• トップ
  • リリース
  • カラーコンタクトレンズ「GIVRE TOKYO(ジーヴルトーキョー)」アジア展開第一弾:台湾にて昨年12月より発売を開始し、大好評!!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

カラーコンタクトレンズ「GIVRE TOKYO(ジーヴルトーキョー)」アジア展開第一弾:台湾にて昨年12月より発売を開始し、大好評!!

(PR TIMES) 2017年03月23日(木)13時53分配信 PR TIMES

カラーコンタクトレンズブランド「GIVRE TOKYO(ジーヴルトーキョー)」が台湾進出!日本発のブランドが現地にて大好評!

株式会社ANW(本社:神奈川県逗子市、代表取締役:坪田 宗久)は、黒木メイサをイメージキャラクターに
起用したカラーコンタクトレンズGIVRE TOKYO(ジーヴルトーキョー)のアジア展開第一弾として、台湾にて昨年12月より発売を開始し、大変ご好評をいただいております!
[画像1: https://prtimes.jp/i/22686/3/resize/d22686-3-672983-4.jpg ]


「GIVRE TOKYO(ジーヴルトーキョー)」は、昨年12月、アジア展開第一弾として、台湾の大手ドラッグストア(watsons ワトソンズ(中国名 屈巨氏))にて独占販売を開始し、2月には490店舗全店への配荷が完了いたしました。昨年6月に日本国内で先行発売したワンデー3SKU(トゥルーヘーゼル、オリエンタルミスト、アンバーブラウン)は仕様デザインともに日本と同じタイプで展開し、現地オリジナルとしてワンデーのクリアタイプとマンスリー3SKUを追加したラインアップでのローンチとなりました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/22686/3/resize/d22686-3-708237-5.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/22686/3/resize/d22686-3-750012-6.jpg ]



※watsonsとは・・中国の広東省で1828年にオープンし今では中国本土と香港を中心に、台湾、シンガポール、タイなどアジア11カ国で3600店以上のチェーン展開、さらに薬局を900店以上を構えているワトソンズ パーソナル ケア ストアーズ(店名watsons ワトソンズ(中国名 屈巨氏)であります。グループ店の総来客数は週あたり2700万人にも達します。                (出典:ASIA CLICK NEWS 2015/04/02)

イメージモデルの黒木メイサさんの台湾での知名度も高く、発売直後から若年層を中心にSNSで話題となり、取扱い店舗のお問い合わせが多く入ってきているとのこと。デザインも受け入れられており、装用感も快適なことから、リピーターのお客様が増えていると報告されています。

今後も新しいレンズデザインを開発し、躍進を続ける「GIVRE TOKYO(ジーヴルトーキョー)」に、
どうぞご期待ください!

公式サイト:http://givre-tokyo.com/
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/givre_official/
販売サイト:https://morecon.jp/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る