• トップ
  • リリース
  • 季節で変わる蕎麦の香りを“利く”本格手打ち蕎麦屋「利き蕎麦 存ぶん」12月8日都立大学にオープン

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社RYコーポレーション

季節で変わる蕎麦の香りを“利く”本格手打ち蕎麦屋「利き蕎麦 存ぶん」12月8日都立大学にオープン

(PR TIMES) 2016年12月14日(水)10時15分配信 PR TIMES

利き蕎麦 存ぶん 都立大学店(ききそば ぞんぶん)株式会社RYコーポレーション

株式会社RYコーポレーション(本社:東京都港区高輪 代表取締役:横山藤雄)が運営する41店舗目のレストラン「利き蕎麦 存ぶん 都立大学店」が12月8日にオープンいたしました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/20649/3/resize/d20649-3-228104-0.jpg ]

コンセプト
季節や産地、品種により味が異なる蕎麦。
利き蕎麦とは、今ご提供できる最高の状態の蕎麦を提供し、思う存分堪能していただくという意味。
揚げたての季節野菜や旬の天ぷら、小料理をあてに今だから味わえる地の数々を味わい、自分だけのゆるりと寛いだ時間を愉しむ蕎麦屋です。
[画像2: http://prtimes.jp/i/20649/3/resize/d20649-3-539499-3.jpg ]

存ぶんの蕎麦の特徴
当店の蕎麦は江戸三大蕎麦のひとつ「藪蕎麦」で、喉越し良くみずみずしさを感じる細麺と、濃いめのつゆが特徴です。蕎麦粉は日本全国の“新蕎麦”を季節により使い分けます。冬場の今なら北海道、季節の移り変わりで少しずつ南へと下ります。季節や産地により蕎麦の香りは変化します。それを「利き蕎麦」として味わっていただきます。その他、冬場の今なら柚子蕎麦、春なら桜蕎麦など、香り高い素材を使った蕎麦も旬を感じる一品としてお愉しみいただけます。

[画像3: http://prtimes.jp/i/20649/3/resize/d20649-3-158895-2.jpg ]

メニュー構成
自慢の「せいろ」を中心に、暖かい蕎麦、季節の天ぷら、鴨南蛮、
そして日本酒と合わせて蕎麦料理や小料理などの酒肴をご用意しております。
========================================================
お品書き
二八せいろ 800円
十割せいろ 950円
変わりせいろ(現在※12月は柚子蕎麦) 1000円
鴨南蛮 1750円
海老天ぷら蕎麦 1650円
穴子天ぷら蕎麦 1650円
出汁巻き 1850円
蕎麦がき 1000円
日本酒 全種500円
※上記はメニューの一部です
========================================================

[画像4: http://prtimes.jp/i/20649/3/resize/d20649-3-977632-1.jpg ]


内装、食器
扉を開けると、凛とした洗練され落ち着きのある「静」の空間。
大きく彩られた解放感のある窓からは、春には満開の桜など、四季のしつらえを感じます。蕎麦猪口などの食器は、佐賀県の有田焼の窯元でオリジナルで焼いたものをメインに使用します。


店舗情報
利き蕎麦 存ぶん (ききそば ぞんぶん)
東京都目黒区中根1-6-1ニューヨークコーナー161-2F
TEL:03-3724-3881
http://zonbun.jp/
営業時間 昼11:00~15:00/夜17:00~22:00毎週月曜定休



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る