• トップ
  • リリース
  • 【本日はキスの日】CHU毒性バツグンWEB動画「烏龍CHUでスキスキスー」が公開!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

サントリー食品インターナショナル株式会社

【本日はキスの日】CHU毒性バツグンWEB動画「烏龍CHUでスキスキスー」が公開!

(PR TIMES) 2017年05月23日(火)09時26分配信 PR TIMES

ミランダ・カーさんが魅惑のキス顔を惜しげもなく披露する働く人たちへの応援歌 セロトニンDojo有田秀穂教授「キスには仕事効率を高める効果が期待できる」

サントリー食品インターナショナル株式会社は、5月23日(火)の「キスの日」に合わせて、サントリー烏龍茶のTV-CMに出演しているミランダ・カーさんを起用したWEB動画「烏龍CHUでスキスキスー」を公式YouTubeチャンネルにて公開いたします。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=qmH89cTavpI ]



キスなどのスキンシップには、仕事効率の向上につながる効果があると言われており、日本でも話題となっている”働き方改革”につながると期待がされています。脳内ホルモン・セロトニン研究の第一人者でもある、セロトニンDojo代表の有田秀穂教授は、「脳内ホルモンのオキシトシンは、元気の脳内物質として知られるセロトニン分泌を促すことも知られています。したがって、オキシトシンの分泌される生活を日常的に行っている人は、セロトニン分泌が二次的に発生し、頭の冴え、心のバランス、体調の良さなど(セロトニン活性効果)も味わえるようになると考えられます。これは、間違いなく、仕事を遂行する上で良い効果となります。」とコメントしています。

このことから、キスをもっと身近なものとし、日本の働き方改革を行っていくため、お口がさっぱりする飲料でもある烏龍茶を使った動画、「烏龍CHUでスキスキスー」を公開いたします。本動画は、キスによるセロトニンの分泌から、仕事への意欲向上、仕事効率が上がるという事実を、思わずクセになるような”CHU毒性”の高い曲調と歌詞、ミランダさんのセクシーかつ可愛らしい表情と振り付けで表現しています。さらに、プルプルの唇とふわふわの毛並みを持つ謎の妖精「セロト人(セロトにん)」が、ミランダさんの動きに合わせてダンスで働く人を応援しています。

ミランダさんの可愛らしいCHU顔やセクシーなダンス、伝説のグラドル細川ふみえさんが歌う妖艶すぎる「スキスキスー」の替え歌、それに加えて妖精が醸し出すカオスな雰囲気は動画に大きなギャップを作り出しています。


◆「烏龍CHU」シーン展開

[画像1: https://prtimes.jp/i/20192/3/resize/d20192-3-509155-0.jpg ]

イントロ:キス顔から始まるスタートカット
ミランダのキス顔から動画がスタート。
#キス前ウーロン というキャッチコピーとともに、謎の生物が踊り狂いながら登場。


[画像2: https://prtimes.jp/i/20192/3/resize/d20192-3-513977-2.jpg ]

Aメロ:五月雨に紹介する驚くべきキスの秘密を紹介
ふたりのキスには様々な効果があることを、中毒性の高い曲調とキャッチーな歌詞だけでなく、ミランダのセクシーなダンスや可愛らしい表情で紹介。


[画像3: https://prtimes.jp/i/20192/3/resize/d20192-3-668433-3.jpg ]

Bメロ: 後ろで踊り狂うプルプルの”セロト人”たち
そんなミランダの後ろで当然のようにいる、気になりすぎる妖精”セロトニ人”。彼らはふわふわの毛を揺らし、ぷるぷるの唇を光らせながら、ミランダの後ろで目が離せない激しいダンスを踊り続ける。


[画像4: https://prtimes.jp/i/20192/3/resize/d20192-3-475285-6.jpg ]

サビ: キスを応援する烏龍茶を飲むミランダの横顔
ラストは、そんなキスを応援する飲料として、ミランダが烏龍茶をおいしそうに飲むシーン。烏龍茶はお口をすっきりさせる飲料として、日本中のキスを盛り上げていくことで、日本人の働き方をキスで解決していく姿勢を表現している。


◆「 烏龍CHUでスキスキスー」歌詞

あなたと私のキスだけど
秘密があるからね、聞いてね
幸せ気分が続く
記憶力だってギラギラしてる
あなたと私がキスすると
難しそうなお仕事、でも
サクサク進むの、これは
働き方革命になるわ!?

