室の増加に悩んでいたフィジーの公立小学校の空き教室を借り受け設立しました。
設立当初、深刻な失業問題に頭を悩ませていたフィジー政府と共に、教員免許を持った優秀な語学講師を雇用することで、失業問題の解決と共に高品質なサービスを提供するに至りました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/23651/3/resize/d23651-3-176766-1.jpg ]

なお、新規上場に関する詳細につきましては、南太平洋証券取引所のウェブサイトをご覧ください。
http://www.spse.com.fj/

【South Pacific Free Bird 株式会社】
代表者:代表取締役社長 谷口 浩
所在地:東京都新宿区市谷田町2-6-4 エアマンズビル市ヶ谷3F
設立:2004年3月
資本金:6,000万円
事業内容:海外での語学学校の企画、経営・海外での居住地の企画、経営 ・海外での老人ホームの企画、経営 ・損害保険代理業・旅行手続き代理業 ・輸入雑貨販売

【Free Bird Institute Limited】
代表者:CEO 谷口 浩
所在地:Office 1, 1st Floor, Lot 13, Commercial Street, Concave Subdivision Namaka, Nadi, Fiji
設立:2010年 8月
資本金:2,000,000 FJD
事業内容:語学学校の経営

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本件に関するお問い合わせ
South Pacific Free Bird 株式会社(http://www.southpacificfreebird.co.jp/
担当:川村 k.kawamura@southpacificfreebird.co.jp
TEL:03-5227-1167
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る