プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社 龍の瞳

純米吟醸酒「龍の瞳」新発売!!

(PR TIMES) 2016年12月07日(水)17時58分配信 PR TIMES

奇跡のお米「龍の瞳」で作った日本酒ができました。

株式会社龍の瞳(岐阜県下呂市)と日本泉酒造(岐阜県岐阜市)が、県の農商工連携ファンドの助成金を活用し、岐阜県下呂市発祥のお米「龍の瞳」を原料米とした日本酒を2016年11月より販売開始した。
  株式会社龍の瞳が、「純米吟醸酒 龍の瞳 720ml」を2016年11月より販売開始した。

[画像: http://prtimes.jp/i/16972/3/resize/d16972-3-675643-0.jpg ]


 株式会社龍の瞳(所在地:岐阜県下呂市萩原町大ヶ洞1068、https://www.ryunohitomi.jp)は、2000年に今井隆(株式会社龍の瞳代表取締役社長)によって岐阜県下呂市で発見されたお米、「龍の瞳」(品種名「いのちの壱」)の育成、販売、米の加工品販売を手掛けている。

 岐阜県飛騨地方では酒造りが盛んで、同社も従前より、焼酎、どぶ酒の販売をしていた。本年2月より、県の農商工連携ファンドを活用し、日本泉酒造(岐阜県岐阜市)との連携により、新たに日本酒造りに取り組んだ。「龍の瞳」はそれまでの原料米の酒米と特性が異なる部分もあり、酒造りの苦労もあった。

 そしてついに、10月「純米吟醸酒 龍の瞳」が完成した。また、同月に同社は酒類販売業免許の条件緩和により、酒類販売の卸免許を取得し、11月より待望の発売となった。

「すっきりとした辛口で、肉料理によく合うのでは。」と評判だ。


(販売元:株式会社龍の瞳 TEL:0576-54-1801 純米吟醸酒 龍の瞳 1本720ml 2,700円(税込))



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る