キッスで二人はドキドキしちゃうの。
幸せホルモン爆発

スキスキス スキス スキス(ゆけ、セロトニーン)
スキスキス スキス スキス(きけ、オキシトシーン)
キスしてス スキス スキス(でるぜ、エストロゲーン)
スキスキス スキス スキス(ほとばしれ、エンドルフィーン)
スキスキス スキス スキス(烏龍CHU)
スキスキス スキス スキス(烏龍CHU)
キスしてス スキス スキス(烏龍CHU)
スキスキス スキス スキス(烏龍CHU)

いつもI need CHU!


歌手 / 細川ふみえ

[画像5: https://prtimes.jp/i/20192/3/resize/d20192-3-868007-7.jpg ]


平成初期のグラビア界を席巻した伝説のグラビアアイドル
ピチカートファイブの小西康陽が作詞作曲し細川ふみえに提供した楽曲「スキスキスー」を細川ふみえが2017年再び替え歌という形で歌唱。
細川ふみえが今回の取り組みに参加した際、ミランダ・カーさんが出演する動画に共演できたことに感動し涙を流した。


◆セロトニンDojo 有田秀穂先生 コメント

[画像6: https://prtimes.jp/i/20192/3/resize/d20192-3-788863-8.jpg ]


有田秀穂<セロトニンDojo代表・東邦大学名誉教授>
東京大学医学部卒業後、東海大学病院で臨床に、筑波大学基礎医学系で脳神経系の基礎研究に従事、その間、米国ニューヨーク州立大学に留学。東邦大学医学部統合生理学で坐禅とセロトニン神経・前頭前野について研究、2013年に退職、名誉教授となる。各界から注目を集める「セロトニン研究」の第一人者。メンタルヘルスケアをマネジメントするセロトニンDojoの代表。


キスのある生活というのは、心地よいスキンシップを日常的に行っている生活といえます。これは、脳科学的には、オキシトシンという脳内物質が不断に分泌される生活と解釈されます。脳内物質・オキシトシンは心地よいスキンシップによって、年齢性別に関わらず、分泌が促進されるほか、セロトニンが二次的に発生します。また、エンドルフィンやエストロゲンといった脳内物質も、スキンシップによって分泌が促進されると言われています。

<スキンシップによる効果>
1.脳内のストレス中枢を抑制して、ストレスホルモンの分泌を抑制
誰でも仕事をする中で多かれ少なかれストレスを抱えるわけですが、オキシトシン分泌によって、脳からストレスを洗い流し(ストレス中枢を抑制し)、ポジティブな気分で元気に仕事ができる状態を作ります。良い睡眠も取れますから、仕事の効率も上がるようになります。

2.人と人との絆の心地よさを体験させる脳内物質「オキシトシン」の分泌
オキシトシンは「愛情ホルモン」とも呼ばれ、家族愛や男女の愛情を育み・体験させる働きです。なお、オキシトシンは、元気の脳内物質として知られるセロトニン分泌を促すことも知られています。したがって、オキシトシンの分泌される生活を日常的に行っている人(キスのある生活)は、セロトニン分泌が二次的に発生し、頭の冴え、心のバランス、体調の良さなど(セロトニン活性効果)も味わえるようになると考えられます。これは、間違いなく、仕事を遂行する上で良い効果となります。

<昨今話題となっている「働き方改革」と脳内物質オキシトシンの関係について>
ストレスを蓄積させながらハードに仕事をして、結果を残すという発想は、ドーパミン的な価値観に基づくものです。オキシトシン的な生活意識とは別物です。オキシトシンの分泌される生活意識(すなわちキスのある生活)というのは、人と人との心地よい触れ合いを育みながら、ストレスを上手に解消し、良い睡眠を取り、朝から元気に仕事を遂行し、仕事の効率を高めることです。これからの働き方として積極的に進められる考え方だと思います。

◆ミランダ・カー プロフィール


[画像7: https://prtimes.jp/i/20192/3/resize/d20192-3-721253-9.jpg ]

ミランダ・カー / MIRANDA KERR
1983年4月20日オーストラリア生まれ
ファッション業界で最も影響力のあるモデルの一人
高級ブランドのランウェイショー、ファッション、コスメビューティー撮影はもちろんのこと、グローバルブランドのTVCMや広告出演など華々しいキャリアをもつ。
モデルとしての活動を超え、ベストセラー作家、ビジネスオーナーとしての顔も持ち、認定ヘルスコーチとしての資格も有している。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る