• トップ
  • リリース
  • issue+design、群馬県前橋市との協働事業『前橋みらい家族ラボ』発足

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

issue+design、群馬県前橋市との協働事業『前橋みらい家族ラボ』発足

(PR TIMES) 2016年10月13日(木)15時01分配信 PR TIMES

第一弾の取り組みとして、10月23日(日)「前橋みらい家族会議」開催

「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、地域課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designは、群馬県前橋市との協働で、官民連携型活動体『前橋みらい家族ラボ』を発足。第一弾の取り組みとして、2016年10月23日、
前橋市にて「前橋みらい家族会議」を開催。

[画像1: http://prtimes.jp/i/20948/3/resize/d20948-3-242978-0.jpg ]


■背景

国の推計によれば、2010年に1億2,800万人であった日本の人口は、2100年には約5,000万人まで減少すると見込まれています。人口減少という社会課題は、本市にとっても例外ではなく、未婚率の上昇や晩婚化、主に若年層の市外転出など、様々な要因が複雑に絡み合った結果として生じています。

前橋市では、将来を担う子や孫たちの世代に課題を先送りすることなく、自信を持って引き継げる未来を選択するべく、県都まえばし創生プラン(前橋版人口ビジョン・総合戦略、平成28年3月)を策定。平成28年度は、総合戦略に掲げる「若者の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」という基本目標に向かって、積極的に支援を展開する初年度とし、「若年男女の結婚への壁打破」や「新たな出会いにつながる学び・活動の場の創出」「社会全体で子育てを応援する風土づくり」といった事業に取り組んでいます。

「日本一子育てしやすいまち 前橋の実現」に共感したissue+designは、前橋市で結婚し、出産・子育て、家族として暮らすことの価値を高める」ことを目的とした、官民連携活動体「前橋みらい家族ラボ」を、前橋市との協働で発足します。

■「前橋みらい家族会議」

「前橋みらい家族ラボ」の第一弾プロジェクトとして、「前橋市が結婚、出産・子育てしやすいまちになるためにはどうしたら良いか」を市民とともに考えるワークショップを開催します。市民の皆さんから出された提案や意見も参考にしながら、みらいのプロジェクトを構築していきます。

名称: 前橋みらい家族会議
日時: 2016年10月23日(日)14時〜16時(開場13時30分)
会場: 前橋市総合福祉会館 多目的ホール(群馬県前橋市日吉町2丁目17-10)
費用: 無料
定員: 100名(定員を超える場合は先着順となります)
申込: お申し込みフォーム(https://goo.gl/wVd46Q)または下記連絡先へお電話ください
連絡: 前橋市政策推進課 電話:027-898-6512

[画像2: http://prtimes.jp/i/20948/3/resize/d20948-3-203874-1.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/20948/3/resize/d20948-3-960987-2.jpg ]



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る