• トップ
  • リリース
  • 東京大学で開催される研究学会「日本マイナスイオン応用学会」への特別招待のご案内

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社エステプロ・ラボ

東京大学で開催される研究学会「日本マイナスイオン応用学会」への特別招待のご案内

(PR TIMES) 2016年10月12日(水)16時01分配信 PR TIMES

ケイ素・水素研究の第一人者・山野井理事長より「修了証(DIPLOMA)」を発行

元東京大学の生体物理医学者で水素研究でも著名な山野井昇先生が主催する学会、「第16階マイナスイオン応用フォーラム」が11月21日(月)に東京大学にて開催されることとなりました。山野井先生の講演の他、一般財団法人未来医学財団評議員の新屋信明より、水素サプリメント「プロトングランプロ」の最新のエビデンスおよび研究データの発表も予定しております。
高度で学術的なケイ素・水素に関する知識を習得できる研究学会となっております。ご受講いただいた方には、山野井昇先生が理事長を務める財団法人名にて修了証(ディプロマ/額付き)を発行させていただきます。東京大学にて開催される大変貴重で実績のある研究学会となりますので、この機会を逃すことなくご受講ください。

■開催概要
日時:2016年11月21日(月)
講義:10:00〜17:00(12:00〜13:00休憩)
懇親会:17:00〜18:30
会場:東京大学 山上会館 大会議室
   (懇親会 山上会館地下(御殿)立食パーティ形式)
主催:日本マイナスイオン応用学会(山野井昇会長)
共催:一般財団法人 未来医学財団(山野井昇理事長)
テーマ:微生物と細菌から学ぶ美と健康の未来
講演:「からだとケイ素(仮)」山野井昇会長
   「ハイドロカルサイト摂取による呼気水素発生」新屋信明 他
受講資格:未来医学財団理事(佐々木広行)の推薦を待って、財団に入会を承認された、美容事業を営む経営者または経営幹部層の者
受講費用:13,000円(税込) ※ディプロマ発行手数料含む
 (未来医学財団未入会の方は別途財団入会費5,000円+財団年会費10,000円がかかります)

■山野井 昇(やまのい のぼる)

[画像1: http://prtimes.jp/i/18221/3/resize/d18221-3-540892-0.jpg ]


生体物理医学者 元東京大学院医系研究科
一般財団法人未来医学財団理事長
日本マイナスイオン応用学会会長
日本未病システム学会理事
公益財団法人日本アロマ環境協会元顧問
[画像2: http://prtimes.jp/i/18221/3/resize/d18221-3-220602-1.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/18221/3/resize/d18221-3-644802-2.jpg ]

アジアアンチエイジング美容協会相談役

東京大学大学院医学系研究科にて40数年の長きにわたり医療や健康、美容などの最先端分野の研究に従事。空気や水の最先端研究の第一人者として知られ、とくにイオン応用科学の先駆けとして早くからその実用性を提唱。今日の空気清浄機やエアコン、ドライヤーなどイオン
応用家電市場の発展の礎を築く。

■新屋 信明
一般社団法人日本酵素・水素医療美容学会本部講師 兼 主任研究員

■日本マイナスイオン応用学会
さらなるマイナスイオン応用分野の正しい発展を願い、現代科学の基盤から、内外の数多くの研究データや情報を収集し、より正確な知識の普及を計り、産官学およびメディアとの連携を深め、会員相互の情報の交流、産学研究支援、新技術による商品開発研究論文および成果発表のできる組織として2002年に設立されました。
学会・研究セミナーの開催、産学メディア協同プロジェクト室の創設、学会発表、優秀製品の支援、内外のマイナスイオン関連機関・団体との情報の交流、「日本マイナスイオン応用学会 会員専用HP」の創設などを行っています。

■一般財団法人未来医学財団
未来医学財団は、先端科学技術の研究開発と応用展開を行い、医療および美容産業への積極的な導入と普及を図ると共に、研究者の育成に努め、もって国民の健康増進および医学の進歩向上に寄与する主に公益的事業を目的として設立されました。


【お問い合わせ・お申し込み】
株式会社エステプロ・ラボ 営業企画部 担当:井出 TEL:03-6436-9750



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る