• トップ
  • リリース
  • <仮説検証型プロジェクト>相手を思うコンドームを開発し、着用率向上を目指す!ペアコンドーム プロジェクト

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

オカモト株式会社

<仮説検証型プロジェクト>相手を思うコンドームを開発し、着用率向上を目指す!ペアコンドーム プロジェクト

(PR TIMES) 2016年12月09日(金)17時25分配信 PR TIMES


 コンドーム国内シェアNo.1を誇るオカモト株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:岡本良幸)は、日本における性感染症や望まぬ妊娠を予防するべく、2015年12月に「LOVERS研究所(http://lovers-labo.jp/)」を設立しました。

 毎年12月1日は「世界エイズデー」、11月16日〜12月15日は「東京都エイズ予防月間」です。平成27年の東京都におけるHIV感染者・エイズ患者の新規報告数(※1)は1日当たり約1.2人で、20歳代と30歳代が65.2%を占め、若い世代を中心に増加しています。

 そこで今回「LOVERS研究所」では、「コンドームをもっとカップルゴトにすれば、着用率が上がるのではないか?」という仮説のもと、<仮説検証型プロジェクト>相手を思うコンドームを開発し、着用率向上を目指す!『ペアコンドーム プロジェクト』を12月9日より開始いたします。

※1 東京都福祉保健局発表

[画像1: http://prtimes.jp/i/16891/3/resize/d16891-3-827246-0.jpg ]


『ペアコンドーム プロジェクト』概要

■名称
<仮説検証型プロジェクト>
相手を思うコンドームを開発し、着用率向上を目指す!
ペアコンドーム プロジェクト

■仮説
もっと、相手のことを思うことができるオリジナルのコンドームを開発すれば、着用率が上がるのでは・・!
Lovers研究所の設立主旨である、「相手のことを思うのが愛なら、コンドームを着けることは愛」を体現すべく、12月1日から始まる世界エイズデーに合わせ、プロジェクトを始動します。

■ペアコンドームとは
二人の気持ちと絆をもっと繋げるコンドームオリジナルパッケージを開発。

今回「LOVERS研究所」では、コンドームを包むパッケージに着目しました。
世は「自撮り」ブーム。自分の写真には愛着がわく。ならば、パートナーと一緒の写真なら?

愛するパートナーとのかけがえのない一瞬が刻まれた、世界でひとつだけのコンドーム。
その二人の間でしか使い得ないコンドーム。
これこそが究極の、「相手を思い、使いたくなるコンドーム」なのです。

1組でも多くのカップルに、このコンドームを実際に手にしてほしい。
そこで、このペアコンドームを抽選で100組200名様にプレゼントいたします。

[画像2: http://prtimes.jp/i/16891/3/resize/d16891-3-604670-1.jpg ]


■応募期間
2016年12月9日(金)17:00〜1月10日(火)18:00

■URL
http://lovers-labo.jp/pair_condom


ペアコンドームChristmas Night presented by LOVERS研究所

■名称
ペアコンドーム Christmas Night presented by LOVERS研究所

■目的
昨今の日本で着用率の低いコンドームの着用率増加を目的とし開催。
『相手のことを思うのが愛=コンドームをつけることは愛』と念頭に
カップルでの来場者へのオリジナルコンドームパッケージを作成。

■会場
下北沢ケージ Cエリア(東京都世田谷区北沢2-6-2 京王井の頭線高架下)
[画像3: http://prtimes.jp/i/16891/3/resize/d16891-3-600410-3.jpg ]


■実施日時
2016年12月23日(金/祝) 12:00〜19:00(18:30最終撮影)


補足1:日本におけるコンドーム着用率と、エイズ動向

【日本人のコンドーム常用率に関して】
日本人の6割以上が、コンドームを常用していない状況に。
[画像4: http://prtimes.jp/i/16891/3/resize/d16891-3-655096-2.jpg ]


【HIV感染者およびAIDS患者数に関して】
2015年に、HIV感染者およびAIDS患者数が2万5000人を突破。感染者は20〜30 歳代に集中しており、全体の 64.1%を占める。
[画像5: http://prtimes.jp/i/16891/3/resize/d16891-3-436339-4.jpg ]




補足2:「LOVERS研究所」とは

■概 要:
「LOVERS 研究所」は、日本における性感染症や望まぬ妊娠を予防するべく、徳井義実さん(チュートリアル)を所長に迎え、『日本人に、もっとコンドームを。』を、ステートメントに掲げる研究機関です。

■設立背景:
国立感染症研究所は、梅毒の新たな感染患者数が 796件(2016年 1月4日〜3月27日)と診断され、昨年同時期の 2 倍(昨年同時期397 件)に急増したことを発表しました。(※2) 近年では異性間性的接触による感染が増えていることも注目されており、男性は前年比 2.6 倍(275 件)、女性は 2.4倍(177 件)にのぼっています。こうした時代の中にありながらも、過去1 年間、妊娠活動以外でコンドームなしの性交渉をしたことがある人は全体の半数を超えており(54%)、セーファーセックスに関する意識が十分ではないことがわかります。また、コンドームなしの性交渉をした人の 87%は何かしらのリスクを、中でも 62%は不安を感じていたということがわかっています。世界中の男女が不安やリスクを感じることなく愛し合えるよう、「LOVERS 研究所」は、日本を代表する研究機関として、コンドームの着用率向上についての研究と、きっかけ作りのための発信を重ねていく意気込みです。

※2出典:IDWR 感染症週報 2016 年 第 12 週( 3月 21 日〜 3月 27 日):通巻第 18 巻 第 12 号


■沿 革:
2015年12月15日
コンドーム着用率向上を独自研究する「LOVERS研究所」設立
「LOVERS研究所」所長に徳井義実さん(チュートリアル)が就任

リリース: http://www.aur02.com/release/20151215_okamoto.pdf
[画像6: http://prtimes.jp/i/16891/3/resize/d16891-3-236629-5.jpg ]


2015年12月22日
11年ぶりのコンドームTV CM「日本のものづくり篇」地上波放映開始
若者に向けた意識啓発のため、原宿の中心で”着けて”と叫ぶ
啓蒙活動をコンドマニア原宿店前で実施

リリース:http://www.aur02.com/release/20151222_okamoto_release.pdf
[画像7: http://prtimes.jp/i/16891/3/resize/d16891-3-668119-6.jpg ]


2016年1月13日
WEB CM「オカモトゼロワンCM恐竜篇」をYouTube上で公開
※公開から10日間で再生回数100万回を突破

リリース:http://www.aur02.com/release/20160113_okamoto_release.pdf
[画像8: http://prtimes.jp/i/16891/3/resize/d16891-3-189344-7.jpg ]


2016年2月9日
ウェアラブルコンドームデバイス『ゼロワンベルト』を開発
スマートウォッチと連携した音声認識による「オートイジェクト(自動排出機能)」を搭載。コンドームが声に反応し発射するベルト型のデバイス。

リリース:http://www.aur02.com/release/20160209_okamoto_release.pdf
[画像9: http://prtimes.jp/i/16891/3/resize/d16891-3-725231-8.jpg ]


2016年3月17日
ムード盛り上げデバイス『コンドムーディー』を開発
[画像10: http://prtimes.jp/i/16891/3/resize/d16891-3-403727-9.jpg ]


今後も日本人のコンドーム着用率を上げるため、さまざまな研究や開発を行ってまいります。



プレスリリース提供:PR TIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る