• トップ
  • リリース
  • 「あなたが出会うべき本がある」12/3(土)に関西大学にて芥川賞作家の小川洋子さん、直木賞作家の葉室麟さんが特別講座を開催。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

公益財団法人 日本文学振興会

「あなたが出会うべき本がある」12/3(土)に関西大学にて芥川賞作家の小川洋子さん、直木賞作家の葉室麟さんが特別講座を開催。

(PR TIMES) 2016年11月17日(木)17時16分配信 PR TIMES

「人生に、文学を」オープン講座開催・参加者募集のお知らせ

【応募期間】
2016年11月24日(木)午前10:00まで
【対象イベント】
名称:第2回 「人生に、文学を」オープン講座
場所:関西大学(梅田キャンパス)
開催日:2016年12月3日(土)
募集講座:
 講座1.「小説の生まれる場所」 講師:小川洋子さん <募集人数:50名様>
 講座2.「歴史小説を書いて考えること」 講師:葉室麟さん <募集人数:50名様>
【詳細と応募は以下のサイトをご覧ください】
「人生に、文学を。」公式サイト
https://www.jinsei-bungaku.jp/event2.html
「人生に、文学を」オープン講座は、文学とリアルな人生との関わりについて、作家が語り、その意味を参加者とともに考える場です。
学生だけでなく、社会人、主婦、シニア層まで、さまざまなバックグラウンドを持った参加者との意見交換から、読書や授業だけでは得られない学びを得ることを目的としています。文学は、人生と無関係なものではありません。大学という学びの場で、あらためて文学とあなたの人生を見つめ直してみませんか。

講座1.「小説の生まれる場所」  講師:小川洋子さん(2013年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞する。2007年7月より芥川賞選考委員)
[画像1: http://prtimes.jp/i/22684/3/resize/d22684-3-638091-0.jpg ]

メッセージ・・・『ことり』を書くことは、なぜ人間だけが言葉を獲得し、物語を書き続けているのか、という問いに直面する経験でもありました。いったん言葉の届かない場所に立ち、小鳥のさえずりに耳を澄ませるようにして文学と向き合う時、何か新たな発見があるかもしれません。


講座2.「歴史小説を書いて考えること」  講師:葉室麟さん(1951年、福岡県生まれ、西南学院大学文学部文学部卒。2012年『蜩ノ記』で直木三十五賞を受賞)
[画像2: http://prtimes.jp/i/22684/3/resize/d22684-3-942455-1.jpg ]

メッセージ・・・歴史小説を書いていると、日本とは何かを考えずにはいられません。そして日本を知るためには日本の文化を考えねばならないようです。司馬遼太郎、ドナルド・キーンという大先達に学びたいと思います。

【 応募に関するお問い合わせ先 】
「人生に、文学を」オープン講座応募 事務局 03-3520-9288
事務局受付け時間: 10:00〜17:00(土日祝日を除く)

「人生に、文学を」とは。
公益財団法人・日本文学振興会(本社:東京都千代田区、理事長:松井清人)は、「人生に、文学を」というメッセージの元、あらためて「本を読むこと」、「文学に親しむこと」の素晴らしさを、広く世に訴えるプロジェクトをスタートさせました。
文学の現在は、かつてほど良好なものではありません。将来も決して明るいと言える状況にはありません。だからといって、ただ手をこまねいているわけにはいきません。芥川賞・直木賞が注目され、本屋大賞がニュースとなるように、文学の可能性に注目の集まる今だからこそ、文学でしか経験できない感動、豊かさ、喜び、悲しみがあることを、「行動」によって広く伝えていきたいと考えています。日本の文学を担ってきた作家たちと、本プロジェクトに賭ける思いにご賛同下さったご協賛社とともに、本と出会う、文学と出会うことによって、ひとりひとりの人生が豊かになっていく可能性があることを、まずは提案したいと思います。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る