• トップ
  • リリース
  • ショートアニメ『彼岸島X』ラスト3話を飾る担当声優が『山寺 宏一』に決定!!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ショートアニメ『彼岸島X』ラスト3話を飾る担当声優が『山寺 宏一』に決定!!

(PR TIMES) 2017年02月18日(土)10時39分配信 PR TIMES

特報映像/10話予告映像を同時公開

関連動画の総再生回数が230万回を越えた「彼岸島X」。シリーズ累計700万部を誇るベストセラーコミック「彼岸島」をオリジナルに再構築したショートアニメ作品だ。一人全役、3話毎に声優が交代していくという前代未聞の仕掛けで、これまで『速水 奨』『千葉 繁』『関 智一』といった実力派声優がそれぞれ個性を爆発させながら世界観を膨らませてきた。そんな中、最終話までの3話を担当する声優に『山寺 宏一』が決定した。
『山寺 宏一』と言えばアニメや実写の吹き替えは勿論、タレント業などその活動も多岐にわたり、声優No.1を決めるランキング等でも度々No.1に選ばれ、幅広い世代に支持される日本一有名と言っても過言ではない大人気声優だ。特にキャラクターの演じ分けには定評があり、その演技力と相まって数々の有名キャラクターに命を吹き込んできた。まさに『山寺 宏一』の起用は『彼岸島X』のラストを飾るのにふさわしい、ベストマッチの組み合わせと言えるだろう。

本日、配信された特報/予告動画でもいち早く『山寺宏一』の声を確認することが出来る。
■ショートアニメ『彼岸島X』特報 第四弾声優発表
[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=qP3ddiviJIE ]

■『彼岸島X』#10【猛攻】予告
[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=dZ9HEWeefWg ]



『彼岸島X』を毎回楽しんでいただきありがとうございます。ラスト3話ではこれまで以上に沢山の仕掛けを、そして山寺さんならではの!山寺さんにしか出来ない挑戦もしてもらいました!明と雅の因縁の対決の行方がどうなっていくのか?これまで以上にツッコミどころ満載にしておりますので楽しみにしていてください!」談:製作総指揮/谷口充大

『彼岸島X』は、1〜9話までがyoutube/ニコニコ動画にて絶賛公開中。
[画像1: https://prtimes.jp/i/23439/3/resize/d23439-3-536473-1.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/23439/3/resize/d23439-3-222158-2.jpg ]


■ショートアニメ『彼岸島X』特報 第四弾声優発表
https://youtu.be/qP3ddiviJIE
http://www.nicovideo.jp/watch/1487319726

■『彼岸島X』#10【猛攻】予告
https://youtu.be/dZ9HEWeefWg
http://www.nicovideo.jp/watch/1487319787

■『彼岸島X』#9【姫】本編
https://youtu.be/z83zzj3l2K4
http://www.nicovideo.jp/watch/1486809207


■『彼岸島X』公式サイト
http://higanjimax.com/

■Youtube公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQJb724gn9HamsU6LwgU1aQ

■ニコニコ動画公式チャンネル
http://ch.nicovideo.jp/tetra

■配信スケジュール
2月17日(金)PM8:00第10話予告
2月25日(土)PM8:00第10話本編

3月25日(土)PM8:00第12話本編 最終話

『彼岸島X』(ひがんじまえっくす)

10月15日〜配信中 配信メディア:Youtube・ニコニコ動画
CV:1〜3話「速水 奨」4〜6話「千葉 繁」7〜9話「関 智一」10〜12話 「山寺 宏一」

原作:松本光司「彼岸島」(講談社「ヤングマガジン」連載)監督:青池良輔
企画・シリーズ構成:谷口充大 キャラクターデザイン:大平三咲紀 製作総指揮:谷口充大
制作:TETRA / Fever Creations
製作:TETRA (C)2016「彼岸島X」製作委員会/テトラ



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る