プレスリリース

AIGジャパン・ホールディングス株式会社

AIGグループ 新事業戦略コンセプト『ACTIVE CARE』を展開

(PR TIMES) 2016年08月26日(金)15時16分配信 PR TIMES

日本の保険の常識を変えることを目指す

 日本におけるAIG グループ(AIG ジャパン・ホールディングス株式会社、AIU 損害保険株式会社、富士火災海上保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、AIG 富士生命保険株式会社など)は、日本の保険の常識を変える新しい提供価値をもたらすべく、グループ統一の事業戦略コンセプトとして『ACTIVE CARE』を展開することを決定しました。
 『ACTIVE CARE』とは、AIGが誇る世界中で蓄積した知見や、リスクの認識および軽減につながる最新のテクノロジーを活用し、日常に潜むリスクを的確に把握し、そのリスクに備えるための支援を提供するものです。保険を提供する企業として、起きてしまった出来事への経済的な補償だけでなく、そもそも事故が起こらないようにリスクを最小化する予防的サービスを、目に見える分かりやすい形で積極的に提供し、保険をより身近なものへと変えていくことを目指します。

 これまでAIGがお客様や保険代理店を対象に実施した様々な調査から見えてきたのは、日本のお客様が保険に対して大きな不満を感じているという事実でした。そこで、万一に備えた補償だけでなく、日々の生活の中での“まさか”を未然に防ぐためのサポートを提供し、お客様にとっての保険の価値を拡大していくことが、これからの選ばれる保険会社になるために必要と考え、『ACTIVE CARE』を展開することにいたりました。

 またAIGグループは、このたびAIGジャパン・ホールディングスが大阪本社を開設したことを機に、『ACTIVE CARE』に基づく活動の一例として、成人の自転車運転時のヘルメット着用の推進をテーマにしたイベントを開催します。大阪府が本年7月より自転車保険の加入を義務化する条例を施行したこと、また本日大阪府とAIGジャパン・ホールディングスとの間で、地域のリスクマネジメントの強化に共同で取り組むことなどを含む協定を結んだことも背景にあります。

 AIGジャパン・ホールディングス社長兼CEOのロバート・ノディンは、「大阪は躍動感にあふれた都市であり、私たちの大阪本社も、将来に向けての期待感に満ちています。イノベーションを積極的に後押しし、新しい考え方を歓迎する大阪の地から、AIGが『ACTIVE CARE』というコンセプトを、地域型イベントの開催を通してご紹介できることは、非常にうれしく思います」と述べています。


<ACTIVE CAREについて>
(1)お客様の目線に立ったシンプルで分かりやすい透明性のある関係、(2)万一のときだけでなく、事故や損害を未然に防ぐ支援、(3)世界中で蓄積された最先端の知見とテクノロジー、そして日本についての洞察力の3つの要素で構成される事業戦略コンセプトです。まさかの時の補償はもちろん、そのまさかが起こらないようにするための「先進的なリスク予防サポート」をも提供し、「保険の分かりやすさ」の追求とあわせて、AIGグループがお客様のパートナーとして選ばれることを目指していきます。」

<AIG について>
AIG グループは、世界の保険業界のリーダーであり、100 以上の国や地域で顧客にサービスを提供しています。1919年に創業し、現在では、損害保険、生命保険、リタイヤメント商品、モーゲージ保険およびその他の金融サービスを幅広く提供しています。AIGグループの商品・サービスを通じた多岐にわたるサポートは、法人および個人のお客様の資産を守り、リスクマネジメントおよび確かなリタイヤメント・セキュリティをお届けします。持株会社 AIG, Inc.はニューヨークおよび東京の各証券取引所に上場しています。
日本では、AIU 損害保険株式会社、アメリカンホーム医療・損害保険株式会社、富士火災海上保険株式会社、AIG 富士生命保険株式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、AIG 富士インシュアランスサービス株式会社、テックマークジャパン株式会社などが事業を展開しています。
詳細は、ウェブサイト www.AIG.com をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る