• トップ
  • リリース
  • 血糖値の上昇を抑えて、太りにくい体へ 食事の最初にアボカドを食べよう  “アボカド・ファースト”

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

血糖値の上昇を抑えて、太りにくい体へ 食事の最初にアボカドを食べよう  “アボカド・ファースト”

(PR TIMES) 2017年09月07日(木)17時06分配信 PR TIMES

秋冬限定 旬のニュージーランド産アボカド 10月中旬より日本上陸

ニュージーランド産アボカドの日本向け輸出量の93%を占めるアバンザ リミテッド(英語名:Avanza Limited、本社:ニュージーランド オークランド市)は、美味しくて栄養価も高いニュージーランド産アボカドを10月中旬から日本のお客様にお届けするため、8月下旬より収穫作業を本格的にスタートしました。
食事の最初にアボカドを食べよう “アボカド・ファースト“
アボカドは、食事の最初に摂ると良いと言われています。その理由は、アボカドには豊富な食物繊維が含まれているため、血糖値の急な上昇を抑えることができるからです。血糖値の上昇を抑えると、太りにくい体が手に入ります。季節にあわせて、体重が増えやすい秋冬の時期に、この時期限定のニュージーランド産アボカドをまず食事の最初に摂って、太りにくい体を目指しましょう。


和食との相性もばっちり

素材本来の味が活きているニュージーランド産アボカドは、日本人の普段の食卓にのぼることも多い和食とも好相性です。“アボカド・ファースト”のコンセプトに沿ったメニューとして、おひたしや、お刺身、豆腐とともにアボカドを楽しむレシピをキャンペーンページwww.nzavocado.jp でご紹介しています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/20185/3/resize/d20185-3-441321-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/20185/3/resize/d20185-3-332992-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/20185/3/resize/d20185-3-200724-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/20185/3/resize/d20185-3-232830-3.jpg ]


ニュージーランド産アボカドの栄養価は、他の産地に比べて非常に高いことが判明!
ニュージーランドの研究者によると、現地で栽培されたアボカドの栄養価が、他の産地に比べて特に高いことがわかりました。ニュージーランドのアボカドからはビタミンB6が2倍、葉酸は20%多く検出されました。(*1)


ニュージーランド産のアボカドの葉酸値は、1食分(75g)当たり81.6 ug(*2)で、1日に必要な量の41%に当たります。またビタミンB6の含有値は1食分(75g)当たり0.47mg で、1日に必要な量の30%に相当します。葉酸は子どもの成長や胎児の組織の発達に必要な栄養素として知られており、ビタミンB6は免疫機能を維持するために使われ、疲労回復にも効果があります。それだけでなく、アボカドは健康に良いとされる一価不飽和脂肪酸が豊富に含まれ、食欲を抑える効果があり、糖類やナトリウムが少なく、必須ビタミン・ミネラルも多く含まれます。

(*1)=2015/6年度プランツ&フードリサーチ社ファイトケミカル・健康調査チーム(Phytochemical and Health team at Plant & Food Research)調べ。(*2)=ug は「マイクログラム」の単位を表し、1gの100万分の1、1mgの1,000分の1を示しています。

ニュージーランド産アボカドとは
アボカドは南アメリカ原産ですが、1900年代初めにその種がニュージーランドに持ち込まれ、アボカド産業が発展し始めました。アボカドは、今ではニュージーランドでキウイ、りんごに次いで三番目に輸出量の多い青果となり、日本はニュージーランド産アボカドにとってアジア最大の輸出国です。

主な特長としては、1)旬の美味しさと高い栄養価、2)フレッシュな鮮度、3)高い安全性が挙げられます。

1)旬の美味しさと高い栄養価
アボカドは二年生植物で、2年に一度、春から夏にかけて実をつけます。ニュージーランドは南半球に位置するため、季節が日本と反対となり、アボカドの収穫時期は日本の9月から翌年1月頃となります。ニュージーランド産アボカドは、2年間かけて樹上でじっくり育ててられており、メキシコ産に比べ、油分が豊富(油分量24%以上 ※平均的数値のため個々では異なります)です。きめ細やかでシルキーな食感、濃厚でクリーミーな味わいが大きな特長です。

またアボカドは、世界でいちばん栄養価の高いフルーツとしてギネスブックにも認定されています。腸の調子を整える食物繊維や、細胞の老化を防ぎ美しい肌を保つビタミンEやコエンザイムQ10、コレステロール値を抑制する脂質やオメガ酸、
疲労回復に役立つビタミンB6やナイアシンなど、日々積極的に摂取したい栄養素がつまっています。

2)フレッシュな鮮度 
アボカドの生産地であるニュージーランド北部と日本の距離はおよそ8,900kmです。ニュージーランド産アボカドは、日本に輸入される他国産のものに比べて輸送航路が短いため、フレッシュな状態で日本に入ってきます。皮が緑色で実が固い未熟なうちに収穫し、厳しい温度管理の下で日本に輸送され、全国各地の「」と呼ばれるセンターで約6〜7日間追熟させてから各小売店の店頭へと運ばれます。このシステムにより、優れた品質のアボカドを一番美味しい食べ頃のタイミングで皆さまの食卓へお届けすることができるのです。

3)安全性が高いAVANZAのプレミアム アボカド:AvoGreen(アボグリーン)認定の安心食材

[画像5: https://prtimes.jp/i/20185/3/resize/d20185-3-692243-4.jpg ]

ニュージーランドでは、すべての輸出果物生産者、パッキング施設に果物の取り扱いや残留農薬
レベルについての安全基準の遵守を義務付けており、農作物の高い安全性を保障しています。
さらにニュージーランドアボカド生産者協会による農薬使用に関する厳しい基準をクリアしたアボカドはAvoGreen(アボグリーン)認定アボカドとして輸出されます。AVANZAはAvoGreen認定の美味しくて高品質なアボカドだけをAVANZAプレミアム アボカドとして日本にお届けしています。 

AVANZAとは

AVANZA Limitedは、ニュージーランドアボカド生産社2社(Primor ProduceおよびSouthern Produce)が統合した合弁会社です。AVANZAのアボカドは日本向け出荷量の93%を占めており、全国のスーパーマーケット、百貨店、青果店にて販売しています。2010年からは日本マーケットの拡大を図るべく、積極的に販売促進、PR活動等を行っています。 

Facebook公式ページ: https://www.facebook.com/newzealandavocado/
Instagram公式アカウント:https://www.instagram.com/nz_avocado_japan/



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る