• トップ
  • リリース
  • ああ、これこれ! 身近な「地衣類(ちいるい)」がわかる図鑑。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社 文一総合出版

ああ、これこれ! 身近な「地衣類(ちいるい)」がわかる図鑑。

(PR TIMES) 2016年11月16日(水)19時18分配信 PR TIMES

株式会社文一総合出版(東京都新宿区)は2016年10月7日に『街なかの地衣類ハンドブック』を刊行いたしました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/19369/3/resize/d19369-3-638374-0.jpg ]


本書は「太平洋ベルト」と呼ばれる、茨城県〜九州北部にかけての都市部で身近にみられる“地衣類”約60種を紹介した図鑑です。

「地衣類(ちいるい)」と言ってもなじみが薄いかもしれません。
しかしウメの木によくつく「ウメノキゴケ」と言えば、どこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そう、大気汚染の影響を受けて増えたり減ったりするので、環境指標としてニュースになることもある、あの生きものです。

街なかでは、地衣類は樹皮や塀、石垣、墓石などによく付着していて染み模様のように見えますが、いったん気づいてみると「ああ、これが地衣類か!」と納得することでしょう。

「地衣類」とは、きのこやカビなどの菌類と俗に藻(も)と呼ばれる藻類が共生した生きものです。
日本では海岸〜高山のいたることろに約1800種が生育しています。

地衣類各種の細かい特徴は解説に記述してありますが、まずは絵合わせで名前が調べられるように、巻頭に写真で色別の地衣類一覧を掲げてあります。

[画像2: http://prtimes.jp/i/19369/3/resize/d19369-3-509395-1.jpg ]


また図鑑ページでは可能な限り写真を大きく使用し、アップ写真も載せています。

[画像3: http://prtimes.jp/i/19369/3/resize/d19369-3-409608-2.jpg ]


その他にも、地衣類初心者に役立つよう、地衣類とはどんな生きものなのか、地衣類でできる実験、地衣類にまつわる素朴な疑問への回答なども紹介、この本1冊でひととおり基礎知識を身に付けることができます。

ポケットサイズですので、散歩の携帯にもべんりです。自然観察を楽しむ方、身近な生きもののことを知りたい方、教育関係者、環境問題に関心のある方など、生きものに関心のあるすべての方に役立つ内容です。

◆主な目次
街なかの“小宇宙”を探検しよう!
地衣類とは
地衣類の多様性
地衣類と間違われやすい生き物
地衣類の形態
地衣類の繁殖
都市部の地衣類
地衣類がよくつく木・つきにくい木
色別地衣類一覧 など。

◆著者プロフィール
大村嘉人(おおむら・よしひと)
1970年静岡県生まれ。東京大学大学院理学系研究科博士後期課程修了。博士(理学)。国立科学博物館植物研究部研究主幹。地衣類研究会幹事。日本国内のみならず東アジア地域を対象に地衣類調査の旅に頻繁に出かけている。特にサルオガセ属の分類が専門。社会の中に地衣類を位置づけるために、大気汚染などの社会問題と関連する研究も積極的に行い「地衣類の地位向上」を目指している。

◆書籍概要
書 名:『街なかの地衣類ハンドブック』
著 者:大村嘉人
仕 様:新書判 80ページ 並製
定 価:1,400円+税
ISBN:978-4-8299-8132-0
目次一覧ページ:http://bit.ly/2fOJCi2

◆お問い合わせ先
株式会社 文一総合出版(ぶんいちそうごうしゅっぱん)
〒162-0812 東京都新宿区西五軒町2-5
電話 03-3235-7341 ファックス 03-3269-1402
ホームページ:http://www.bun-ichi.co.jp/
facebook:https://www.facebook.com/bunichi.books/
Twitter:https://twitter.com/bunichiss



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る